診療報酬カット:エコー42%、カテーテル治療24%、心電図21%   ・・・ 

診療報酬エコー42%、カテーテル治療24%、心電図21%カット
"Echo payments cut by 42%, caths by 24%, and ECGs by 21%"


ちょっとどきっとした人も多いと思うが・・・アメリカの話・・・オバマ政権となり、医療施策が変わってきたのだろう。


"US Centers for Medicare & Medicaid Services (CMS) "は2010年のMedicare Physician Fee Schedule (MPFS)を、循環器にて全体で報酬11%カットする事を提案


ACCが猛烈に批判!

ACC Aghast at Proposed Cuts to Cardiology Payments in Medicare Physician Fee Schedule for 2010
http://www.medscape.com/viewarticle/705283?src=rss


唯一の例外は、診療所外来診療費11%アップだそうな!

アップデートの影響は医療全分野に及び、7000種超のサービス報酬で、新しい報酬計算上、報酬費用・器具使用率・コンサルテーション費用などの計算が変わり、循環器医への影響が大きくなった。
GP、家庭医、内科医、老人専門医は約6%-8%報酬が増加する新しい提案がなされたとCMSが述べている。

米国は、専門医医療重視から双合診療的分野の重視に変わってきたのだろうか?

対して、日本と逆! ・・・ GP、家庭医、内科医・老人専門医などへの冷遇はこれから・・・本格的になりそうだし・・・日本の医療政策なんて、ニューリベラルの人たちがごちゃごちゃ混ぜ返し、患者団体代表っていったい誰の代表なの?・・・と聞きたい人がそれに和をかけて、感情論で、診療報酬体系をいじり回す状態が続いている。

”アメリカに右へならえ”すれば、万事解決するという方針だった日本経団連(武田・アステラスを含む)方々は、米国のこういう方向性に何をおもうのだろう・・・都合の悪いことには一切無視だろうが・・・


<備考>
総合診療科とか総合内科などとか・・・一般の医者にとってどちらも魅力無し (JAMA)  2008-09-10
ACE阻害剤の副作用知識・・・GP>専門医 2005-08-25
HRTの正しい理解(専門医がGPを見下している・・・にしか見えないのだが) 2005-08-18
日本の勤務医たちもhospitalistになってはどうか? 2007-12-20

by internalmedicine | 2009-07-07 11:52 | 動脈硬化/循環器  

<< 急性肺塞栓の予後的戦略:臨床側... 肥満に対するハーブ治療のシステ... >>