ESC:感染性心内膜炎ガイドライン

ESC感染性心内膜炎ガイドラインが発表になっている。

どの分野の臨床ガイドライン共通事項だろうが、リスク・ベネフィットの議論がシビアになってきている。
予防投薬にしても、リスク戦略が求められてきている。

Guidelines on the prevention, diagnosis, and treatment of infective endocarditis (new version 2009): The Task Force on the Prevention, Diagnosis, and Treatment of Infective Endocarditis of the European Society of Cardiology (ESC).
(ESCv)

・予防
Cardiac conditions at highest risk of infective endocarditis for which prophylaxis is recommended when a high risk procedure is performed
http://eurheartj.oxfordjournals.org/cgi/content/full/ehp285v1/EHP285TB6


AHAガイドラインでは、心臓弁膜症患者の心臓移植予防のために推奨していたが、これを支持しないとのこと。加えて、移植患者でIEが生じたとき、副事象アウトカム・リスクは大きいが、その可能性はきわめて少ないから却下だそうだ・・・

Recommendations for prophylaxis of infective endocarditis in highest risk patients according to the type of procedure at risk


歯科処置しか、予防推奨は残存していない!
A-歯科処置
B.呼吸器系処置:
C.胃腸 or 尿路生殖器系
D.皮膚・軟部組織


*診断
1.新規逆流性雑音
2.origin不明の塞栓イベント
3.origin不明の敗血症(特に、IE原因となりえる微生物の時)
4.熱:IEの最も多いサインで、以下の状況が熱と関連している場合
a.
b.IE既往
c.弁膜症、うっ血性心不全の既往
d.他のIE罹患傾向(e.g. 免疫不全状態、IVDA:intravenous drug abuser)
e.細菌血症になりやすい、あるいは細菌血症への介入が最近あった
f.うっ血性心不全のエビデンス
g.新規conduction障害
h.典型的IE原因微生物の血液培養陽生所見 or 慢性Q熱の血清検査所見(微生物所見が心臓所見に先行する)
i.血管 or 免疫的な現象:塞栓イベント、Roth斑、線状出血、 Janeway斑、Osler結節
j.巣性 or 非特異的神経症状・所見
k.肺塞栓・浸潤(右心IE)のエビデンス
l.原因不明のperipheral abscesses(腎臓、脾臓、脳、椎体)


Roth spots:google画像
splinter hemorrhages:google画像
Osler結節:google画像
Janeway lesions:google画像


エコーの適応(主にTTE)


Clinical presentation of infective endocarditis



Microbiological diagnosis in culture-positive and culture-negative infective endocarditis. IE = infective endocarditis; PCR = polymerase chain reaction. *If the organism remains unidentified and the patient is stable, consider antibiotic withdrawal and repeat blood cultures.



エコー所見定義



Figure 3 Therapeutic strategy for patients with infective endocarditis and neurological complications.


治療:Antibiotic treatment of infective endocarditis due to oral streptococci and group D streptococci



歯科でのリスク患者への予防投与

IEの生涯リスクは抗生剤予防投与のベネフィットを得るほどの程度のものではない。ベターなパラメータとして、施行関連リスクは歯科処置1400万件のに1回で、IE既往の場合は9万5千回に1回で、1回のIEイベント予防のため膨大な予防処置が必要ということになる



対象者

by internalmedicine | 2009-09-10 08:44 | 動脈硬化/循環器  

<< 肥満治療治験: フェンテルミン... 【新型インフルエンザ】 タミフ... >>