食事ナトリウム・カリウムの血圧への影響:脈圧特性に焦点を置いた・・・

SU.VI.MAX study とは、抗酸化ビタミンの有効性・・・でも・・・・ 2004年 11月 23日で、触れた横断研究

摂食性ナトリウムと脈圧の相関が見られ、ナトリウムと血圧増加の関連概念に新たなエビデンスが追加されたとのこと、カリウム摂食と収縮期、拡張期血圧、平均血圧に血管拡張性特性があることが示された。

Differential associations of dietary sodium and potassium intake with blood pressure: a focus on pulse pressure.
J Hypertens. 2009 Jun;27(6):1158-64.


横断調査で、4919名の中年男女、SU.VI.MAX研究被験者

単因子解析にて、食事性ナトリウム、カリウム摂食量は有意に血圧パラメーター増加と関連(P < 0.0001)
補正後、塩分摂取と脈圧の正の相関残存
ナトリウム摂食は脈圧と正の相関(P = 0.006),
カリウム摂食はSBP、DBP、MAPと負の相関(P ≤ 0.02)だが、脈圧とはリンクせず(P = 0.56)

by internalmedicine | 2009-10-21 16:13 | 動脈硬化/循環器  

<< 受動喫煙と仮面高血圧 スキムミルクの急激な尿酸低下作用 >>