高血圧トリガーによる生体力学的ストレス:、integrin-linked kinase 1/βPIX/Rac-1 signaling

高血圧は、血管壁にmechanical stressを与え、酸化ストレス・血管機能障害を与える。

ではその機序は?

Pressure-Induced Vascular Oxidative Stress Is Mediated Through Activation of Integrin-Linked Kinase 1/βPIX/Rac-1 Pathway
(Hypertension. 2009;54:1028.)

圧反応による血管な酸化ストレスを生じる細胞内シグナル
血圧高値による内頚動脈において、vasorelaxation障害、superoxide産生増加、NADPH oxidase activityの増加ばかりでなく、Rac-1、small G proteinのconcomitant acitvationをもたらす。
dominant-negative Rac-1 mutantのadenovirusによるRac-1選択的阻害で、NADPH oxidase activity低下し、酸化ストレス低下、そして、より重要なことに、高血圧での内頚動脈の血管機能をrescueした。
機械的シグナル伝達を伴う分子的イベントの解析にて、integrin-linked kinase 1のoverexpressionが示され、細胞膜のpaxillinとの相互反応参加が示された。
siRNAによるintegrin-linked kinase阻害は Rac-1活性を阻害し、高血圧によるoxidative stress誘起性血管機能障害を回復させる。
最後に、筆者らはβ guanine-nucleotide exchange factorである βPIXはintegrin-linked kinase 1により回復するintermediate moleculeで、圧overloadで、Rac-1-mediated oxidative vascular dysfuntionの方への細胞内シグナルとして集中する

高血圧トリガーによる生体力学的ストレスは、integrin-linked kinase 1/βPIX/Rac-1 signalingにより生じ、oxidative vascular dysfunctionをもたらす。



NADPH oxidase が動脈壁、特に、動脈系疾患のoxidative stressの主な発生源(http://www.scielo.br/scielo.php?script=sci_arttext&pid=S0074-02762005000900016


http://www.medscape.com/viewarticle/569335

by internalmedicine | 2009-10-22 12:17 | 動脈硬化/循環器  

<< 伝統的中国漢方:耐糖能異常・空... 新型インフルエンザワクチン年齢... >>