新型インフルエンザの特徴:JAMA特集 :若年者呼吸不全・医療資源の枯渇など

今週のJAMAはインフルエンザ特集なのだが、チーフエディターのおばさんが言うとおりほぼonlineで報告されている・・・。うち、2つは当ブログでも扱った。

日本では、メディアのせいなのか?実態がそうなのか?相変わらず季節型が変わらないインフルエンザ脳症主体の報道がなされている。諸外国の報告では、呼吸不全に関する報告が多く、それにより引き起こされる多くの事態が多数報告されている。日本の情報が偏ってるとすれば、この冬、対策不備により多くの若年者が呼吸不全でなくなり、情報資源枯渇により他の重症疾患患者が死すこととなるだろう・・・ワクチン議論で低いっぱいなんていう厚労省は能力不足甚だしい。かかる副事象が生じた場合、現政権の不作為責任は当然だろう・・・。

カナダ、メキシコの2つの報告はまだ扱ってなかった。若年者、比較的健康と思われるものでも入院後急激に呼吸状態悪化事例が見られ、人工呼吸管理長期化、レスキュー治療頻度増加などが報告されている。

健康思春期・若年成人に多く、前駆症状期間が短く、急激に呼吸不全に進行する例がめだつことをともに報告。その低酸素血症は遷延化し、蘇生治療の持続、たとえば、HFO換気、うつぶせ姿勢治療、神経筋ブロック、NO吸入などの治療遷延化していることが報告されている。カナダ、メキシコとも約3ヶ月継続しているが、ピークは数週間継続し、患者負荷(patient load)増大し、累積している。だが、院内感染に関しての報告は稀という若干の朗報がある。

Critically Ill Patients With 2009 Influenza A(H1N1) Infection in Canada
Anand Kumar; Ryan Zarychanski; Ruxandra Pinto; Deborah J. Cook; John Marshall; Jacques Lacroix; Tom Stelfox; Sean Bagshaw; Karen Choong; Francois Lamontagne; Alexis F. Turgeon; Stephen Lapinsky; Stéphane P. Ahern; Orla Smith; Faisal Siddiqui; Philippe Jouvet; Kosar Khwaja; Lauralyn McIntyre; Kusum Menon; Jamie Hutchison; David Hornstein; Ari Joffe; Francois Lauzier; Jeffrey Singh; Tim Karachi; Kim Wiebe; Kendiss Olafson; Clare Ramsey; Sat Sharma; Peter Dodek; Maureen Meade; Richard Hall; Robert A. Fowler; for the Canadian Critical Care Trials Group H1N1 Collaborative
JAMA. 2009;302(17):1872-1879. Published online October 12, 2009 (doi:10.1001/jama.2009.1496).


Critically Ill Patients With 2009 Influenza A(H1N1) in Mexico
Guillermo Domínguez-Cherit; Stephen E. Lapinsky; Alejandro E. Macias; Ruxandra Pinto; Lourdes Espinosa-Perez; Alethse de la Torre; Manuel Poblano-Morales; Jose A. Baltazar-Torres; Edgar Bautista; Abril Martinez; Marco A. Martinez; Eduardo Rivero; Rafael Valdez; Guillermo Ruiz-Palacios; Martín Hernández; Thomas E. Stewart; Robert A. Fowler
JAMA. 2009;302(17):1880-1887. Published online October 12, 2009 (doi:10.1001/jama.2009.1536).



このことに関するエディトリアルは、上記2つの報告と下記ECMO治療に関して論評している・・・Preparing for the Sickest Patients With 2009 Influenza A(H1N1)
Douglas B. White, MD, MAS; Derek C. Angus, MD, MPH
JAMA. 2009;302(17):1905-1906. Published online October 12, 2009 (doi:10.1001/jama.2009.1539).



Daviesらの報告はオーストラリア、ニュージーランドにおいて合併症がほとんどない若年成人者に低酸素血症や多臓器不全が生じやすく、ECMO期間中央値10日間で、致死率21%という報告

【豪・NZ】インフルエンザA・2009H1N1:ECMO治療は人工呼吸の1/3 2009.10.13
Extracorporeal Membrane Oxygenation for 2009 Influenza A(H1N1) Acute Respiratory Distress Syndrome
The Australia and New Zealand Extracorporeal Membrane Oxygenation (ANZ ECMO) Influenza Investigators
JAMA. 2009;302(17):1888-1895. Published online October 12, 2009 (doi:10.1001/jama.2009.1535).






インフルエンザ予防: サージカルマスクはN95マスクに劣らず 2009.10.2
Surgical Mask vs N95 Respirator for Preventing Influenza Among Health Care Workers: A Randomized Trial
Mark Loeb; Nancy Dafoe; James Mahony; Michael John; Alicia Sarabia; Verne Glavin; Richard Webby; Marek Smieja; David J. D. Earn; Sylvia Chong; Ashley Webb; Stephen D. Walter
JAMA. 2009;302(17):1865-1871. Published online October 1, 2009 (doi:10.1001/jama.2009.1466).



ワクチンが予防のメインストリートで、感染流布を極力予防することに否定的ではいけない。この時期に疑心暗鬼に陥れる情報提供に必死な朝日新聞などは亡国のメディアと考えるべきであろう。

そして、今後考えられるのは、人工呼吸器・ECMOなど集中治療などの医療資源の枯渇なのである。
国は、その対策を急ぐべきなのである。


日本では、若年者脳症が多数メディアで報告されているが、果たして、日本独特にこの合併症が多いのか?国際比較ができる機会なのではないか?・・・等と考える。


他の記事

Factors Associated With Death or Hospitalization Due to Pandemic 2009 Influenza A(H1N1) Infection in California
Janice K. Louie; Meileen Acosta; Kathleen Winter; Cynthia Jean; Shilpa Gavali; Robert Schechter; Duc Vugia; Kathleen Harriman; Bela Matyas; Carol A. Glaser; Michael C. Samuel; Jon Rosenberg; John Talarico; Douglas Hatch; for the California Pandemic (H1N1) Working Group
JAMA. 2009;302(17):1896-1902.

by internalmedicine | 2009-11-04 08:28 | インフルエンザ  

<< PCV7ワクチン接種無料化を!... 新型インフルエンザ: FDA、... >>