2004年 09月 27日 ( 2 )

 

COPDは心血管疾患合併症・死亡リスクであり、吸入ステロイドが全身性炎症を抑える


Effects of Fluticasone on Systemic Markers of Inflammation in Chronic Obstructive Pulmonary Disease
http://ajrccm.atsjournals.org/cgi/content/abstract/170/7/760
American Journal of Respiratory and Critical Care Medicine Vol 170. pp. 760-765, (2004)
COPDでは全身性炎症が存在し、心血管合併症、死亡率と関連する。
経口ステロイドや吸入ステロイドの、軽症・中等症COPDでの血中炎症マーカーへの影響をしらべたもの。41名の軽症・中等症COPDで、4週間吸入ステロイド中止後、フルチカゾン(500mcg×2/日)、経口プレドニゾロン(30mg/day)、プラセボ2週間投与。その後、8週間フルチカゾン500mcg×2回/日と8週間1000mcg×2回/日
吸入ステロイド中止後、CRP基礎値は71%増加(95%CI 16–152%)
 ※と書いてあるのだが、有意差なしじゃないか!
吸入フルチカゾン2週にてCRP50%低下(95% CI, 9–73%)
プレドニゾロンは63%低下(95% CI, 29–81%)
プラセボと有意差が見られない。

追加フルチカゾン8週投与でC基礎値より有意に下がったRP値は相関(29% 減少; 95% CI, 7–46%). 吸入ステロイドはCOPDにおけるCRP値減少に対して効果的で、COPDにおける心血管アウトカム改善に有効な可能性がある。
─────────────────────────────────

最後の考察はほんとかいな・・・・という論文です・・・

最近は、吸入ステロイドの悪しき全身作用(副腎抑制、骨塩、成長・・・)への影響がふたたび注目を浴びているわけですが、こういうふうにポジティブに考えて良いものか?

たしかに、
Are Patients With Chronic Obstructive Pulmonary Disease at Increased Risk of Cardiovascular Morbidity and Mortality?
Don D. Sin, MD, MPH; S.F. Paul Man, MD
Cardiovasc Rev Rep 25(4):168-170, 2004
https://profreg.medscape.com/px/getlogin.do?urlCache=aHR0cDovL3d3dy5tZWRzY2FwZS5jb20vdmlld2FydGljbGUvNDg3OTM4COPDは重要な心血管疾患・死亡率の重要なリスクファクターであり、FEV1減少は虚血性心疾患、卒中、不整脈、と突然死の、年齢、性別、喫煙歴を含む他のリスク要因と独立した、約2倍ほどのリスク増加と思われる。これは肺気道炎症を含む全身性の炎症によるものではないかと思われ、動脈硬化の病因論に影響をあたえると思われる動物研究をふくむエビデンスの構築がある。COPDは交感神経緊張状態にあり、さらに、β2刺激剤や抗コリン剤などの使用によりさらに促進され、動脈硬化血栓および不整脈のリスク増加となると思われる。故に医師はCOPDは心血管リスクの独立したリスク要因であることを念頭に置いて気管支拡張剤の行き過ぎた使用は避けるべきである。”
という、レビューがなされておりまして、COPDを心血管リスク要因として考える方向性が示されつつあるようです

by internalmedicine | 2004-09-27 10:02 | 呼吸器系  

受動的喫煙もいびきに関与、もちろん喫煙は、より確かな危険因子

いびきと喫煙、とくに受動喫煙に関して、定量的に一般住民対象に検討している文献です。OSAについても禁煙指導が重要ということと、パートナー・同居人の喫煙に関しても指導する必要がありそうです

そして

いびきに関しては、喫煙は肥満より影響が大ということです。

──────────────────────────────────
The Influence of Active and Passive Smoking on Habitual Snoring
American Journal of Respiratory and Critical Care Medicine Vol 170. pp. 799-803, (2004)
http://ajrccm.atsjournals.org/cgi/content/abstract/170/7/799能動的喫煙、受動的喫煙、肥満の 一般的populationに対する習慣的いびきへのインパクトは不明。で、喫煙(能動的、受動的喫煙の影響をpopulation baseで調査。
男女25-54歳・アイスランド、エストニア、デンマーク、ノルウェー、スウェーデンをランダム選択:21802中15555名のアンケート回答
習慣的いびき、少なくとも週3夜の騒音・周囲に影響をあたえるいびきは
喫煙者で24%(p < 0.0001) 、喫煙経験者で20.3%(p < 0.0001)、非喫煙者で13.7%。
非喫煙者の中で、受動喫煙者は非受動喫煙者にくらべ、いびきの頻度が多い (19.8% vs. 13.3%, p < 0.0001)
習慣性のいびきの頻度はたばこの総量とともに増加。能動的喫煙・受動的喫煙もいびきと相関し、肥満、性別、研究センター、年齢と独立して認められた。
習慣性いびきの寄与リスクは17.1%と推定、肥満(BMI 30kg/m2)は4.3%、受動喫煙は2.2%。
現行の喫煙と、以前の喫煙習慣歴は一般住民レベルの検討では大きな寄与因子である。
受動喫煙は成人におけるいびきの以前認められていなかったリスク要因であった。
──────────────────────────────────

考えられる喫煙の悪影響の理由は
“Cigarette smoke irritates the throat, causes chronic inflammation, and
can perpetuate any tendency to air flow obstruction”
ということでしょうか?
もうすこし、つっこんだ研究があっても良さそうですね。

by internalmedicine | 2004-09-27 08:52 | 呼吸器系