2005年 09月 22日 ( 2 )

 

NBSAP

世の中、MRSAばかりが広まり、これが検出されたら、医療事故とばかりに世の中のメディアや医師までもそう思いこんでいる。現時点では、予後に関していえば、メチシリン感受性と耐性の違いはさほどない。だからNBSAPという概念の方が重要。
と、行政主導型の医療関係者向けの講習会で、持論をのべたら、あんたは馬鹿だと言われた(もう少し丁寧な物言いではあったが・・・)・・・・くそぉ・・・

だがこれをみると・・・やはり・・・私の方が正しい気がする

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Epidemiology, Treatment, and Outcomes of Nosocomial Bacteremic Staphylococcus aureus Pneumonia
(Chest. 2005;128:1414-1422.)
http://www.chestjournal.org/cgi/content/abstract/128/3/1414
末梢血、気道の培養からS aureus検出した206例の検討、60例がNBSAP(nosocomial bacteremic Staphylococcus aureus pneumoni)の厳格な臨床的、レントゲン的、微生物学的クライテリアに合致


結果的にS aureus肺炎はMV施行中の患者で病院の滞在期間を延長し、死亡率増加とIRM rate増加と相関する。

早期治療と治療遅延例では予後、感染関連のLOSでは有意差がないし、MSSAとMRSA肺炎の患者においても差異がない。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



参考:MRSA伝播を防ぐための個室隔離・コホートは無意味
http://intmed.exblog.jp/1523584/


MRSAは現代のハンセン氏病である・・・MRSAが体内に存在するだけで介護施設利用を拒否されることが頻回に生じている・・・事例報道

当方の田舎などは医師が率先して、B型肝炎、C型肝炎、HIV感染、ATLV感染、梅毒をもチェックしているようですが困った問題・・・(参考:URL

by internalmedicine | 2005-09-22 15:01 | 感染症  

胸部CTコンピューター補助診断は意義有るらしい



胸部CTの見逃しって、専門家でも結構多いとのこと・・・なんと、正常とされたケースで、コンピュータ補助診断で33%に有意な病変を見出したとのこと

(ほんとに臨床的意義有る病変かは不明だが・・・)



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Computer-Aided Diagnosis as a Second Reader
(Chest. 2005;128:1517-1523.)
http://www.chestjournal.org/cgi/content/abstract/128/3/1517

ルーチンの臨床的解釈として正常と考えられた胸部CT2番目の読影者としての自動コンピュータ補助による検出パーフォマンス

デザイン:胸部CT研究を3名の熟練した放射線科医がCAD所見を分析し、マークされた所見を確定あるいはdismissされたかを検討。非石灰化、巣状病変をhigh (≥ 10 mm),、moderate (5 to 9 mm),、low siginificant (≤ 4 mm)にて分類。

100名の患者で、2重読影にて正常と最初された例で、適応は肺塞栓33例、高リスク群肺癌スクリーニング28例、癌病歴のフォローアップ39例
2nd readerとしてCADシステムを再評価

33%で、CADで以前報告されてない意味ある肺病変をdetect。53病変をdetect(平均1例あたり1.6病変)で、high significance 5病変(9.4%)、intermediate 21病変(39.6%)、low significance 27病変(50.9%)
肺塞栓群、肺癌検診群、癌既往群でそれぞれ4例、6例、9例で、high and/or intermediate significanceでの病変。擬陽性は平均1.25/例(0-11)であった。

結論:胸部CTのルーチンの臨床評価では有意な肺病変が見逃されているが、CADが付加的リーダーとして用いるなら検知されるかもしれない。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

病変をその意義に関係なく見出すかどうかの問題であるので・・・まぁこういうシステムが速く導入されることを願う次第で・・

by internalmedicine | 2005-09-22 14:41 | 呼吸器系