2005年 09月 29日 ( 3 )

 

喫煙者から超過入院分だけでも徴収した方がいいんじゃないのかと思う論文


ニコチン・バッチ・モニターにてSecond hand smoke(SHS)を測定
Second hand smoke(SHS)曝露後の症状悪化についてそれとの相関をみた論文

time frameやmethodlogyに依存して推定値は60%-83%で、個人のニコチンbadgeにより測定した場合喘息の重症度と相関。さらない喘息入院リスクの増加が見られた第2第3-3分位に関して、HR 3.73(95%CI 1.04-13.30)、3.61(95%CI 1.0-12.9)と相関。

Directly measured second hand smoke exposure and asthma health outcomes
http://thorax.bmjjournals.com/cgi/content/abstract/60/10/814
Thorax 2005;60:814-821; doi:10.1136/thx.2004.037283

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

次々に呼吸器系医学雑誌に、喫煙の害の論文が次々掲載されるのに日本ではほとんど報道されませんなぁ・・・・ゲーコクが異常なのか?
日本のほとんどの医学関係者が喫煙被害の研究にモティベーションを感じてないのはなぜなのか? 一流の先生方が、医学的・科学的論述されないので、“喫煙でビタミンCが壊れる、ニコチンがすべての血管を収縮する”などと、ちと調べれば間違いとわかる幼稚な表現が羅列され・・・非科学的記述が目立ち、それを講演などでしたり顔で吹聴する輩が多くて・・・私のような嫌煙家でも???と感じる話が多く、JTにつけいる隙を多く与えすぎてるのでは・・・・と妄想

by internalmedicine | 2005-09-29 16:36 | 呼吸器系  

せめて減煙を・・・肺癌予防のため




Effect of Smoking Reduction on Lung Cancer Risk
JAMA. 2005;294:1505-1510.
http://jama.ama-assn.org/cgi/content/abstract/294/12/1505

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
継続的なヘビー・スモーカー(≧15 cigarettes/d)
減煙スモーカー(≧15本から、50%最低減少したが、禁煙できない)
軽度喫煙継続者(1-14 cigarettes/d)
禁煙(5-10年の調査間隔にて)
安定した過去喫煙者
喫煙継続なし

light smoker 0.44(95% CI, 0.35-0.56)
禁煙者 0.50(95% CI, 0.36-0.69)
喫煙経験無し 0.09(95% CI, 0.06-0.13)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

by internalmedicine | 2005-09-29 14:45 | 呼吸器系  

大豆中の内分泌攪乱物質が肺癌を抑制

と、皮肉をこめたタイトルにしてみた・・・・

私はみなかったのだが、昨日、ためしてガッテンで、豆乳に含まれる“イソフラボン”ということで、善玉として紹介されていたらしい。
http://www.nhk.or.jp/gatten/archive/2005q3/20050928.html
“女性ホルモンに似た働き”ということで、おそらく、phytoestrogenのことを述べているのだろう。"内分泌攪乱化学物質としても取りざたされているphytoestrogen"と放送したらどうなったのだろうか? ・・・・環境左翼どもが騒いだかもしれない。

<phytoestrogenについて>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Phytoestrogensは主にflavonoidsへ分類される。coumenstans、prenylated flavonoids、isoflavonesがこの分類の主な構成物
Lignanもphytoestrogenとされるが、それ自体はflavonoidではない。
この生化学物質のエストロジェン作用は女性ホルモンとの構造的類似性による。
引用:http://www.absoluteastronomy.com/encyclopedia/p/ph/phytoestrogens.htm

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

“エストロゲン様作用を有する化学物質(xenoestrogen)というようだが、植物性ホルモン(phytoestrogens)やmycoestrogen のような、自然界にすでに存在する化学物質であり、内分泌攪乱化学物質問題に関しては、人や野生動物への影響を示唆する科学的報告が多くなされているものの、報告された異常と原因物質との因果関係、そうした異常が発生するメカニズム等に関してはいまだ十分には明らかにされていない状況にある。 ”という表記がWeb上みとめられるが・・・

ダイオキシン―神話の終焉 シリーズ・地球と人間の環境を考える(http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4535048223/249-3087200-6276365)は良著だと思う。この本のように、“内分泌攪乱物質=すべて悪”という図式をNHKさんに崩壊してもらいたかったのだが・・

JAMAに食事性のphytoestrogenが肺癌リスク減少させるという話があった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Dietary Phytoestrogens and Lung Cancer Risk
http://jama.ama-assn.org/cgi/content/full/294/12/1493

JAMA. 2005;294:1493-1504.
総phytosterols、isoflavones、lignans、phytoestrogens 最高4分位にて、肺癌リスクの減少
性差の影響がみとめられた。
どのphytoestrogen群でも男性では、有意にリスク減少する傾向が見られた。
最高4分位の予防的影響はphytosterolsで24%~isoflavoneの44%まで
女性では、総phytoestrogen摂取のみ有意な傾向あり、最高4分位にて34%であった。
非喫煙者・現行喫煙者では、phytoestrogenの高摂取の明かな防御効果が示されたが、喫煙経験者では認められなかった。
女性においては、ホルモン療法とphytoestrogen摂取のジョイント効果が有意に見られた。
特異的なことに、ligans enterolactoneやenterodiolの高摂取とホルモン治療の利用は50%(OR, 0.50; 95% CI, 0.31-0.68; P = .04 for interaction)ほど肺癌リスクを減少。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




最近人間が作り出した環境ホルモンとは違って、(食用)植物成分は太古の時代から人類の祖先によって、消費され、食生活の一部として「空気のような」存在になっており、自然そのものであるとも言える。
特定の物質の何らかの「生理活性作用」を問題にする時に、「標準食」と比べるわけだから、標準食に含まれるものは、比較のしようがないとも言える。
逆に、世界的に現在、イソフラボンの多い大豆を常食にしている日本を含む東南アジアの国々には、肉食の多い欧米と比較して乳癌の罹患率が有意にすくないという疫学的調査結果が着目されている。
(引用:http://home.hiroshima-u.ac.jp/shoyaku/member/yamasaki/ED.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
これにそった結論だと思う・・・・



“自然のものだから安全”、“標準食に含まれるものは、比較のしようがない”という表現も目立つ。一方、太古からの風習である野焼きをダイオキシンを理由にやめさせられている現状がある。同じ理論から言えば、野焼きは悪くない・・・はず
野焼き ダイオキシンでgoogle検索すると、一方的に野焼きを「環境破壊を引き起こす悪質な環境犯罪」とされている。ほんとにそうなのか?

phytoestrogenとしては大豆を褒めそやし、野焼きとしてのダイオキシンは完全拒否はロジックとして現在一貫性がないと思うのだが・・・

by internalmedicine | 2005-09-29 12:06 | Quack