2006年 05月 09日 ( 2 )

 

心血管リスク予防の食事指導

最近、患者から、「この病気に対して何を食べたらよいのか?」と聞かれて「???」と思うことが多い。どうも全ての病気が食事から生じ、食事で治療できると勘違いしているのでは・・・

一般大衆がそう勘違いするようなテレビ番組が多い・・・かなり罪作りな自体である。


AFPから・・・心血管リスク予防の食事指導について・・・ほんとに、意味があるのかという話
Dietary Advice to Lower Cardiovascular Risk
Does dietary advice to patients achieve sustained dietary change or improvements in cardiovascular risk profile?
http://www.aafp.org/afp/20060501/cochrane.html#c3


どの分野でどの程度効果があるのだろうと以前から疑問があったのだが、比較的、脂質摂取制限・繊維摂取などは効果がはっきりしてそうで、減塩に関してはやはり厳しいかもしれないが一応効果あり、中性脂肪・HDLなどは疑問という感じだろうか?
まぁ・・・食事療法だけでってのも無理な話なのだろうが・・・

【臨床的疑問】
食事指導は持続的な食習慣の変化をもたらせらえるか、心血管リスクを改善させられるか?

【回答】
・体重4-8%の減量は血圧(収縮期・拡張期)3mmHg減少させ、高血圧患者の薬物必要量を減少させる。
・塩分制限は血圧を低下させる。
・肥満は様々な健康アウトカムと相関。

とあるが、食事療法単独で、疾患発症を予防・遅らせることのできる健康的な食習慣を患者に形成させられるかは不明である。

Brunnnerらは、健康成人における、心血管リスク要因の改善・持続性の食事内容の変化を目的とした食事指導有りと指導無しのものとを比べたランダム化トライアルを研究。
23トライアル、24443名の患者。
介入は、低脂肪・減塩食、果物・野菜・繊維摂取などを促す個別的、グループセッション、書類が主に含まれるもの

<血圧に関する4つのトライアルで、食事指導は有意でない、収縮期血圧2.1mmHg、拡張期血圧 1.5mmHgの減少
7つのトライアルにて総コレステロールが報告され、有意なLDL減少5mg/dLで、HDL・TGには影響なし
10の研究で、総カロリー比率として6%の平均減少が報告
8つの研究で、果物・野菜摂取に関して1.2サービング/日の増加がみられた
4つの研究で、食物繊維の7.2g/日の増加

介入期間をのばすほどその効果が高まる

12%ほど冠動脈性心疾患の頻度を食事指導により減少させると推定している。



栄養指導のBenefitが具体的に数値化されているが、日本ではどうなのか、コストに見合う栄養指導というのも一度考えてみてはいかがだろうか?・・・・>役人さん、栄養関係の専門家の皆さんたち

by internalmedicine | 2006-05-09 15:35 | 動脈硬化/循環器  

メタボリックシンドロームの危うさ・怪しさ

最近、大学教授様たちの当局べったりの偏向的言動による一般診療への弊害というのがめだつ。

ところで、 やたらとメタボリックシンドロームの話を聞くが、また厚労省の陰謀か? という話を聞くことがある・・・これは実は鋭い?・・・厚労省は、メタボリックシンドロームなどの生活習慣病を個人の責任として、保険給付から外す、あるいは、保険給付比率を減じようという意図があるのではないかという噂があるのである。・・・この噂を信じれば、教授様方が利己的な名誉心のため国民皆保険制度崩壊に寄与しているともいえるのである。東北大学の先生はそれに準じた報告をされているし・・・


この日記では繰り返しになるが、生活習慣病対策の推進に関して、メタボリックシンドロームの概念を導入した対策の推進するそうである。(メタボリックシンドロームを考え違いしてないか?)


メタボリックシンドロームって・・・そんなにすごいんか?で述べたが、
・炎症論がその議論になければ、メタボリックシンドロームの存在意義がない。
・メタボリックシンドロームの利用法は不明である。
・エビデンスがまだ不確定であり、臨床的推定としてはまだ未熟である。

と、専門家の中でも批判があることを述べた。


新しもの好きの偉い先生たちと役人どもが、これを縦に生活習慣病全般を医療保険制度から排除しようとする動きとつながっている。
(生活習慣病などのリスク要因とされる「喫煙」「肥満」「運動不足」の三つ全部に該当する人は、全く該当しない人に比べ医療費が4割余り高くなることが6日、住民約5万人を9年間追跡した厚生労働省研究班(班長・辻一郎東北大大学院教授)の調査で分かった。http://www.tokyo-np.co.jp/00/sya/20060506/eve_____sya_____002.shtml


これは大変遺憾な動きで、病気を一要因だけのせいにして、多因子成因を無視して、一方的に保険給付を削除しようとする政府の動きに一致しているのである。


メタボリックシンドロームの基準設定の推移をみれば、脳血管リスクをGolden Standardとしたものでなく、単なる状況証拠に基づく、お偉いさんたちの和合からなりたつものであることが分かる。
メタボリックシンドローム診断基準検討委員会は,日本動脈硬化学会,日本肥満学会,日本糖尿病学会,日本高血圧学会,日本循環器学会,日本内科学会,日本腎臓病学会,日本血栓止血学会から選ばれたメンバーにより・・・(メタボリックシンドローム診断基準検討委員会:メタボリックシンドロームの定義と診断基準.日本内科学会雑誌,94(4):794-809,2005)が発表された。

これは、複数の危険因子が重複して高頻度に生じる病態は「メタボリックシンドローム」と呼ばれ,WHOや米国のAdult Treatment Panel IIIによって診断基準が提唱されていますが,生活習慣や人種によりシンドローム構成要因の頻度などが異なることから,わが国独自の診断基準の策定が待たれていました。
 2004年4月,松澤 佑次委員長のもと各学会から代表者が選ばれ,ついにわが国におけるメタボリックシンドローム診断基準の検討委員会が発足しました。
http://jas.umin.ac.jp/metabolicsyndrome.html


腹腔内脂肪蓄積,プラス2つ以上のco-morbidityとする案が合意され・・・のカットオフポイントの設定について,各担当学会が提案し,事務局にて報告書としてまとめることになった。



基準値となったウエスト周囲径は、腹部CTで測った内臓脂肪の断面積が百平方センチメートル程度の人のデータから割り出された。この値を超すと、高脂血症や高血糖などの危険因子を複数、発症する人が多くなる。男性より女性の方が五センチ太いのは、同じウエストサイズでも女性の方が皮下脂肪が蓄積していることが多いためだ。


おそらく、方法論としては・・・この方法なのだろう


繰り返すが、本来の目的の心血管リスクに関するものでなく、いわゆる内蔵脂肪(それもCTというある検査方法をGolden Standardとしたもの)を推定する基準を使ったものに過ぎない。本来あるべきはこの症候群が真に症候群たるにふさわしいものかを日本人で確認する作業が必要であり、真の学者であれば慎重さが必要である。科研費などで首根っこを押さえられているから無理なのだろうか?


しっかし、こんなもので、国策を決めてもらっては困るのである。・・・厚労省さん

by internalmedicine | 2006-05-09 09:27 | 医療一般