2006年 05月 11日 ( 3 )

 

FDAは緑茶・緑茶成分の効果をみとめず

脳科学などに啓発された馬鹿な政治家が、テレビゲームの批判だけを行い、肝心のメディアバイオレンスに全く言及しない変な国日本。


緑茶・緑茶が健康に良いとテレビなどのメディアで盛んに宣伝ともニュースとも区別なく報道され続けてきているが、
現時点では確定的なことがいえる研究はないとFDAから言われたようなもの・・・政治的なものだろうと曲解的解説がなされるだろうとは想像されるが・・・




緑茶効果、米FDA認めず 伊藤園の表示許可申請
[ 05月11日 18時11分 ] 共同通信

 緑茶飲料メーカー大手「伊藤園」(東京)と同社の米国現地法人が、緑茶成分カテキンによる心血管疾患のリスク減少効果について、商品への表示許可を米食品医薬品局(FDA)に申請、「信頼できる科学的根拠はない」として棄却されたことが11日、分かった。
 伊藤園によると、米国で販売する緑茶飲料に「カテキンを含む緑茶を毎日150ミリリットル以上摂取すれば心血管疾患のリスク要因が減少する。FDAも根拠を支持できるとしている」と表示することを求め、動物実験や人を対象にした研究論文など計105件の資料とともに昨年6月、申請した。



FDAのサイト:
Qualified Health Claims: Letter of Denial -
Green Tea and Reduced Risk of Cardiovascular Disease
http://www.cfsan.fda.gov/~dms/qhcgtea2.html
この書簡は伊藤園(株)・伊藤園(北米)によるFDAへのhealth calim petitionに応じたもの。緑茶と心血管疾患リスク減少との相関を評価。
カテキン源として緑茶を1日150ml最低消費することは心血管リスク要因減少に役立つかもしれないとした。FDAは指示したが、結論はできないと報告した。


FDAは2005年7月28日陳情書を提出し、60日のコメント期間を掲示後、agencyのガイダンスに一致した手順を経た。
この書簡では、緑茶・緑茶成分の確かな科学的健康上の効果ある証拠・CVDに関するリスク減少を認めないというFDAの決定を公表したもの




癌関係も・・・証拠不足
いくつかの研究結果と逆に、緑茶はおそらく、乳ガン・前立腺癌や他の癌の予防効果がないとのべた。2つの研究では女性乳ガンのリスクを減少することが示されなかったが、さらに弱い、限定的な研究でしか緑茶のリスク軽減を示せなかった。
FDAは結論として、緑茶が乳ガンリスク減少しそうもないと結論づけた。
唯一弱く、限定的な研究でしか、緑茶は前立腺癌のリスクを減少を示せえなかった。
FDAはさらに、緑茶の使用と他の癌のリスクを示せるような質の高い研究は存在しないと結論づけている。
MSNBC:
http://www.msnbc.msn.com/id/8424430/

by internalmedicine | 2006-05-11 23:23 | Quack  

医療過誤の訴訟・真の過誤比率・補償の問題

損害賠償先進国、米国がいかなる事態におちいっているか?
Bushでさえ危惧している事態となっているにもかかわらず、
小泉・竹中・谷垣路線は米国の陥った悪例を踏襲しようとしている・・・


<日本のメディアがこのことを全く報道しない理由というのは、単に無理解でなく、恣意的な動きだろう>

本日のNEJMに、米国社会での、訴訟のもたらしたもの、無益さが書かれている。

医療過誤の起訴・告訴問題がUSや他の国々でも消えることがない。
(日本関連:Health Policy. 2003 Aug;65(2):119-27.

Bush政権のメンバーを含む医療過誤変革advocateらは、“frivolus”(軽率な・とりにたりない)医療過誤訴訟を問題視し、結果的に医療費用を増加させるものとなっていることを危惧している。こういった訴訟はbad businessであり、不要なものである。

“frivolus”(軽率な・とりにたりない)医療過誤訴訟は、USの医療過誤システムのコスト増大に大きく関与している。1452の米国国家的研究にて37%に医師の過誤を認めないものであった。
多くの訴訟は和解金支払いとはならず、全てのコストの13-16%が結局、医療過誤と関連無い金銭(弁護士や相談した専門家への支払い、裁判所への支払い)と消えていくのである。


・・・以下・・・原文のありか(おそらくまともな日本語訳がいろんなところから発表されるだろう)

Claims, Errors, and Compensation Payments in Medical Malpractice Litigation
NEJM Volume 354:2024-2033 May 11, 2006 Number 19

訴訟の3%で証明できる医療損傷は無く、37%は過誤を含まないものであった。
過誤と関連しない訴訟のほとんど(37/515)・外傷(31/37)は保障とならなかった。 過誤による外傷を含むほとんどは保障となった(653/893)。
過誤を含まない訴訟と比較して、支払額は有意に低い
過誤の関与しない訴えは13-16%の全体のコストである。
保障に関わる金銭の54%がその訴訟のコスト(弁護士・専門家への支払い、裁判所への費用)となっている。過誤を有する訴訟ではコストの78%に相当する。

by internalmedicine | 2006-05-11 15:27 | 医療一般  

PEAKトライアル、PACトライアル

内科なのに、ときどき、なんちゃって小児科にならざるえないのだが、成人の診療ロジックと全く異なる。ペークフローモニタリング、呼吸機能などができないだけでなく、エピソード自体の聞き取りも困難で、ともすると、小児科喘息診断では曖昧になりやすい。結局、乳幼児の喘息診断ロジックは傍証に基づくことが多いようである。その傍証を用いて、吸入ステロイドを用いて、介入を行ない、長期的な本格的喘息へ移行や喘息進展予防効果などをみたもの


いづれも期待はずれだったようである。



Prevention of Early Asthma in Kids (PEAK)臨床トライアル

喘息の自然史の研究によると初めての症状は1歳以内に生じることが多いとされている。喘鳴が頻回な患児(1年以内に少なくとも4回のエピソード)とmajorなリスク要因(両親の喘息既往・患児のアトピー性皮膚炎)の1つか3つのminorなリスク(アレルギー性鼻炎、好酸球増多、感冒を伴わない喘鳴)のうち2つある場合、リスクが高いと考えられる。
就学前児童に関し、ICS治療は高リスク幼少児の頻回の喘鳴を有する場合の、症状軽減に関して有効と思われるが、ICS長期間予防効果を長期有効性として見た場合効果があるかどうか不明であった。
両親に喘息があり、喘息のリスクの高い状態で喘鳴の出現した子供
NIHスポンサーの研究で、2-3才対象にプラセボとICSを2年間使用
使用中は喘息コントロールは良好だったが、治療中止後喘息コントロールは改善しなかった。
Long-Term Inhaled Corticosteroids in Preschool Children at High Risk for Asthma
NEJM Volume 354:1985-1997 May 11, 2006 Number 19




PAC(PreAsthmaControl)臨床トライアル トライアル

若年時に喘息診断をすることは困難である、多くの論文報告者らは喘鳴・咳嗽・息切れなどの呼吸器症状を繰り返す場合としていることが多い。“喘息前”と考えられる有症状期間は喘息の病態形成に影響を及ぼすと考えられる。
このpre-asthmaのエピソードにより間欠的ICS治療はその後の持続性喘鳴(症状の即時的影響も)を予防、進展防止に影響を及ぼすかの研究

喘息のリスクの高い子供を吸入ブデソニドとプラセボに割り当て2週間投与。3年時喘息・肺機能測定項目にてプラセボとの差異がなかった。
Intermittent Inhaled Corticosteroids in Infants with Episodic Wheezing
NEJM Volume 354:1998-2005 May 11, 2006 Number 19



by internalmedicine | 2006-05-11 10:19 | 呼吸器系