2006年 05月 13日 ( 4 )

 

テレビ局のお詫び


反省・・・してないなぁ・・・総務省から指導されたときに、ウェブでお詫びをすることもその内容になってたはずだが・・・

赤い〇のところがその記載
     ↓
ピーカンのお詫び
テレビ局のお詫び_a0007242_13195880.gif



ほとんど アリバイ的




体調を崩された方、及び関係者の方々、視聴者の方々に対し深くお詫び申し上げます。

現在この原因と番組内容の精査を行っておりますが、今後も同じような症状が発生する可能性があることから、当該番組で紹介した『白いんげん豆を使用したダイエット法』はお止めいただきますようお願い申し上げます

尚、白いんげん豆を通常の調理方法で食べることは問題ありません。




来週はDetox関連を扱うようである。

Detoxってのはとてもぁゃしぃ概念・・・

(http://www.detox-web.com/)などは典型的で、農薬・保存剤・人工合成物・重金属などの恐怖をあおり、それを体外に排泄することを促す・・・
Ref)健康情報の信頼性とその情報源

かれらに言わせれば病気の原因は毒であり、毒を排除することで健康を保てるというもの・・・世の中、毒というラベリングを行い、体内に入ってはいけないものという、善悪二種類にわけられるというあまりに単純で馬鹿丸出しの概念なのだが・・・

Detoxは毒素を体から出すという表現で、多くのメディアで紹介されてる。意図的に、漢方や民間での解毒という言葉と誤用・誤解させている。

本来Detoxは重金属などのキレート治療・浣腸などのEnema治療、現在は、発汗といった生理作用をもたらす物理療法から、自然食品などと広汎に変容しているようである。

・・・日本人の英語の理解力不足と、自然食品への警戒心のなさによる安易なDetoxという言葉の使用・・・それが言葉の濫用になっている。

番組のお詫びをみると業者に対する配慮がかなり見られ、業者との関係を崩したくないという気持ちが良く表れている。・・・ヘルスケア関係業者の提灯番組ではないかと思う。健康情報番組がQuackeryに汚染されている現状は日本独特なのかもしれない。
宣伝と番組の混同は民放が自主規制しているはずなのだが・・・それさえ守れないようなテレビ局は廃局すべきである。



<追記>

白インゲン豆被害158人 厚労省、TBSに注意 [ 05月22日 17時04分 ] 共同通信


 TBS系の健康情報番組で紹介された白インゲン豆ダイエット法で視聴者が下痢などの症状を訴えた問題で、被害者は全国で158人に上り、このうち30人が入院したことが22日、厚生労働省のまとめで分かった。
 同省は同日、TBSに再発防止に努めるよう文書で注意した。
 主な症状は吐き気、下痢、嘔吐(おうと)でいずれも快方に向かっており、重症者はいないという。被害者の大半は番組で紹介された方法で豆をいって食べていた。
 問題の番組は6日放送の「ぴーかんバディ!」。白インゲン豆を約3分間いった後に粉末化し、ご飯にまぶして食べるダイエット法を紹介した。


ぜひ、総務省のほうで、人的な処分まで要望してほしいものだ。これでは責任を果たしたとはいえない。

by internalmedicine | 2006-05-13 13:23 | メモ  

医介補復活?

まさか、医師未満の存在を国が許すとは思えないが・・・医介補

ひいては、正規の医者以下で、僻地医療・過疎医療はせよというのは、僻地・過疎地を馬鹿にするものでもあるだろうに・・・
 ↓
国家試験受験資格、1年前倒しを=医師不足解消で特例申請へ-NPO法人
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060512-00000174-jij-soci
 全国の医学部生や医師ら400人余でつくる特定非営利活動法人「医学教育振興センター」(千葉県浦安市)は12日、在学中の5年生でも医師免許を取得できるよう医師法で卒業後に限定している国家試験の受験資格を前倒しする特例措置を、6月中に内閣府に申請する方針を明らかにした。合格した学生医師に、構造改革特区に認定された県内だけで卒業まで通用する地域限定の医師免許を交付する。
 1年早く免許を取得して働く医師を増やすことで、特に地方で深刻な医師不足解消を目指す。 
(時事通信) -


医学教育振興センターって、私の認識では、医師国家試験の模擬試験などに関係してたところだと思うが・・・

僻地・過疎地医療に崇高な観点をもっていたとはにわかには信じがたく、単に、医者になるための安易なバイパス作りって気もする。


陸路・海路に乏しく、医師が未熟な自分しかいない状況・・・その時に味わう、苦悩と自らの限界と、その恐怖を味わったことすらない学生の安易な発想に、離島・僻地医療経験した医者ほど、同意しないだろう。僻地医療・離島医療ほど広汎な医療・破綻しない安定した人格、それを裏打ちする医師経験が必要である。

ただでさえ増大する医学知識の絶対量とその範囲の広がり・・・それを考えれば、こういう発想はありえないと私は断言したい。広く浅く各科目をローテートさせる新研修制度と整合性がないではないか。


そして、こずるい政府・役人が、このとんでも発想を過疎地勤務必修化などのごり押し手段の脅しの材料に使ってきそうな気がする。

by internalmedicine | 2006-05-13 11:41 | 医療一般  

男性更年期

男性更年期というターミノロジーから疑問を持っているのだが、診断・治療に関して、野放しになっている。

男性更年期のアンドロゲン補充療法・・・・エビデンス無し、リスク可能性大でも述べたが・・
FDAへもいわゆる男性更年期へのホルモン補充を認可していない。
・・・リスクはご自分でどうぞというやつである。

Google検索すると論文での警告など、無視されたものが多い。

男性は年齢とともにandrogenが低下することは確立したことである。
ただ、そのホルモンを補充することが果たして安全で有効なのかは、長期的な研究が十分に行われているとはいえない。
治療は低ゴナドトロピン性性機能低下症の明らかな老人に限るべきである。

Current Opinion in Endocrinology & Diabetes. 13(3):254-261, June 2006.





あいかわらず、酸素バー、マイナスイオンなども野放し・・・

こういうのって、もっともらしく効果だけをのべている業者・医者はまがいものという証だと思うのだが・・・

by internalmedicine | 2006-05-13 10:21 | Quack  

一転して、禁煙パッチ保険適応!・・・役人至上主義通達行政

通達行政というのは、役人どもの脳内発案でどうにでもなる。ものを考えてない役人が行政をするとどうなるか、支離滅裂のうえ、現場混乱。4月に人事移動があり、ほとんどわけがわからないのに、通達しまくったためという話もある。・・・おそろしく無責任な役人気質・・・下々のものはどうでも良いのだろう。

ニコチン依存症の健保適応顛末というのは馬鹿役人の通達行政の問題点そのもの

ニコチン依存症治療薬FDA認可すれど・・・依存症治療は毎日新聞へ
と書いたが、一転、健保適応とのこと
  ↓
「禁煙パッチ」一転、月内に保険適用へ 厚労相謝罪
http://www.asahi.com/life/update/0512/009.html
4月から保険診療の対象になった禁煙治療が、主な治療薬とされる「ニコチンパッチ」を使うと自由診療扱いとされていた問題で、川崎厚労相は12日の衆院厚生労働委員会で、ニコチンパッチも今月中に保険の適用対象にする方針を示した。また病院現場の混乱について「周知が不足したことは誠に申し訳ない」と謝罪した。民主党の柚木(ゆのき)道義議員の質問に答えた。 (後略)


朝日の朝刊に掲載後、民主党議員質問・・・最近、民主党議員の活躍してるなぁと実感。
やはり野党は元気があることは世の中をよくすることであると実感。


役人はあやまることを知らず・・・大臣に謝らせる・・・何様!(怒)
なぜ1カ月もたっての通知なのか? 
・・・同省保険局医療課の担当官は、「混合診療なのは明白。わざわざ知らせるまでもない。問い合わせがあれば口頭で答えてきた」



後述のペースメーカーとCTの記事から分かる如く、新聞記事というのは、ことの重要性より、興味をひきそうな内容しか記事にしていない。

ニコチン依存症治療の健保関係の馬鹿役人ぶりというのが今回明らかになったわけだが、今回は(あくまで結果として)メディア(毎日新聞以外)は良い仕事をしたのではないかと思う。



さて、ひとつ重要な記事が記載されていた。
心臓ペースメーカー、X線撮影でも誤作動の恐れ
http://www.asahi.com/life/update/0513/001.html
胸部X線撮影など比較的被曝(ひばく)線量が少ない場合でも心臓ペースメーカーに不要な電流が流れ、誤作動を起こす恐れがあると、大阪市であった12日の日本医科器械学会で発表された。被曝線量の多いCT(コンピューター断層撮影)では特定のペースメーカーが誤作動を起こすため、厚生労働省が昨年から指導を始めていた。
(中略)
厚労省は昨年5月、CTでX線を当てないように製品に表示するようにメーカーを指導。その後、医療機関には、ペースメーカーを使う患者にCTで5秒以上のX線照射をしないように呼びかけていた。



CT検査の上でのペースメーカー患者への注記の新聞記事

植込み型心臓ペースメーカのX線CT検査中の不具合事例について
http://www.jsrt.or.jp/web_data/news_files/1112866748.html
植込み型ペースメーカの一部の機種において、X線CT検査中に当該製品が部分的電気的リセットを引き起こす不具合事象が国内で11件報告されております。
 検証の結果、これらはすべて臨床下におけるX線CT装置のX線が当該製品上を照射した際に引き起こされる事象であることが判明すると同時に、当該製品上をX線CT装置によるX線が照射中又通過にオーバーセンシングを引き起こしていることも判明しています。
 厚生労働省は平成17年3月31日付で、当該事象の発生については、当該製品の構造上の問題を否定できないこと及びリセット発生に係わる解除等の早急な対応が実施されなかった場合の重篤な健康被害発生の可能性を否定できないことから、当該会社に対して、当該機種の添付文書について追記等の改訂(【原則禁忌】)を速やかに行うことと医療関係者に対して注意喚起すること等を通知・・・

<参考資料> 
(薬食審査発第0331021号、薬食安発第0331005号)
(薬食審査発第0331022号、薬食安発第0331006号)


これなんぞ、X線CT装置等と植込み型心臓ペースメーカ等の相互作用に係る「使用上の注意」の改訂指示等についてから続くものだと私は解釈していたが、この新聞記事に記載されるまでCT関係の業者からは連絡もなかったと記憶している。


通達行政というのは、上から水をまいて、末端までその情報が行くかどうかはさほど気にしないようである。情報を積極的に手に入れない方が悪いと役人たちはのたまうのだろう。

by internalmedicine | 2006-05-13 08:54 | くそ役人