2006年 05月 23日 ( 2 )

 

家庭内・地域のいじめ・暴力により喘息悪化



ATS meeting で発表されたぶんらしい
自宅で親かの暴力に、地域学校での暴力にさらされている子供は、平和な環境下の子供より有意に肺機能低下が生じる。

ATS会議で、Harvard SchoolのWrithtらが報告。
自宅での言葉の攻撃、地域での暴力はタバコ・人種・生下時体重・社会経済的状況のマーカー・自己報告喘息と言った要因の補正後も有意差をもって小児の肺機能低下と関連。
低所得者世帯の子供は肺機能低下のリスク増加があり、それは、環境的タバコ、戸内外の環境汚染、アレルゲン暴露などとともに、自宅・ストリートでの暴力といったストレッサーが関与してる可能性がある。

330名の子供を性別・Hispanic55%、高校に行ってない両親の子供40%、子宮内でのタバコ21%に分ける。
FEV1 1.28 + 0.21 L. 1.28 + 0.21 L.
平均FVC 1.39 + 0.23 L

言語的攻撃増加は有意なFEV1減少0.03 L (P<0.05)、FVC減少 0.04 L (P < 0.05).

性差による違いがあり、女の子は言葉的攻撃により影響が大きくFEV1・FVCの低下の程度が激しい、一方、地域での暴力暴露の多い上1/3はFEV1低下の傾向で、FVCは有意に減少。

暴力の影響は生前・生後のタバコ暴露の影響と同じ程度。

by internalmedicine | 2006-05-23 16:43 | 呼吸器系  

BNP:測定法による尤度比を知る必要がある

心不全の診断に関して・・・BNPが頻用されるようになった

これに関しては結構データがそろってきたようだが、検査方法で感度・特異度の違いがあるようである。測定法による感度・特異度を別途聞いておく必要がありそう・・・

Accuracy of B-Type Natriuretic Peptide Tests to Exclude Congestive Heart Failure
Systematic Review of Test Accuracy Studies
Arch Intern Med. 2006;166:1073-1080.
The diagnosis of CHF was verified by echocardiography, radionuclide scan, or echocardiography combined with clinical criteria.
ランダム効果メタ・アナリシスによるプール化陰性尤度比:0.18(95%CI 0.13-0.23)
ELISAテスト (0.12; 95% CI, 0.09-0.16)は、RIAに比べて低い(0.23; 95% CI, 0.16-0.32)

プライマリ・ケアでのCHF疑診例患者の典型的な検査前確率は20%

これで計算すると・・・陰性結果時
ELISAでは試験後確率2.9%
RIAでは5.4%


それぞれの所見の感度・特異度
DOE 100 17
自覚症状
 夜間発作性呼吸苦 39 80
 以前の心筋梗塞 59 86

理学所見
 心尖部左方移動 66 95
 重力依存性浮腫 20 86
 ギャロップ音 24 99
 肝頚静脈逆流 33 94
 頚静脈拡張 17 98
 肺音 29 77

検査
 胸部レントゲン(心拡大、肺うっ血、両者) 71 92
 心電図(前胸部Q波、LBBB) 94 61


診断プロセス:

by internalmedicine | 2006-05-23 11:46 | 動脈硬化/循環器