2006年 05月 29日 ( 2 )

 

Sleeper effect: たった一本のタバコで・・・依存



たった一本のたばこにより、喫煙衝動として、3年以上影響を及ぼすことが、10代の喫煙習慣研究にて、Tobacco Control誌に発表された。

これを “Sleeper effect” と 呼ぶようである。

Vulnerability to smoking after trying a single cigarette can lie dormant for three years or more
Tobacco Control 2006;15:205-209;
11歳の時のたった一度の喫煙の研究(n=260)で、継続しなかった生徒も全く喫煙しなかった生徒(n=1719)に比べて後に喫煙する傾向がある。それは喫煙しない3年後であったも、その影響は続くのである。14歳時のオッズ比は、一度もためしてない群と比較して、一度だけ喫煙した群では2.1(95%CI 1.2-3.5)である(性、民族、貧困度、両親の喫煙、疾患補正後)



毎日新聞の社説がいかに馬鹿げているかが、また、判明された。

タバコはGateway Drugという認識で、Teenagerの喫煙を阻止することが大事である。

馬鹿なメディアは早く世の中から消えた方がよい!

by internalmedicine | 2006-05-29 16:48 | 医療一般  

5月31日は「世界禁煙デー」

だそうで・・・

6月1日からニコチンパッチ「ニコチネル」の薬価収載ならびに保険使用認可・・・

しばらく、話題となるであろうか、禁煙関係は・・・

Use of Cigarettes and Other Tobacco Products Among Students Aged 13--15 Years --- Worldwide, 1999--2005
MMWR May 26, 2006 / 55(20);553-556
13-15歳の5人に一人が世界的に見ればタバコを使用している。MMWR(5/26)にて発表

WHOの世界記念デーは5月31日であり、今年のテーマは
"Tobacco: Deadly in Any Form or Disguise"

130カ国以上の学生に質問した結果
6つの地域に分けた結果

17.3%がタバコ製品のどれかを使用
包括的な喫煙率はシガレット8.9%、その他11.2%であった。

ヨーロッパ・アメリカではシガレットが多く17.7%
南・東アジアは4.3%と少ない
しかし、南東アジアはその他のタバコ(ie, cigars, smokeless tobacco, pipes, ...)13.3%で、西大西洋地域は6.4%と少ない

全地域に於いて、そのタバコの使用は一般的に女性より男性に多い。

しかし、全てのタバコの頻度は両性同様であり、タバコ・コントロールプログラムの効果は女児において特に取り組まれなければならない

このプログラムは、エビデンスに基づく介入によりタバコ関連疾患の広がりを減少するよう取り組まれなければならないとされている。

MMWR 2006;55:553-556.


ところで、any other tobaccoってcigars, smokeless tobacco, pipes, ...となているようだが、禁煙タバコも入っていることにご注目!
日本では、シガレット以外少ないと思うが、禁煙タバコなどにも注意が必要
この禁煙タバコが中学高校で流布されていることが問題とされている

未だに、禁煙タバコとか宣伝されているのだろうか?

by internalmedicine | 2006-05-29 12:17 | 医療一般