2006年 05月 30日 ( 1 )

 

航空機搭乗者へのストッキング効果

有症状DVTの頻度減少・下肢浮腫をストッキングは軽減するが、今回のトライアルのレビューでは致命的イベント発生がなかったので減少効果を評価できなかった。


Compression stockings for preventing deep vein thrombosis in airline passengers (Cochrane Review)
http://www.update-software.com/abstracts/AB004002.htm

【背景】
飛行機による旅行は深部静脈血栓(DVT)のリスクを増加する。
ストッキングがリスクを減少するかどうか
【目的】
少なくとも4時間以上のフライトする対象者のストッキング着用と未着用の効果比較
【対象クライテリア】
最低4時間続くフライトの乗務員のストッキング vs ストッキング無しのランダムトライアル
【主な結果】
10のランダムトライアル(n=2856)を含む
9トライアル(n=2821)でストッキング装着と無しで比較したもの
1つ(n=35)は両足ストッキング着用と非着用を比較したもの

9つのトライアルのうち7つ(n=1548)は低・中等度リスクと判断した対象者、2つは高リスク患者を含む(n=1273)。少なくとも7時間以上のフライト

両足ストッキングトライアル2637の参加者のうち50名で、フォローアップデータ活用可能なもので、有症状DVT出現。3例がストッキング着用。47例が未着用(Odds ratio 0.10 95%CI 0.04-0.25 P<0.00001)

3つのトライアルでは有症状DVTs出現無し。死亡者、肺塞栓、有症状DVTsは無し。
ストッキング着用は浮腫を有意に減少させるインパクトがある


ところで、男もストッキングをはくのだろうか?

by internalmedicine | 2006-05-30 09:38 | 医療一般