2006年 07月 08日 ( 2 )

 

ロタウィルス感染症に抗菌剤(nitazoxanide)有効

ニタゾキサニド Nitazoxanide(商品名Alinia)は、チアゾライド系抗菌薬で、クリプトスポリジウム症の薬剤として期待されているが、ランブル鞭毛虫、赤痢アメーバ、回虫、鞭虫、肝蛭などにも効果がある。

niazoxanide suspension3日投与は、Cryptosporidium属による、HIV感染のない重度栄養不良の小児患者の死亡率減少が示され、in-vitroで、広範囲のウィルスの複製予防効果が示された。慢性B型・C型肝炎に対する研究があり、細胞培養にて広範囲の腸炎起炎病原因子による下痢に対して使われるのでrotavirusに対して有効性を証明。この治験からなされた研究

Effect of nitazoxanide for treatment of severe rotavirus diarrhoea: randomised double-blind placebo-controlled trial
The Lancet 2006; 368:124-129
症状消失時間中央値は31(IQR 22-73)時間で、対照は75(51-124)時間(p=0.0137)





Rotavirusは世界中で、若年児において脱水を伴う下痢・胃腸炎としてもっとも多い原因
推定500万人、特に貧国に多い。途上国においては5歳未満の40人に一人がrotavirus下痢にて入院
医学的・社会的コストは推定100億ドル
経口補液や水分・電解質管理がプライマリ治療としてrotavirus胃腸炎にて有効
Racedotril、enkephalinase inhibitorが、腸管の過分泌抑制し、便量減少・下痢期間短縮したとのこと
probiotics利用により罹病期間短縮・rotavirus消失に効果があったとの報告
ヒトrotavirusによる過免疫牛colostrumはrotavirusによる子供の下痢の持続時間・重症度減少がみられる。rotavirus vaccinが1998年ライセンスされ、重積のリスクのため1年未満で取り下げられた経緯がある。
2つの新しいワクチンがライセンスされる予定とのこと




広汎なウィルスを含めた治療効果がniazoxanide suspensionにあるのなら、今後応用も広がりそうである。

by internalmedicine | 2006-07-08 11:46 | 感染症  

腸管感染症でアデノウィルス咽頭部ぬぐい液検査意味があるのだろうか? 

ある小児科で、こどもがアデノウィルス感染といわれたとのこと
他の子供を祖父母のところに預けてたら祖父母に下痢症状出現
・・・で当方にアデノウィルス検査をしてくれとのこと

間接的情報なので正確ではないのかもしれないが、当初の患児は腸管感染なのにアデノウィルスPOCTを行ったとのこと

エンテロアデノウィルス
o Enteric adenovirus infectionはおもに乳幼児の託児所で生じる、ロタウィルスよりは少なく、astrovirusより少ない。無症状者から培養されることもあり、アデノウィルスは腸管で迅速に複製される。下痢症状の状況で明らかにされる感染症である。
血清型40、41 が“noncultivatable”と呼ばれ、胃腸炎の原因として代表的。新しい培養系では培養可能となった。


一方
BD社のPOCTではアデノウィルス1,2,3,4,5,6,7,8,11,19,37型と反応



・腸管感染症で想定される血清型は現在のPOCTでは対応されてない

・咽頭ぬぐい液で行い、病変の首座でないところからの検体獲得している

・偽陰性率が比較的高い検査特性

など、合理性が思い浮かばないのだが・・・


なぜ、胃腸症状でアデノウィルス検査をしたのかが私には解せない。今回の事例はPOCTの特異度から考えて、通常の40,41でない血清型のアデノウィルス感染だったのだろう。それが、小集団の流行を生じたものと思われた・・・証拠はないが・・・


感染性胃腸炎への咽頭ぬぐい液検査の意義というのはあるのだろうか?
臨床的に疑問をもった次第である。


ちなみに、冒頭の事例、当方では検査せず、患者・家族に説明したが、かなり不満顔であった。

by internalmedicine | 2006-07-08 11:41 | 感染症