2008年 02月 29日 ( 6 )

 

糖尿病リスク状態へのメトフォルミン治療:メタアナリシス

メトフォルミンは多くの医師たちがもっともその効能を知るべき薬剤でにもかかわらず使用経験・薬剤知識がかなり低い薬剤であろう。
メタボリック症候群への介入 : ライフスタイル・メトフォルミン 2005-04-19 22:48
向精神薬誘因性体重増加の対策 2008-01-09 09:39


リスク状態を対象に糖尿病予防効果を確認したメタアナリシス
 ↓
Meta-analysis: Metformin Treatment in Persons at Risk for Diabetes Mellitus
The American Journal of Medicine Volume 121, Issue 2, February 2008, Pages 149-157.e2
糖尿病発症リスク要因
肥満
糖尿病家族歴
身体不活動性
インスリン抵抗性
高血圧症
脂質異常症
血管疾患
PCO


1966年から2006年11月までの英語・非英語文献
最低8週間のmetformin vs プラセボ・未治療対照ランダム化トライアルで、BMI、空腹時血糖、空腹時インスリン、インスリン抵抗性、HDL、LDL、TG、新規発症糖尿病頻度を比較したもの


31トライアル、4570名で8267人年
body mass index (−5.3%, 95% 信頼区間[CI], −6.7-−4.0)


空腹時血糖(−4.5%, CI, −6.0-−3.0),
空腹時インスリン (−14.4%, CI, −19.9-−8.9)
インスリン抵抗性(−22.6%, CI, −27.3-−18.0)



TG(−5.3%, CI, −10.5-−0.03)
LDL (−5.6%, CI, −8.3-−3.0%)
HDL増加(5.0%, CI, 1.6-8.3)




新規発症糖尿病は、1.8年で、40%減少(0.5; CI, 0.5-0.8)、ARR 6%(CI 4-8)






メトフォルミン治療と妊娠について、PCOの人に聞かれたことがあった。

結論から言えば”Neither glyburide nor metformin has caused developmental toxicity in humans.”(The Annals of Pharmacotherapy: Vol. 41, No. 7, pp. 1174-1180. )ということで、メトフォルミンに関しては現状はパラダイムシフトにあるとのことである。
妊娠・授乳中投与についての記載がある→(http://www.otispregnancy.org/pdf/metformin.pdf

Effects of Metformin on Early Pregnancy Loss in the Polycystic Ovary Syndrome
The Journal of Clinical Endocrinology & Metabolism Vol. 87, No. 2 524-529

A Trial in Progress: Gestational Diabetes: Treatment with metformin compared with insulin (the Metformin in Gestational Diabetes [MiG] trial)
Diabetes Care, July 1, 2007; 30(Supplement_2): S214 - S219.



メタボリックシンドロームをあおって、ライフスタイル変更を強制するわけだが、そのadherenceに疑問がある。かたや、予防効果が確認できた、1錠10円もしない薬剤が存在するのである。

by internalmedicine | 2008-02-29 14:21 | 動脈硬化/循環器  

肥満者の生涯肥満コスト:予防は医療支出の治療にはならない

たばこを吸う人達は、税金は多く払ってくれるし、すぐ死ぬから医療費もかからなくて助かる人達」という悪い冗談があるが、ホントかも知れない。
そして、日本国役人がやることになっている肥満(メタボ)対策はコストから考えれば意味のないことかもしれない。

Lifetime Medical Costs of Obesity: Prevention No Cure for Increasing Health Expenditure.
PLoS Med 5(2): e29
シミュレーションモデルで、生涯医療コストを20歳時の肥満人コホートで推定する。肥満のインパクト評価するため、喫煙者と、健康人(非喫煙者・BMI 18.5-25と定義)を比較対象とする。
相対リスク値以外は、全ての入力パラメータはオランダからのデータを使用したシミュレーションモデル。感度分析で疫学的パラメータの影響とコスト定義評価した。56歳までは年間医療関連支出は肥満者で最も高い。高齢になると、喫煙者のコストが高くなる。
余命期待値が異なるため、生涯医療関連支出は健康人が最も高く、喫煙者が最も低い。肥満者は、中間的である。疫学的パラメータ・コスト定義を変更してもこの結論は不変であった。



肥満・喫煙対策が成功したときの予防医療ケア総計の時間推移(減少せず vs 3%減少比較)







関連:
定義をごちゃごちゃといじるだけの・・・メタボリックシンドローム   2007-06-22 09:51

科学的といえないメタボリックシンドロームに固執する御用系学者たちと・・・考えてしまう 2007-10-20 08:40

by internalmedicine | 2008-02-29 12:03 | 医療一般  

肺がん自己抗体検討

この程度の感度なら胸部レントゲンに勝てる?・・・というかすでに勝ってる気もする。
肺ガン検診の推奨度は最低(Grade I)にもかかわらず、肺ガン検診は続く・・・・日本 2004-05-05 17:55  )

正常対照(n=50)、非小細胞癌(n=82)、小細胞癌(n=22)で、p53、 c-myc、 HER2、 NY-ESO-1、 CAGE、 MUC1 、 GBU4-5の自己抗体(ELISA)検討


Autoantibodies in lung cancer: possibilities for early detection and subsequent cure
Thorax 2008;63:228-233

7つのうち少なくとも一つ増加は76%で、リンパ節転移陰性89%、特異性は92%

SCCでより多く見つかった(92%) が、肺がんサブグループ間に差は見いだせなかった。

by internalmedicine | 2008-02-29 11:42 | がん  

脂肪酸と一秒量の関係:ドコサテトラエン酸

EPA・DHAは循環器系でかなり活発に研究されている(不整脈: Circulation, September 4, 2007; 116(10): e320 - e335.  血圧:J. Nutr. 137:973-978, April 2007 他:http://lansbury.bwh.harvard.edu/polyunsaturated_fatty_acids.htm

脂肪酸と閉塞性肺疾患の関係については、一部突拍子もない報告があったが、その後の進展もなく、必ずしも解決されてはいない。


n-3脂肪酸の摂取減少、n-6摂取増加は、COPD・喘息の疫学的要因であるとの仮説が提言されている。しかし、n-3、n-6カテゴリー内の相対的意義はひろく検討されているわけではない。個々の脂肪酸摂取と、肺機能、自己報告呼吸症状・診断を1万3千名をこえるオランダ人成人で調査


ということで、介入試験でなく、n-3、n-6の疫学調査・・・

The relation between dietary intake of individual fatty acids, FEV1 and respiratory disease in Dutch adults
Thorax 2008;63:208-214
関連因子補正後、n-3脂肪酸摂取とFEV1の予防的相関は見いだせない。
特定のn-6脂肪酸はFEV1低下と関連し、この影響はとくにドコサテトラエン酸(c22:4 n-6、DTA)で著明(最高・最低5分位比較でFEV1低下 54.5 ml (95% CI –81.6 to –27.4))

n-6脂肪酸の影響は喫煙と強く相関し、この影響は現行喫煙者で強い影響をもたらす。

個々のn-3脂肪酸摂取は一般的に昨年の喘鳴リスクと相関するが、脂肪酸摂取と、現時点の喘鳴、医師診断喘息、他の呼吸器症状の相関は無いか、あっても少ない。


脂肪酸成分表で”22対4 n-6 ドコサテトラエン酸 docosatetraenoic acid”

光学異性体に、adrenic acidがあるようだ(Am J Physiol Heart Circ Physiol 292: H2265-H2274, 2007)。血管けいれんなどと関係しており、興味深い物質だ。

以下の報告をみると、ACTHとの関係でby-standerという見方も?
”a significant increase in C22:4 (adrenic) acid was observed only for phosphatidylethanolamine under the influence of ACTH. ”
J Biol Chem. 1986 Oct 25;261(30):14118-24.


”悪者”物質なのでまぁサプリメント業者やみのもんた番にはおいしい話ではないのかもしれないが・・・

by internalmedicine | 2008-02-29 10:49 | 呼吸器系  

チューインガム:術後の消化管機能改善

膀胱切除・尿路変更術後、ガムを5枚ほどかむと術後の膀胱機能正常化スピードが上がるという報告

ガムをかむ人は、腹腔鏡結腸切除術後の回復が早いという報告があったが、少数の報告で真偽が不明であった。

根治的膀胱切除、尿路変更術102名の患者で、51名にてチューインガム (Wrigley Freedent) 1日5枚、術後すぐに与えて、2-5時間かむように指導した。

耐用性は良好(当たり前のような・・・)で、対照群に比べて初回の放屁時間短縮(中央値 2.4日 vs 2.9日 p<0.001)
チューインガムにて明らかに初回腸管蠕動回復時間短縮(中央値 3.2 vs 3.9日 p<0.001)

入院滞在期間の減少は有意ではなかった(中央値 4.7 vs 5.1日 p=0.067)


機序として、神経、ホルモン的経路を考えるとのことで、術後イレウスの改善交換して以前の報告ではばらつきが見られているが、医療費に比べればガム代は安いので、与えてはどうかという話




Kouba E, et al "Gum chewing stimulates bowel motility in patients undergoing radical cystectomy with urinary diversion" Urology 2008; 70: 1053-56.

by internalmedicine | 2008-02-29 08:37 | 医療一般  

髪の毛の水素・酸素アイソトープ分析で居住歴が分かる

髪の毛の水素・酸素アイソトープ比率(σ2 H・σ18O)は地域的ばらつきがあり、水道水と85%ほど相関があるとのこと

アメリカでの地域比率


科学捜査になんか役立つらしい

"Hydrogen and oxygen isotope ratios in human hair are related to geography" by James R. Ehleringer, Gabriel J. Bowen, Lesley A. Chesson, Adam G. West, David W. Podlesak, and Thure E. Cerling (PNAS Feb Vol. 105(8) 26, 2008 2788–2793)

by internalmedicine | 2008-02-29 08:16 | 医療と司法