2009年 06月 08日 ( 2 )

 

新規経口血糖降下剤:Saxagliptinの心血管イベント抑制効果

Saxagliptinの心血管イベント抑制効果

http://www.medpagetoday.com/MeetingCoverage/ADA/14590
dipeptidyl peptidase-4 (DPP4) inhibitorであるSaxagliptinはメタアナリシスの結果心血管保護作用があるかもしれない。主要心血管イベントはプラセボ・メトフォルミンに比較してsaxagliptinで55%(0.45, 95% 信頼区間 0.24 ~ 0.83))減少

高リスク群ほど、統計学的に心血管イベントを対照群比較で抑制という久々にほんものの薬剤という印象をもつ報告で、phase II、III試験のプールデータにおいて、見られた知見。
rosiglitazone (Avandia) などの薬剤による心血管イベントにかかわる疑問が上がっている矢先
主要心血管疾患死亡・非致死的心筋梗塞・非致死的卒中イベント頻度が全対象、個々研究、リスク状態の高いサブグループで心血管イベント増加は見られてない。
saxagliptin治療群は対照群の半分(0.7% vs 1.4%)
急性心血管イベント、血管再建および可逆性・非可逆性イベントはsaxagliptinで少なかった (1.1% versus 1.8%).

saxagliptinは包括的・心血管特異的死亡率低下をもたらす (0.3% versus 1.0% 、 0.2% versus 0.8%, respectively).

心血管疾患既往: 9.2% versus 46.3%
糖尿病を超える心血管リスク要素1つ以上: 7.0% versus 15.8%
糖尿病を超える心血管リスク要素2つ以上: 9.1% versus 18.4%
高血圧既往: 8.8% versus 22.5%
コレステロール高値: 8.0% versus 13.2%
男性: 7.7% versus 22.5%
65歳以上: 11.4% versus 9.9%



日本で発売されると大塚かぁ・・・

by internalmedicine | 2009-06-08 12:19 | 糖尿病・肥満  

BARI 2D:2型糖尿病冠動脈疾患治療戦略トライアル:積極的冠動脈治療・インスリン治療戦略により差無し

2型糖尿病患者の安定した冠動脈疾患に対して、至適治療は実は不明であった
BARI 2D研究:http://www.bari2d.org/public/about.html

A Randomized Trial of Therapies for Type 2 Diabetes and Coronary Artery Disease
The BARI 2D Study Group
www.nejm.org June 7, 2009 (10.1056/NEJMoa0805796)

対象:2型糖尿病+心疾患

即時血管再建+強化薬物治療 or 強化薬物治療単独
インスリン抵抗性改善治療 or インスリン負荷治療

プライマリ・アウトカム:死亡率、死亡・心筋梗塞・卒中の合成

ランダム化はPCI、CABGs選択の層別化で行われた




5年後、生存率は有意差無し
・血管再建群:88.3% vs 薬物治療群:87.8% P=0.97
・インスリン感受性改善群:88.2% vs インスリン治療群:87.9%  P=0.89

重大心血管イベントも有意差無し
・血管再建群:77.2% vs 薬物治療群:75.9% P=0.70
・インスリン感受性改善群:77.7% vs インスリン治療群:75.4%  P=0.13

PCI層別化群において、血管再建群・薬物治療群でプライマリエンドポイントの差はない。

CABG層別化群において、薬物治療群(30.5%)より血管再建群(22.4%)の方が心血管イベント有意に少ない(P=0.002)。


副事象イベント・重大なる副事象は一般的に同様
だが、重大低血糖はインスリン治療群の方がインスリン感受性治療群より多かった (5.9%, P=0.003)


プロトコール:http://clinicaltrials.gov/ct2/show/NCT00006305


経団連・武田製薬およびその御用学者が変な宣伝しないように・・・Thiazolidinedioneにかかわる原文を抜き出しておく。インスリン感受性改善治療群はメトフォルミン、Thiazolidinedione両方使用されており、決して、後者のみではない!

インスリン負荷治療群Drug: Insulin, sulfonylurea
インスリン感受性改善治療群Drug: Biguanides, thiazolidinediones



Although previous studies have shown a beneficial effect on cardiovascular outcomes associated with the use of insulin sensitization with thiazolidinediones and metformin, our results cannot distinguish between the effect of either agent or the combination.


In our study, plasma insulin levels were consistently lower over time in patients in the insulin-sensitization group (median, 6.3 µU per milliliter) than in those in the insulin-provision group (median, 10.0 µU per milliliter), a finding that is consistent with the mechanisms of action of metformin and thiazolidinediones. Despite the need to administer insulin or sulfonylureas to some patients, patients in the insulin-sensitization group were maintained at or very near the target level for glycated hemoglobin. Moreover, the insulin-sensitization strategy was associated with fewer severe hypoglycemic episodes, less weight gain, and higher HDL levels than those in the insulin-provision strategy. These data may suggest that insulin sensitization is preferable for patients with type 2 diabetes and coronary disease

by internalmedicine | 2009-06-08 09:14 | 動脈硬化/循環器