2009年 06月 24日 ( 5 )

 

高齢者の社会的活動と運動能力低下

高齢者をみていると、近所とのふれあいや集落活動などを含め元気のある人は、身体能力も高い。だから、この報告ももっともと思う。社会の方が孤立しやすい老人たちを社会活動に導く活動は常になされるべきだと思う。地域密着性が低い都市部の老人たちにそういう機会を与えるよう社会がおもんばかるべきだろう。

だが、社会的活動性が無くなるから、身体運動が低下するのか、また、逆も考えられるのか?症例対照研究で、因果関係、causal effectについて検討するのはなかなか難しいと思う。

Association Between Late-Life Social Activity and Motor Decline in Older Adults
Arch Intern Med. 2009;169(12):1139-1146.
平均 (SD)社会的活動スコアは ベースラインで2.6(0.58)で、年齢、性、教育補正、、一般化推定公式モデルにて、全般運動機能は0.05U/年 (estimate, 0.016; 95% 信頼区間 [CI], –0.057 ~ 0.041 [P = .02])減少

社会的活動1ポイント減少毎に33%の運動機能低下と相関 (estimate, 0.016; 95% CI, 0.003 ~ 0.029 [P = .02])

全般運動機能低下ベースラインの社会的活動スコア一ポイント減少毎に約5年老け込むことと同様(age estimate, –0.003; 95% CI, –0.004 ~ –0.002 [P<.001])

さらに、運動年次衰退量は40%リスク増加と相関(ハザード比, 1.44; 95% CI, 1.30 ~ 1.60)
偶発Katz disabilityのリスク65%増加 (ハザード比, 1.65; 95% CI, 1.48 ~ 1.83)

全般運動減衰率の社会的活動関連は、後期運動・認知能力・障害・全般うつ症状・体組成・慢性医学的状況などの寄与因子補正後、人口統計的線上においてばらつきが無く不変 (estimate, 0.025; 95% CI, 0.005 ~ 0.045 [P = .01])


少々マニアックな解析の追加がこの論文には必要と思う



Theory And Methods Estimating causal effects
International Journal of Epidemiology 2002;31422-429
(pdf)

共役因子補正固定効果回帰モデル(fixed-effects modeling)と構造方程式モデリング(structural equation model:SEM)を用いて、原因の方向性確認試験を一般住民サンプルでおこなったもの
アルコール乱用はうつを起こすが、逆は真でない。 2009-03-03

by internalmedicine | 2009-06-24 11:44 | 消化器  

閉塞型・中枢型無呼吸横断的な夜間不整脈の傾向:CVEと心房細動

2911名のOutcomes of Sleep Disorders in Older Men Study の被験者対象研究

Nocturnal Arrhythmias Across a Spectrum of Obstructive and Central Sleep-Disordered Breathing in Older Men: Outcomes of Sleep Disorders in Older Men (MrOS Sleep) Study
Arch Intern Med. 2009;169(12):1147-1155.
RDI4分位増加は心房細動、CVE(complex ventricular ectopy )のオッズ増加と相関(それぞれ P values for trend, .01 、 <.001)
最高RDI 四分位は、最低四分位比較で、心房細動オッズ比増加と相関 (オッズ比 [OR], 2.15; 95% 信頼区間 [CI], 1.19-3.89) 、同様にCVEも相関 (OR, 1.43; 95% CI, 1.12-1.82)

OSA四分位増加は有意にCVE増加と相関(P value for trend, .01) だが、 AFとは相関せず

中枢型無呼吸は、心房細動と強い相関有り (OR, 2.69; 95% CI, 1.61-4.47) 、CVEでは有意な相関無し(OR, 1.27; 95% CI, 0.97-1.66)

低酸素レベルはCVEと相関(P value for trend, <.001)

低酸素四分位最上位カテゴリーは、最低四分位比較でCVEオッズ比が増加 (OR, 1.62; 95% CI, 1.23-2.14)



CVE(complex ventricular ectopy )とは、“bigeminy、 trigeminy、quadrigeminy もしくは nonsustained ventricular tachycardia”の組み合わせ(http://meeting.chestjournal.org/cgi/content/abstract/134/4/s52001


面白いことに、日本の循環器の医者はスリープ研究無視が未だに続いているようだが、いつまで無視・軽視し続けることができるか・・・興味深く見守っている・・・私

by internalmedicine | 2009-06-24 11:01 | 呼吸器系  

心電図PR間隔延長は心房細動、ペースメーカー移植、全原因死亡のリスク要因

心電図のPR間隔延長で、1度房室(AV)ブロックの症例は、PR間隔が200mSec超の時臨床上は判断し、多く遭遇する。
Chengらは、Framingham Heart Studyのデータ解析にて、正常PR間隔の人に比べ、1度房室ブロックでは有意に心房細動、ペースメーカー移植、死亡のリスクが増加が示された。

Long-term Outcomes in Individuals With Prolonged PR Interval or First-Degree Atrioventricular Block
JAMA. 2009;301(24):2571-2577. PR間隔200mSec超の場合
1万人年頻度
心房細動: 140 (95% confidence interval [CI], 95-208) vs 36 (95% CI, 32-39)
ペースメーカー移植術:59 (95% CI, 40-87) vs 6 (95% CI, 5-7)
全原因死亡:334 (95% CI, 260-428) vs 129 (95% CI, 123-135)



相応する絶対リスク増加は心房細動1.04%、ペースメーカー移植術0.53%、全原因死亡率2.05%

多変量解析にて、PR20mSec増加毎に、補正ハザード、心房細動 1.11 (95% CI, 1.02-1.22; P = .02)、ペースメーカー移植術1.22 (95% CI, 1.14-1.30; P < .001)、全原因死亡率 1.08 (95% CI, 1.02-1.13; P = .005)
1度房室ブロックは2倍(HR, 2.06; 95% CI, 1.36-3.12; P < .001),の心房細動、3倍(HR, 2.89; 95% CI, 1.83-4.57; P < .001のペースメーカー移植術、1.4倍(HR, 1.44, 95% CI, 1.09-1.91; P = .01)の全原因死亡リスク増加となる。

by internalmedicine | 2009-06-24 10:30 | 動脈硬化/循環器  

前兆片頭痛女性とMRI小脳梗塞病変の関係

片頭痛発作がMRIスキャンにおける小脳の病理的変化と相関する可能性があり、アイスランドのReykjark居住の population-baseの研究でScherらは、中年での毎月の片頭痛症状報告例でMRI上の梗塞様病変("infarcts")のリスクが増加するか平均25年にわたり検討


中年時月1回以上頭痛を有しなかった人と比較して、auraを有すると報告頭痛女性ではMRI上の脳梗塞所見の頻度が増加していた。

Migraine Headache in Middle Age and Late-Life Brain Infarcts
JAMA. 2009;301(24):2563-2570.



Later-Life Brain Lesions Found in Migraine-Prone Women(Medpage)に解説

前兆を有する片頭痛報告女性では、同様の頭痛を有しない女性に比べ、後年、1.9倍(95% CI 1.4 ~ 2.6、梗塞様小脳病変を有する。

女性中年前兆片頭痛では後年小脳血管疾患と関連する。
頭痛発症前に神経学的前兆症状を経験した片頭痛の約1/3が一過性の視力異常や他の感覚、aphasic、運動障害を示すと著者ら
最近の研究では前兆を有する片頭痛は臨床的な卒中や冠動脈疾患のリスク増加と相関するとScherらはのべ、片頭痛と血管病変の関連について焦点をむけた。
片頭痛と後年梗塞(組織学的死亡)の関連を4689名のアイスランドのReyjavikの男女で調べ、被験者は1967年片頭痛症状についてインタビュー開始し平均年齢は51歳であった。フォローアップインタービューを26年超行い、2002年から2006年行い、頭部MRIスキャンを行った。
梗塞様病変は男性39.3%、女性24.6%に見られ、年齢、性、フォローアップ時間補正し、月1回以上の頭痛報告してない対照(n=3243)と比較して、前兆有り中年片頭痛(n-361)で後年の梗塞様病変リスク増加あり (補正化 OR 1.4, 95% CI 1.1 ~ 1.8)。特異的な差異は女性の小脳病変と相関反映。
前兆有り片頭痛女性の内、23%が脳病変の所見あり、頭痛無しの例では14.5%(OR 1.9, 95% CI, 1.4 ~ 2.6)

リスク増加は中年・後年の心血管リスク要素と独立しており、男性においては病変における片頭痛関連相違を認めなかった。
著者らは、片頭痛と脳病変の関連の説明として、伝統的心血管リスク要因を含め、血管内機能障害を提案しているが、片頭痛関連病変が小脳や女性に特に存在するかの説明にはならない。
全長を伴う片頭痛は臨床的あるいは無症候(presumed)虚血性卒中と関連するか?
片頭痛の人は小脳への脆弱性が示唆されている報告があり、無症候性脳梗塞の尤度が小脳で高いことが以前の研究からも示されている。
この研究二次解析で前兆を伴う片頭痛と特定のサブグループでの皮質梗塞の関連が示唆された。
著者らは、梗塞様病変の臨床的重要性を評価して織らず、関連する兆候を有するかどうか検討されていないと強調している。梗塞様病変の臨床的関与は未だ確立しておらず、今後の検討が必要としている。

エディトリアルでは、 Tobias KurthやChristophe Tzourioが、片頭痛と病変の関連についての結論に対して警告を与えている。梗塞様病変(infarct-like lesion)の原因・性状がなく、臨床症状やその後の症状がない場合がある以上、片頭痛が脳に悪影響があると結論づけるのは時期尚早と疑問をなげかける意見がある。

一方、Scherらの発見に対して、構造的脳の変化や機能的変化を伴う片頭痛を調査する新しい研究はその関連の理解を深めるのに役立ち、今後片頭痛に関する特異的メカニズムが判明する可能性に期待がかかっている。


以前より検討されていたことのようだ・・・(私も聞いたことがある上述の報告)
最近、片頭痛が将来脳梗塞の危険因子であるか否か、すなわち「片頭痛は脳梗塞の危険因子か?」について大きな議論を呼んでいる。30~60歳の片頭痛患者を対象とした頭部MRIを用いた無症候性を含む脳病変(梗塞)の横断的有病率調査が行われて、全脳病変の有病率は片頭痛群と対照群に差はなかったが、脳後部循環領域では片頭痛群が対照群に比し有意に有病率が高く、特に前兆の片頭痛群で高かったと報告されている。さらにこの所見は特に小脳、しかも各灌流動脈の分水嶺領域に顕著であることまた脳幹、特に橋に目立つことも報告されている。 さらに片頭痛患者の脳梗塞の発症危険度を多数の調査に対する系統的レビューとそのメタアナリシスが行われている。この分析では脳梗塞発症の相対危険度は片頭痛全体で2.16、前兆のある片頭痛で2.27、前兆のない片頭痛で1.83、さらに片頭痛で経口避妊薬使用者は8.72と報告されている。 
さらに片頭痛患者における心血管イベントの危険因子に関する調査では、片頭痛群特に前兆のある片頭痛群では、高コレステロール、高血圧、冠動脈疾患および脳血管障害の早期発症率が有意に高く、心血管イベントの発生危険度が片頭痛を有さない対照群よりも高いことが明らかになっている。

http://neurol.med.tottori-u.ac.jp/JHS34/luncheon.pdf
 ↑
卵円孔開存(PFO)との関連にも言及している。

by internalmedicine | 2009-06-24 10:14 | 運動系  

膵癌におけるBMIと生存・発症年齢リスク

膵癌はUSではガン関連死順位としては四番目。過体重・肥満の頻度は20年で急激に増加し、体重増加と膵癌の関連に関するエビデンスが累積してきた。しかしながら、生涯にわたる体重超過と膵癌リスク、体重変化を生じた年齢におけるリスクについて検討された報告はなかった。そのため、体重超過は膵癌のリスク要因であり、生涯のBMIと膵癌リスク、癌発症、包括的生存率に関してその相関を検討。

Liらは、841名の膵管腺癌症例と754健康成人を含む入院ベースの症例対照研究にて糖尿病状態と独立して若年成人時の過体重と肥満は膵癌リスク増加と関連し、診断年齢の若さと相関した。疾患病期や切除状態と独立して、高齢時や診断直前の肥満は包括的生存率減少と関連する



Body Mass Index and Risk, Age of Onset, and Survival in Patients With Pancreatic Cancer
JAMA. 2009;301(24):2553-2562.


エディトリアルにて、McWilliamsとPetersonは、膵癌予防と治療の相関に関する意味合いを議論している。

関連:Eurekaltert

by internalmedicine | 2009-06-24 08:49 | がん