2009年 06月 27日 ( 2 )

 

食事由来抗酸化ビタミンと喘息アウトカムの関係

以下のビタミンについては、あくまでもサプリメントでなく食事由来
あくまでも横断的検討であり、いろんな要素が含まれているだろう


Association between antioxidant vitamins and asthma outcome measures: systematic review and meta-analysis
Thorax 2009; 64: 610-619.
食餌性ビタミンA摂食は有意に喘息のひとで、喘息でない人より少ない(MD –182 µg/day, 95% CI –288 to –75; 3 研究数)
軽症より重症の人で少ない(MD –344 µg/day; 2 研究数)

最小4分位食事摂取 (OR 1.12, 95% CI 1.04 ~ 1.21; 9 研究数)とビタミンCの値は喘息オッズ増加と相関

ビタミンE摂食は一般的に喘息状態と無関連だが、軽症喘息より重症喘息で有意に低下していた (MD –1.20 µg/day, 95% CI –2.3 to –0.1; 2 研究数)



フリーラジカル説は良いとしても、スカベンジャーそのものが悪者としてホスト組織にも悪影響を与える可能性を考える研究者たちもいる(BBC)。サプリメントのような高用量な純化したビタミンEだけだと身体への悪影響の可能性は高い。食事としてならスカベンジャー以外の相互作用によりその悪影響が打ち消される。
下記悪評は食餌性の物にはなく、サプリメントにのみ当てはまる。

ビタミンE使用は・・・心不全悪化、入院増加  2005-03-16

寿命を短くしたければビタミンE大量サプリメントをどうぞ  2004-11-11
高用量ビタミンEは寿命を短くする 続編  2004-11-17

“あなたが、メタボ・糖尿病予防のため運動するなら、ビタミンCとビタミンEは避けてほしい”  2009-05-13

by internalmedicine | 2009-06-27 10:29 | 呼吸器系  

線維筋痛症に対するカイロプラクティス治療のエビデンスは乏しい

カイロプラクチックの世界のガイドライン(http://www.ccp-guidelines.org/など)に従った世界での臨床的効果のエビデンス・・・まだまだ乏しいらしい

Chiropractic treatment for fibromyalgia: A systematic review
Clinical Rheumatology, 06/26/09
・線維性筋痛へのカイロプラクティックケアのランダム化臨床トライアルのシステミック・レビュー
・6つの電子文献
・2名のレビューアー
・クライテリア3つ合致のみ
・方法論がプア
・有効性を支持するエビデンスは見いだせず


Chiropractic management of fibromyalgia syndrome: a systematic review of the literature.
J Manipulative Physiol Ther. 2009 Jan;32(1):25-40.
Manual, Alternative, and Natural Therapy Index System and Index to Chiropractic Literatureのデータベースレビューで38の文献、それにはカイロプラクティック、鍼、栄養・ハーブサプリメント、マッサージなどを検討。

強いエビデンス:好気的運動や認知行動療法
中等度エビデンス:マッサージ、筋肉強化トレーニング、鍼、温泉治療(balneotherapy)

エビデンスに乏しいのはspinal manipulation、movement/body awareness、ビタミン、ハーブ、食事変容である。

by internalmedicine | 2009-06-27 09:56 | 運動系