2009年 07月 03日 ( 5 )

 

地中海ダイエットの成分毎比較:アルコールを適度に、肉を少なく、野菜を多く・・・の順

地中海ダイエットの本体って何?

その成分の重み付けの検討がなされた・・・アルコールを適度に、肉を少なく、野菜を多く・・・の順
他、果物・ナッツ類、単価脂肪酸/飽和脂肪酸比、豆類・・・と続く
意外なのは、魚介類・シーフーズ・・・有意ではないが死亡率増加・・・有機水銀などの問題がまたクローズアップされるかもしれない。

Anatomy of health effects of Mediterranean diet: Greek EPIC prospective cohort study
BMJ 2009;338:b2337
European Prospective Investigation into Cancer and nutrition (EPIC)のギリシャ部分の検討

平均8.5年フォローアップにて全原因死亡652で、地中海ダイエットスコア0-4 12694名、5以上 10644名
寄与因子補正にて、地中海ダイエットadherance高値は総死亡の統計学区的有意な減少と関連する(補正死亡率/スコア2単位増加毎 0.864、95%信頼区間 0.802-0.932)
地中海ダイエットの個々コンポーネント寄与は軽度エタノール消費 23.5%、肉・肉製品摂食の少なさ 16.6%、野菜摂食の多さ 16.2%、果物・ナッツの摂食の多さ 11.2%、単価脂肪酸/飽和脂肪酸比率高値 10.6%、マメ科植物摂食 9.7%
穀類高摂食、低乳製品摂食は最小
魚・シーフーズ摂食は死亡率に非有意な増加と関連



表. Mutually adjusted mortality ratios associated with intake of components of Mediterranean diet

by internalmedicine | 2009-07-03 11:42 | 動脈硬化/循環器  

急性腹痛の画像診断:腹部超音波→CTが合理的 ・・・でも 緊急性みのがし6%

こういう報告をみるとすくなくとも救急の場では、日本はCT撮りすぎだと言えないのでは?

それから、司法の者に告ぐ!・・・まともな診療戦略でも”緊急事態をみのがす確率は6%は存在するということを!

Imaging strategies for detection of urgent conditions in patients with acute abdominal pain: diagnostic accuracy study
BMJ 2009;338:b2431
1021名の2時間超~5日間の非外傷性腹痛
医師治療中・妊娠中・出血性ショック治療監視下とされ画像診断無しのEDからの他院を除く症例

単純レントゲン(立位胸部、臥位腹部)、超音波、CTを臨床所見、検査室検査後施行
熟練医師委員が6ヶ月後最終診断、緊急性の有無を分類


緊急と最終診断されたのは661 (65%)名
初期臨床診断は多くの疑陽性“緊急性有り診断”が生じていた。
超音波、CT後その疑陽性を減少させた
超音波より、CTによって、“より緊急性有り”診断が検知された。
CTは感度89%(95% 信頼区間 87% ~ 92%)
超音波は感度 70% (67% ~ 74%) (P<0.001)

超音波所見なしあるいは結論づけできずと判断後のCTという条件付け戦略はより感度増加させ、”緊急性あり”みのがしわずか6%であった。
この戦略にて、CT施行されたのは49%(46%~52%)の患者となった。
BMIや年齢、腹痛指標による代替的戦略は大量の感度減少をもたらすこととなるだろう。

by internalmedicine | 2009-07-03 10:03 | 消化器  

メタアナリシス:スタチン一次予防治療のエビデンス

一般の人や不勉強かつ製薬会社や御用学者の言い分言いなりな医家には意外かもしれないが、スタチンの一次予防に関して、製薬メーカーなどが喧伝している事象と、エビデンスに乖離があった。

臨床家にとって、スタチン一時使用に対して、自信となるエビデンスが加わった。

既知事項として、ス
タチンは心血管疾患既往の患者に有効である(二次予防)が、一次予防に関しては不明であった。比較的低リスク対象者に対するスタチン使用に関して回答は不明瞭であった。さらにスタチンの有効性は、年齢、性別、糖尿病有無などのサブグループにおいて議論が必要であった。


今回の検討で、以下のことが判明した
スタチンは生存率を改善し、心血管疾患あきらかな既往のない対象者でも、主要心血管・脳血管イベントリスクを減少させうる。スタチン治療の有効性に関して、年齢、性、糖尿病の有無でその差は有意なものでない。
心血管リスクの高い人たちへのスタチン長期使用のベネフィットを否定すべきではない。


The benefits of statins in people without established cardiovascular disease but with cardiovascular risk factors: meta-analysis of randomised controlled trials
BMJ 2009;338:b2376
【目的】 スタチンが心血管疾患があきらかでないもので心血管リスク要因のある対象者に対して全原因死亡率や主要冠動脈・脳血管イベントを減少させることができるか検討、男女とも同様の効果があるか、若年・老人(>65歳)でどうか、糖尿病患者でどうかの検討

【デザイン】 Meta-analysis of randomised trials.

【データ源】 Cochrane controlled trials register, Embase, and Medline.

【データ抽出】 2つの独立した調査者が、スタチンの臨床的効果の研究で、プラセボ・対照比較で、少なくとも1年フォローアップされたもので、心血管疾患のないひとが80%以上をしめ、死亡率・主要心血管疾患イベントのアウトカムデータのあるものを同定

Heterogeneity評価は Q と I2 statistics
出版バイアスは、 funnel plotsのvisual examination of funnel plotsと Egger regression test

【結果】 総数70,388名の10 trials、女性 23 681 (34%)、糖尿病 16 078 (23%)
平均フォローアップは4.1年
スタチン値リュは有意に全原因死亡率を減少 (オッズ比 0.88, 95% 信頼区間 0.81 ~ 0.96), 主要冠動脈イベント (0.70, 0.61 ~0.81)、主要脳血管イベント(0.81, 0.71 ~ 0.93)
癌リスク増加のエビデンスは報告されてない。
各臨床サブグループの治療効果の有意なheterogeneityはない

【結論】明確な心血管疾患の無い患者で心血管リスク要素のある場合、スタチン使用は、有意に生存率を改善し、 主要心血管リスク減少大幅にもたらす。



Odds ratios (95% confidence intervals) for all cause mortality, major coronary events, major cerebrovascular events, and incidence of cancer. (Mortality risk based on mean follow-up of 4.1 years, with data from nine trials, and 67 476 patients free of cardiovascular disease (no data available from HPS diabetic armw5). Risk of coronary events based on mean follow-up of 4.9 years, with data from eight trials, and 50 681 patients free of cardiovascular disease (no data available from ASPENw3 and JUPITERw1). Risk of cerebrovascular events based on mean follow-up of 4.1 years, with data from nine trials, and 67 476 patients free of cardiovascular disease (no data available from HPS diabetic arm). Risk of cancer based on mean follow-up of 3.9 years, with data from six trials, and 52 027 patients free of cardiovascular disease (no data available from HPS, ASCOT,w10 PROSPER,w6 and ASPEN). See footnote to table 1 for full titles of studies. *Measures of heterogeneity




Odds ratios (95% confidence intervals) for clinically defined subgroups of sex, age, and diabetes for end points of all cause mortality, major coronary events, major cerebrovascular events, and cancer. Subgroup data are obtained from AFCAPS,w8 PROSPER,w6 ASPEN,w3 MEGA,w2 and JUPITERw1, and for mortality and coronary events from ALLHAT-LLT.w7 We had complete mortality data from all six trials for sex; for age, no data from PROSPER on age<65; for diabetes, no data from ASPEN and AFCAPS on participants without diabetes, and no data from AFCAPS and JUPITER on participants with diabetes. For cardiovascular events, studies included in subgroup analysis were same as for mortality, except no data from AFCAPS for age groups. For cerebrovascular disease, no data from AFCAPS and ALLHAT for all subgroups; also no data from PROSPER on age <65, from ASPEN for participants without diabetes, and from JUPITER for participants with diabetes. For cancer no subgroup data were obtained from ALLHAT; also no data for age <65 from PROSPER, for participants without diabetes from AFCAPS and ASPEN, and for participants with diabetes from JUPITER and AFCAPS. See footnote to table 1 for full titles of studies

by internalmedicine | 2009-07-03 09:43 | 動脈硬化/循環器  

dronedarone:FDA心房細動・心房粗動承認だが・・・

US Food and Drug Administration (FDA)はdronedarone(Multaq, Sanofi-Aventis) を心房細動・心房粗動による心血管疾患入院リスク減少のために承認

この決定はCardiovascular and Renal Drug Advisory Panelという委員会推奨からのもので、10:3で承認産生とされたもの

Dronedaroneはamiodaroneより安全性の高い代替薬として想定された薬剤。助言委員会推奨とFDA承認は主にATHENA研究の結果によるもの

dronedaroneは、プラセボ比較で、24%の全原因死亡・心血管入院を減少させた。

Sanofi-Aventisにとって良いニュースであり、収縮期性心不全患者への承認に失敗した経緯があるからである。重症の心不全や直近のdecompensation歴を有するNYHA2-3では禁忌とした


ANDROMEDA trialでは、dronedarone薬剤治療にて死亡率2倍という報告がheartwireからも報告されている。


参考:
ATHENA:リスクある心房細動へのdronedaroneの効果  2009-02-12
Multaq®(一般名:dronedarone):ERATO study:持続性心房細動の心拍コントロール  2008-09-04

by internalmedicine | 2009-07-03 09:12 | 動脈硬化/循環器  

COPD患者への非支持上肢運動トレーニングの効果

最近の呼吸リハビリテーション(PR)ガイドラインアでは、COPD患者において、上肢運動トレーニングを推奨している。理論的サポートとして、呼吸補助筋活動性の理解の上に成り立っている。
いまだに、研究方法論の上で結論が出ていなかった。
Chronic Obstructive Pulmonary Disease (UEET-COPD):NCT00825032



Effects of Unsupported Upper Extremity Exercise Training in Patients With COPD. A Randomized Clinical Trial
Published online before print June 2009, doi: 10.1378/chest.09-0165

三週間の院内患者Prで、unsupported UEET+PR(介入群) vs PR単独(対照群)の比較
6分間ring test(6MRT)の変化をプライマリアウトカムとする

50名のCOPD患者をランダムに割り付け、研究終了時、6MRTとADLは有意に介入群で改善p = 0.018 と p = 0.010) 、疲労自覚減少(p ≤ 0.006)

6ヶ月フォローアップ時、6MRT(p = 0.001) 、LCADL(p = 0.039) は有意差維持



聞き慣れないことば・・・6-MRTについて・・・
http://dlibrary.acu.edu.au/digitaltheses/public/adt-acuvp159.05062008/02whole.pdf
”The distance run in six minutes(6MRD) was measured to the nearest 10-metre plastic cone.”


"supported"と"unsupported"について・・・

COPD患者への非支持上肢運動トレーニングの効果_a0007242_8164874.jpg


肩伸展
肩伸展運動とともに、肘の屈曲・進展
それぞれの肘の屈曲・伸展
水平外転・内転
肩の円形運動


Supported arm exercise vs unsupported arm exercise in the rehabilitation of patients with severe chronic airflow obstruction.
10.1378/chest.103.5.1397 CHEST May 1993 vol. 103 no. 5 1397-1402

by internalmedicine | 2009-07-03 08:17 | 呼吸器系