2009年 07月 08日 ( 6 )

 

後発品を使えという厚労省の脅迫!

後発品を使え!という脅迫!

後発医薬品の使用促進を図るため、平成20年度診療報酬改定において、処方せん様式を変更したほか、「保険医療機関及び保険医療養担当規則」(昭和32年厚生省令第15号)、「保険薬局及び保険薬剤師療養担当規則」(昭和32年厚生省令第16号)等(以下「療養担当規則等」という。)を改正し、保険医については、投薬や注射を行うに当たっては、後発医薬品の使用を考慮するよう努めなければならない旨規定するとともに、保険薬剤師については、処方せんを発行した保険医等が後発医薬品への変更を認めているときは、患者に対して、後発医薬品に関する説明を適切に行わなければならず、この場合においては、保険薬剤師は、後発医薬品を調剤するよう努めなければならない旨規定したところである。
しかしながら、中央社会保険医療協議会診療報酬改定結果検証部会が平成20年度に実施した「後発医薬品の使用状況調査」では、一部に、後発医薬品を使用しないとの強い意思を表示している保険医療機関・保険医や、後発医薬品に関する患者への説明及び調剤に積極的でない保険薬局が見受けられたところである。
このような調査結果を踏まえ、平成21年度に実施する後発医薬品の使用促進策(別紙)の一環として、各地方厚生(支)局において実施される保険医療機関及び保険薬局に対する適時調査や集団指導等の際に、療養担当規則等における後発医薬品の使用促進に係る規定(以下「後発医薬品使用促進規定」という。)の周知徹底を図るとともに、遵守状況の確認及び必要な場合には指導(以下「周知徹底等」という。)をお願いする。


後発医薬品に係る保険医療機関及び保険薬局に対する周知徹底等について
http://www.mhlw.go.jp/houdou/2009/07/h0702-3.html

1 周知徹底等の趣旨目的
後発医薬品の使用推進を図るため、保険医療機関等に対して「保険医療機関及び保険医療養担当規則」等に後発医薬品使用推進規則を設けた趣旨について、十分に説明を行うことを依頼するものです。

2 周知徹底等の実施方法
保険医療機関及び保険薬局に対する適時調査並びに集団指導、集団的個別指導及び個別指導(新規指定保険医療機関等に対する個別指導を含む。)の際に実施します。遵守状況の確認は、適時調査及び個別指導の際に、保険医又は保険薬剤師より後発医薬品の使用状況を聴取するなどして行います。



国策なので逆らえない! ・・・ が、非常に疑問

・うちではワーファリンの後発品を使っているが、エーザイさんはあいもかわらず、情報提供してくれている。おかしな現象であり、やはり、後発メーカーといえど、情報提供すべきではないか!
本来なされるべき情報提供分のコストが、後発メーカーの懐に入っているのだろう。

・フォイパンの後発品が出荷終了となった。メーカーの都合で簡単に製造中止する。不安定な状況。

ジェネリック薬品の問題点も放送せよ!  2005-01-27で、指摘した問題点は、やはり予想通りとなっている。


経団連主導・財務厚労省主導の後発品強制の有害作用・・・そのまま放置するつもりなのか!


使用者の不安を払拭しないまま、ごり押しするバカ役人ども!


後発医薬品の使用状況調査 結果概要(速報)(www.mhlw.go.jp/shingi/2007/11/dl/s1107-3a.pdf)には、医療の現場からの不満や不安が書かれているのだが・・・それを無視するバカ役人どもの厚顔無恥ぶり

by internalmedicine | 2009-07-08 17:55 | くそ役人  

レビュー:膝変形性関節症の手術オプション

Review:Surgical options for patients with osteoarthritis of the knee
Nature Reviews Rheumatology 5, 309-316 (June 2009) | doi:10.1038/nrrheum.2009.88
変形性膝関節症は非手術的治療法を考慮すべきで、不応なときに考慮すべき
関節鏡的lavageやデブリメントはルーチン治療に用いるべきでない。選択された患者のみ有益
骨髄刺激法はエビデンス不明
骨切り術は、若年者など、活動性のため、形成術が不適な場合適応
重症膝OAにおいて、総膝関節形成は安全で、コスト効果的な治療方法だが、相対的リスク・ベネフィットは考慮すべき
内側あるいは、膝蓋骨・大腿骨OA単独のみの時、膝関節形成・膝蓋骨・大腿骨置換のオプション

by internalmedicine | 2009-07-08 14:54 | 運動系  

レスポンシブな政治の不幸な結末:高知医療センターPFI問題

レスポンシブな政治の・・・不幸な結末の一つ

高知医療センター:PFI解消協議へ オリックス副社長、県・高知市を訪問 /高知
毎日新聞 2009年7月7日 地方版(ウェブ魚拓


高知以外に、近江八幡市PFI病院でも深刻な問題となっている。

第二のコムスン問題となるか? PFI関係贈収賄事件 2007-09-17
政商:オリックス・宮内 2009-01-08


自民党は、民主の党首批判を繰り広げているようだが、自らの悪政について、自己反省しないのだろうか?

経団連主導型政治・ポピュリズム政治に対する総括が先・・・と、一般愚民は思う


もうひとりの当事者である、橋本元県知事も立候補するとの噂があるらしいが・・・政治家というのは・・・恥知らずばかりなのだろうか?


「空気のように漂う世論に、誰よりも早く反応する競争・・・構造改革が大切だという空気で・・・構造改革論を振り回して選挙民こびる。規制緩和が日本経済を救うという空気が蔓延すれば、規制緩和を唱える二流の経済学者を連れてきて、日本をリセットしようと言わせる」
と今日の産経新聞一面評論

レスポンシブな政治の不幸な結末:高知医療センターPFI問題_a0007242_11102218.jpg


”経団連支配政治”についてはさすがに批判できないようだが(笑)、産経新聞でさえ、まるでポピュリズムでさらにごまかそうとする自民党にあきれ果てているようだ。

文中に、「浅はかな医療民営化を唱えて日本医師会と対立し」と書かれている。日本医師会は、2004年に“三師会と申し上げました歯科医師会、薬剤師会も含めて政府・自民党を応援してまいりましたが、場合によってはそれをやめざるを得ないという覚悟もしております”と医師会を含め三師会が公的に自民の悪政に対し非難表明している(http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/sangiin/154/0062/15407160062019a.html)。郵政選挙後さらに攻勢を強め、医療崩壊を加速させた。

国民一般が医療崩壊に気づきはじめたのは、福島(2004年の死亡事案)、・奈良(2007年)の産婦人科問題と後期高齢者医療制度(2006年公布、2008年施行)、障害者自立支援法問題(2005年可決、2006年施行)、“たらい回し”というメディアの悪意による応需困難事例報告の頻発などからだろう。

メディアは、PFIなどの民間資本参入が全ての解決法であるかのごとく報道し、背後の政治介入、金銭の流れ、汚職など覆い被していた。”民間活力”・・・という名の美名にて、医療・福祉への守銭奴たちの植民地化・・・された。



この期に及んでも、真犯人である経団連を口にしない・・・メディアばかり


どこか言えばいいのに、トヨタ・奥田さん、キヤノン・御手洗さん、東芝・西室さん、オリックス・政商さん・・・あんたたちやり過ぎたんだよ って

by internalmedicine | 2009-07-08 11:06 | 医療一般  

心エコー所見とSNPsの関連研究

力業で、心エコー所見とSNPsの関連調査

大動脈基部径が浮かび上がってるのだが?・・・マルファンもどき?、それともRAS関連(ACE阻害剤のマルファン症候群における大血管stiffnessと大動脈起始部への影響)?


5つの住民ベースのコホート、EchoGenコンソーシアム(stage 1; n = 12 612 ヨーロッパ系; 55% 女性, 年齢26-95 歳; 調査機関1978-2008)
約 250万のSNPs と心エコー特性

Stage Iにて、16の遺伝子ローカスが5つのエコー特性と関連
1つは、左室内径と収縮機能障害
3つは、左室容積と壁肥厚
8つは大動脈基部サイズ

StageIIにて、5つのローカス
左室拡張径と6q22、1%未満の説明変数
大動脈基部サイズと5q23、12p12、 12q14と 17p13 :特性の<3%の説明変数


Genetic Variants Associated With Cardiac Structure and Function: A
Meta-analysis and Replication of Genome-wide Association Data
JAMA 2009;302 168-178
http://jama.ama-assn.org/cgi/content/abstract/302/2/168?etoc


住民ベースの研究じゃ、心筋疾患はなかなか浮かび上がらないようだ

by internalmedicine | 2009-07-08 10:36 | 動脈硬化/循環器  

システマティックレビュー&メタアナリシス:アディポネクチンと2型糖尿病発症リスク

アディポネクチン値とその後の2型糖尿病が用量依存的関係にあるとしても、そのcausal effectは未だ不明。
"whether this apparent parallelism between low plasma adiponectin levels
and insulin resistance represents a cause and effect relationship was not known "(Endocrine Reviews 26 (3): 439-451
とされながら、”メタボ検診の精神的支柱”・”ご本尊”と、もちあげられ(でっち上げられ)たアディポネクチン


前向き研究のシステマティック・レビュー&メタアナリシス

Adiponectin Levels and Risk of Type 2 Diabetes
A Systematic Review and Meta-analysis
Shanshan Li, MD, MSc; J Joon Shin, MD, MPH, MS; Eric L. Ding, ScD; Rob M. van Dam, PhD
JAMA. 2009;302(2):179-188.


13の前向き研究、14598名参加、結果的に2623名の2型糖尿病発症のメタアナリシスにおいて、高アディポネクチンは単調に2型糖尿病リスク低下と相関。
2型糖尿病相対リスクは、0.72(95%信頼区間, 0.57-0.78)/アディポネクチン 1-log μg/mL増加毎

この逆相関関係は、白人、東アジア、アジア系インディアン、アフリカ系アメリカン人、アメリカ原住民を通して一致。アディポネクチン分析、糖尿病確認方法、フォローアップ機関、女性比率などにかかわらず一致。
アディポネクチン1-log μg/mL増加毎の推定絶対リスク差(1000人年症例)は、老人アメリカ人で3.9、IGTを有するアメリカ人で30.8


原因結果関係、causal link などがこれではっきりしたと誤解されては大問題!

RPは虚血性血管疾患の原因ではない:mendelian randomization法による解析2008-10-30等に準じた"causal link”解析が必要だろう。

CRPは単にたんなる反応の良い“by-stander”に過ぎない可能性が大だろう。だって、直接作用としては、“肝臓のAMPKを活性化させることによるインスリン感受性の亢進”なのだから・・・


アディポネクチンを主体にしたメタボ啓蒙運動には無理がありすぎるのだ・・・


Medpage(http://www.medpagetoday.com/Nephrology/Diabetes/14995)の記載:
"Currently, adiponectin is among the strongest and most consistent biochemical predictors of type 2 diabetes," the authors concluded.

However, they noted that epidemiological studies cannot establish causality or exclude the possibility that adiponectin is a surrogate marker.
・・・妥当なコメントだろう。2型糖尿病発症リスク予想には役立つが、疫学的研究であり、原因結果関係に関しては何も言えない。

by internalmedicine | 2009-07-08 09:06 | 動脈硬化/循環器  

椎間板ヘルニア坐骨神経痛:顕微鏡下低侵襲手術が必ずしも良いとは限らない?

筒型開創器(チュブラーレトラクターtubular retractor)を利用した顕微鏡下手術、Sciatica Micro-Endoscopic Diskectomyがマスコミなどでも流されている。内視鏡手術でも、様々なremoverや微細顕微鏡レーザー使用など様々な派生手技があるようなので、一括して言えない部分があるのかもしれない。

しかし、メディアで喧伝されているこの手技良いことばかりではなさそうだ・・・と、知る必要は一般の人もあるだろう。

今回検討のは“ガイドワイヤーと dilators (METRx, Medtronic, Minneapolis, Minnesota) にて広げtubular retractoをmicroscopic magnification下に施行する方法”



http://jama.ama-assn.org/cgi/content/full/302/2/149/JOC90059F1

動画:
http://jama.ama-assn.org/cgi/content/full/302/2/149/DC1






低侵襲tubular diskectomyは、通常のmicrodiskectomyに比べ、術後疼痛が少なく、回復も早いと考えられるが、それを支持するデータは少なかった。

Artsらはランダムに腰椎椎間板ヘルニアによる座骨神経痛に対し、tubular diskectomyとmicrodiskectomyを割り付け、手術後数年での機能disabilityに対する改善に有意差がなかった事を報告した。1年後、tubular diskectomyの方がより下肢機能・腰痛改善が悪く、自覚的改善率も悪いことが示された。

Tubular Diskectomy vs Conventional Microdiskectomy for Sciatica
A Randomized Controlled Trial

Mark P. Arts, MD; Ronald Brand, PhD; M. Elske van den Akker, PhD; Bart W. Koes, PhD; Ronald H. M. A. Bartels, MD, PhD; Wilco C. Peul, MD, PhD; for the Leiden-The Hague Spine Intervention Prognostic Study Group (SIPS)

JAMA. 2009;302(2):149-158.



蛇足だが・・・
坐骨神経痛へのTubular Diskectomy、別にはdiscectomyと書かれてるのもあるようだ。
Tubular Diskectomy の検索結果 約 4,390 件中 1 - 10 件目 (0.27 秒)
Tubular discectomy の検索結果 約 6,720 件
・・・とあるが、pubmedのMeSHでは、Diskectomyで、”discectomy”は誤植だろう

by internalmedicine | 2009-07-08 08:40 | 運動系