2009年 07月 27日 ( 3 )

 

病巣同側縦隔リンパ節転移の病期III 非小細胞肺癌治療:化学療法+放射線療法±手術切除

Radiation Therapy Oncology Group(NCT00002550)のトライアル


Radiotherapy plus chemotherapy with or without surgical resection for stage III non-small-cell lung cancer: a phase III randomised controlled trial
The Lancet, Early Online Publication, 27 July 2009
doi:10.1016/S0140-6736(09)60737-6


【背景】stage IIIAのNSCLC・同側縦隔リンパ節転移(N2)症例で、同時性化学療法・放射線療法後の切除の実行可能性について、生存率の可能性が示された。故に、pIIIトライアルにて、手術後の同時化学療法+放射線療法と、切除無しの標準化学療法+放射線療法を比較。

【方法】 T1-3pN2M0 NSCLC患者をランダムに1:1で割り付け
・ concurrent induction chemotherapy ( 2サイクルのcisplatin [50 mg/m2 on days 1, 8, 29, and 36] + etoposide [50 mg/m2 on days 1—5 and 29—33]) + radiotherapy (45 Gy))
もし、進行がなければ、1群は切除、2群は化学療法を繰り返し61Gyまで中断無く行う
2つのcisplatin+etoposideサイクルを両群で追加

プライマリエンドポイントは包括的生存率(OS)で、ITT解析

【結論】1群:202名の患者(年齢中央値 59歳、レンジ 31-77)、2群:194名(61 歳, 32—78)
OS中央値は、1群 23.6ヶ月(IQR 9.0-非達成)、2群22.2ヶ月(9.4-52.7ヶ月)(ハザード比 [HR] 0·87 [0·70—1·10]; p=0·24)

5年生存数は、1群37 (point estimate 27%) 、2群24(point estimate 20%) (オッズ比 0·63 [0·36—1·10]; p=0·10).

開胸時N0の状態にて、OS中央値は33.4ヶ月 (5年生存:IQR 15·7—非到達; 19 [point estimate 41%] )
進行無し生存:Progression-free survival (PFS)は、1群12·8 ヶ月 (5·3—42·2) vs 、2群 10·5 ヶ月 (4·8—20·6)、 HR 0·77 [0·62—0·96]; p=0·017)
5年時点進行無し生存数 32 (point estimate 22%) versus 13 (point estimate 11%)

好中球減少と食道炎が主要グレード3、4の化学療法・放射線療法毒性で、1群 77 [38%] と20 [10%])、2群 80 [41%] and 44 [23%]。

死亡 1群 16 (8%)  versus 2群 4 (2%)

調査解析にて、OSは、化学療法+放射線療法比較で・・・肺葉切除で改善するが、肺全摘出術では改善しなかった。
化学療法+放射線療法±切除(肺葉切除が望ましい)はIIIA(N2)・NSCLCの治療オプションである。



”Multimodality therapy ”が好ましいとされていたが、ランダムトライアルデータが不足していると、ガイドラインにも書かれていた。
 ↓
Treatment of Non-small Cell Lung Cancer-Stage IIIA*
ACCP Evidence-Based Clinical Practice Guidelines (2nd Edition)
http://www.chestjournal.org/content/132/3_suppl/243S.full

by internalmedicine | 2009-07-27 14:52 | がん  

FDA 電子たばこ使用に関して、医療従事者・使用者に注意を警告

電子たばこに関して、FDAは医療関係者・患者に注意を喚起
http://www.fda.gov/Safety/MedWatch/SafetyInformation/SafetyAlertsforHumanMedicalProducts/ucm173327.htm

電子たばこには「不凍用添加物 ジエチレングリコール」が含まれ、発がん性、毒性を示す。


FDAの化学分析部門で、2つのリーディングブランドのサンプルを分析し、ジエチレングリコール、ニトロサミン類を含む発がん物質も検知した。
これらの商品は、毒性検討がほとんどなされて無く、ニコチン含有や他の化学物質がどの程度ふくまれているか不明。

医療従事者や消費者は多くの副事象報告(副作用)がある


FDAの電子たばこサイト(http://www.fda.gov/NewsEvents/PublicHealthFocus/ucm172906.htm


”電子たばこ”を有害性の説明無くメディアで扱って良いのか? 2008-12-08であつかったが、厚労省はこの件に関して全く、アクションを起こしてない!それどころか、省内の一部で、この有様!
 ↓

厚生労働省記者クラブで、電子たばこを楽しむ女性記者=厚生労働省(※写真は産経ブース内。公共の禁煙場所での電子たばこの使用は、控えた方が良い)
http://sankei.jp.msn.com/life/trend/090718/trd0907181800012-n1.htm
魚拓

厚労省って、国民の健康なんてどうでもよい様で、そのお仲間の記者たちの頭も、流行り物に簡単にとびつくお馬鹿さんたちの集まりのようだ。医者の中にも、”有害性が明らかでない”ので容認どころか推奨するという連中もいて、なんだかなぁ・・・と、かれらは、このFDAの警告をどのように患者に伝えるのだろう?

いづれにせよ、厚労省は、積極的にこの禁煙器具の有害性に関する啓発活動すべきで、なれ合いの記者クラブ面々もその広報をすべき!

by internalmedicine | 2009-07-27 09:01 | 喫煙禁煙  

NHKのミスリード:肥満研究をメタボ研究と言い換え・・

“"肥満の免疫学 The immunology of obesity" Nature Medicine, 2009年07月27日”の日本人論文からだと思うが、NHKが朝から“メタボリックシンドローム”の原因判明とうるさい・・・肥満研究をメタボ研究と言い変えると、日本では都合がよいようだ・・・研究費工面の問題だろうが・・・この都合でふりまわされる一般の我々には迷惑な報道

国際的にも存在が疑問視される傾向にある”メタボ”がなんで、一流ジャーナルにacceptされるか不思議だったが案の定、NHKの誤報
 ↓
NHK 7月27日 6時20分
内臓のまわりに脂肪がたまる、いわゆるメタボリックシンドロームの人に起きやすい血糖値の異常に、本来は体を守る働きをしている免疫の細胞が関係していることを、東京大学の研究グループがマウスを使った実験で明らかにしました。



”Nature medicine”(http://www.natureasia.com/japan/highlights/details.php?id=408)には
肥満患者の脂肪組織に起こった慢性の軽度の炎症が糖尿病の発症を促進するしくみの説明になりそうな報告がいくつか寄せられている。
と書かれているのである。

おそらく、著者のサイト”http://www.invivoimaging.net/”をみると、メタボリックシンドロームとして記載しているので、取材先での情報でこのように流したのだろう。そういう面で、今回はNHKに悪意はないのだろうが・・・どさくさまぎれにメタボを入れ込むとは・・・さすが東大の先生・・・自己アピールに余念がない・・・だが、臨床的な”メタボリックシンドローム”に関する知識に乏しいのでは?

NHKだが、関西のNHKのニュースで、家庭医専門医試験に関して、”一般医家を侮蔑する報道をした”と聞いている。”奇跡の詩人問題”で、すると約束した総括が、未だなされていない。トンでも放送局なのである。

昔のNHKはカウンターパートの意見を必ず加えるなど、慎重な態度があったが、今のNHKはあまりに、浅はかすぎる・・・


ほんと、マスコミって、”メタボ”好きで、発表者以外の情報の確認をしない・・・東大だから信用できるとでも思ってるのだろうか?
<メタボ>原因の仕組み解明 免疫細胞が炎症誘発 東大
 メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の原因となる内臓脂肪の炎症が起きる仕組みを、永井良三・東京大大学院医学系研究科教授らが、マウス実験で突き止めた。免疫細胞の一つ、Tリンパ球が炎症の引き金になっていた。メタボリックシンドロームの治療薬開発につながる成果という。26日付の米専門誌「ネイチャーメディスン」(電子版)に掲載される。(毎日新聞)

by internalmedicine | 2009-07-27 08:28 | メディア問題