2010年 04月 07日 ( 1 )

 

腰部脊柱管狭窄症手術の推移



Trends, Major Medical Complications, and Charges Associated With Surgery for Lumbar Spinal Stenosis in Older Adults
Richard A. Deyo, MD, MPH; Sohail K. Mirza, MD, MPH; Brook I. Martin, MPH; William Kreuter, MPA; David C. Goodman, MD, MS; Jeffrey G. Jarvik, MD, MPH
JAMA. 2010;303(13):1259-1265.


腰部脊柱管狭窄症


除圧術のみ
・decompression alone

固定術
・simple fusion (1 or 2 disk levels, single surgical approach)
・complex fusion (more than 2 disk levels or combined anterior and posterior approach).


・complex fusion procedures:増加
・simple fusion procedures:減少


”fusion procedures”は重大合併症、30日死亡率、医療資源使用増加と関連


近年、脊柱管狭窄症を有する老人への腰椎手術が急速に発展している。選択患者で、下夏術により非手術患者にないadvantageを与えることが明らかとなったが、手術は侵襲的である。合併症が老人では多く、ベネフィット・リスクは常に比重化して選択すべきである。



固定術の話は、すべり症の有無と関連すると思うのだが・・・専門外なのでよくわからない

by internalmedicine | 2010-04-07 08:59