2010年 04月 16日 ( 4 )

 

ARB+CCB+HCTZ

Role of valsartan, amlodipine and hydrochlorothiazide fixed combination in blood pressure control: an update
Vascular Health and Risk Management, 04/15/10

中等・重症高血圧治療には多剤併用が必要とされる。

2剤併用は多くRAS関連薬剤である、ベータ遮断剤・ACE阻害剤・ARB・直接レニン阻害剤

レニンと無縁の高血圧対策として、diuretic, dihydropyridine or non-dihydropyridine calcium channel blocker)
この2つの組み合わせが用いられることが多い。

これらを考慮し、RAS拮抗剤とCCBの組み合わせにHCTZを組み合わせることがなされている。

3剤併用に利尿剤を加えることは、効果と安価のためであり、他の降圧剤の効果を増強し、塩分感受性患者には特異的治療ということになる。

amlodipine, valsartan and hydrochlorothiazide の組み合わせは、2剤併用より優秀ということが示されていて、単一化にて治療を単純化できるだろう・・・

by internalmedicine | 2010-04-16 12:18 | 動脈硬化/循環器  

降圧剤にスタチン付加は、降圧どころか・・・?

降圧剤高血圧治療患者にスタチンを追加してもさらなる降圧効果は得られない。

当たり前だが、スタチンのpleiotropic効果に、わずか1mmHgの降圧効果ではあるが、その可能性が提案されたことがあるらしい(Lancet 2003;361:1149-58

HCTZ 25mg/dもしくはfosinopril 20mg/d 治療患者に、 バスタチン 40m/dとプラセボの追加ランダム化トライアルで、平均 2.6年の観察期間による外来・持続血圧比較


Statins, antihypertensive treatment, and blood pressure control in clinic and over 24 hours: evidence from PHYLLIS randomised double blind trial
BMJ 2010;340:c1197, doi: 10.1136/bmj.c1197 (Published 25 March 2010)




ぷらバスタチンは若干プラセボより悪化?・・・治療期間中、1.9 mmHgを超過はしてないが、HCTZ、fosinoprilいづれの単剤治療でも同様

結論より、気になる結果をもたらしているのだが・・・・スタチンは長期的に見れば血圧増加に加担?

by internalmedicine | 2010-04-16 11:15 | 動脈硬化/循環器  

クリニック血圧との関連で見た診断・治療のための持続血圧目標値

Geoffrey Headらの前向きコホート

日中の持続血圧測定値の閾値はクリニックでの値より若干低く、医師測定の血圧は、訓練されたスタッフより若干高い。
故に、現在の血圧測定閾値は不適切なものとなっているのではないかと・・・

Definition of ambulatory blood pressure targets for diagnosis and treatment of hypertension in relation to clinic blood pressure: prospective cohort study
BMJ 2010;340:c1104, doi: 10.1136/bmj.c1104 (Published 14 April 2010)

【背景】 24時間持続血圧閾値は、軽症高血圧診断の定義に用いられているが、治療目的には用いられず、また、中等症・重症高血圧診断時の他の血圧閾値には用いられない。
高血圧診断・治療の診療所血圧閾値に相当する、適切な年齢・性別関連持続血圧閾値を導く目的

【方法】オーストラリアの11のセンターからの、 24時間ABPデータで、信頼できるデバイスを用いたもの (n=8575)
これらの測定値と熟練スタッフとそれより少ない医師コホートにおけるクリニックの血圧測定値の相関評価のため最小2乗regressionを用いた(n=1693)

【結果】 患者の平均年齢は56(SD 15)歳、平均BMI 28.9(5.5)、平均クリニック収縮期/拡張期血圧 142/82 mmHg(19/12); 4626(54%)は女性
熟練スタッフによる平均クリニック測定値は、昼間ABPより6/3 mmHg高く、24時間ABPより10/5 mmHg高い。クリニックでの医師測定より9/7 mm Hg高い
熟練スタッフクリニック測定値からの昼間ABPは、高血圧下限値である、140/90 mm Hgという閾値より 4/3 mm Hg低い
そして、関連疾患合併のある患者の上限値130/80 mmHg閾値より 2/2 mmHg低く、125/75 mmHg閾値より1/2 mmHg低い

相当値は、女性で 1/2 mm Hg低く、老人では 3/1 mmHg低い


横:クリニック収縮期血圧、クリニック拡張時血圧
縦:24時間、昼、夜持続血圧測定値

波線:least squares linear regression (LSR) linear regression
実線:ordinary least product (OLP) linear regression

【結論】 研究では、昼間の血圧閾値は、クリニックの測定値より若干低い
医師により行われたクリニック血圧測定は、熟練スタッフにより行われた推定は不適切で、故に持続血圧閾値は不適切と考えられる。
これらの結果は、持続血圧値を用いた診断・マネージメントのフレームワークに寄与する。

by internalmedicine | 2010-04-16 10:21 | 動脈硬化/循環器  

日本、医療の満足度15% 22カ国で最低レベル

医療関係者にとって、とてもショッキングな話題

オンライン調査であり、科学性はない。

だが、日本は高コストのわりに、患者満足度最低ということは重大。ロイターは、この非効率性は、高度高齢化による高医療コストとしているようだ。

オンライン調査故、若年者にその対象が偏っていると思う。また、これは、アメリカの医療満足度調査の一環であり、日本の調査はその一環で行われており、メディアの調査によくある、論調に沿った調査という疑いも・・・

これを科学的根拠として、財務省などのアホ役人や御用役人やその偏った知識で浅知恵政策を行おうとする政治家がでないことを願う。

それにしても、”もし コストと満足度が比例してないのなら”・・・現状はやはり改善すべきだと思う。
その前に、真に科学的な調査がなされることが大事だろう。

日本、医療の満足度15% 22カ国で最低レベル
http://www.47news.jp/CN/201004/CN2010041501000688.html
 【ワシントン共同】日米中など先進、新興22カ国を対象にした医療制度に関する満足度調査で、手ごろで良質な医療を受けられると答えた日本人は15%にとどまり、22カ国中最低レベルであることが15日分かった。ロイター通信が報じた。

 ロイターは、日本は国民皆保険制度があり、長寿社会を誇っているとしつつも「高齢者の医療保険の財源確保で苦労している」と指摘した。

 自国の医療制度に満足している人の割合が高いのはスウェーデン(75%)とカナダ(約70%)で、英国では55%が「満足」と回答。韓国、ロシアなどの満足の割合は30%以下だった。

 国民皆保険制度が未導入で、オバマ大統領による医療保険制度改革の議論で国論が二分した米国は、回答者の51%が手ごろな医療を受けられると回答した。
2010/04/15 17:44 【共同通信】



原文
http://health.yahoo.com/news/reuters/us_usa_healthcare_poll.html
WASHINGTON (Reuters) - People living in countries with government-run healthcare systems like Sweden and Canada are far more confident than Americans that their families can get good, affordable care, according to a 22-nation survey released on Thursday.

The Ipsos/Reuters online poll found 75 percent of Swedes and nearly 70 percent of Canadians thought it would be fairly easy to get treatment if a relative became ill, compared to just 51 percent of Americans.

Conducted while the U.S. Congress fought over sweeping changes to expand access to health insurance, the November 2009 to January 2010 survey found Americans were divided over their access to healthcare. The U.S. health reforms became law last month.

"Even at this very divisive time, half of the (U.S.) public was basically satisfied with their healthcare" said Darrell Bricker of Ipsos, a global survey-based market research company. "Americans are basically split on this."

The United States spends more than any other nation on healthcare -- roughly 16 percent of its economy -- but still has higher rates of infant mortality, diabetes and other illnesses than other rich countries.

Still, not all countries with a government hand in healthcare reported greater satisfaction, according to the poll, which surveyed more than 23,000 people worldwide.

Just 55 percent of residents in Britain, which has nationalized healthcare, expressed confidence while 45 percent of those in Germany thought it would be easy to access treatment.

In Japan, which provides universal medical care, just 15 percent said they thought a relative could easily get affordable, quality care. The Asian nation boasts a high life expectancy but is grappling with health costs as the elderly make up more than 40 percent of the population.

Other countries that ranked low in satisfaction included Hungary, Russia and South Korea -- all of which showed confidence in good care at less than 30 percent.

The survey also found that neighboring giants India and China had vastly different experiences, with 64 percent of Indians citing confidence, putting them fifth behind the Netherlands. In China, 34 percent said they thought they could get good care.

Across all countries, women, adults younger than 55, the poor and the less-educated reported lower satisfaction with their access to healthcare, the survey found.

Ipsos surveyed 23,351 adults in 22 nations that account for 75 percent of the world's gross domestic product.

Countries polled were: Argentina, Australia, Belgium, Brazil, Canada, China, Czech Republic, France, Germany, Britain, Hungary, India, Italy, Japan, Mexico, Netherlands, Poland, Russia, Spain, South Korea, Sweden and the United States.

Respondents were recruited and screened, then results were balanced to reflect the country's demographics, according to Ipsos. The margin of error is plus or minus 3.1 percent.

(Reporting by Susan Heavey; editing by Chris Wilson)





Ipsos S.A. (Euronext: IPS) is a global survey-based market research company headquartered in Paris, France. The company was founded in 1975 and has been publicly traded on the Paris Stock Exchange since 1 July 1999. Since 1990, the company has created or acquired more than 40 companies worldwide.
http://en.wikipedia.org/wiki/Ipsos


お客さんのニーズは天井知らず・・・他国の悲惨な状況など無視して狭い視野の日本

日曜当番でまじめそうな患者さんが一言
「日曜日に診療してないなんて日本くらいなのでは?」・・・と

こういう認識しかない日本に住む日本人の感想にもとづくアンケートなのだろう

by internalmedicine | 2010-04-16 07:56 | 医療一般