2010年 04月 30日 ( 5 )

 

マラリアによるARDS:ステロイド治療・免疫療法の可能性

マラリア感染はしばしば、マラリア関連ARDSを伴う。肺水腫や肺出血を特徴とする。だが、MA-ARDSに関してはいまだ理解が十分でなく、治療法が存在していなかった。

・・で、ステロイド治療が効果ある可能性がマウスモデルで報告

実験動物マラリア原虫:Plasmodium berghei


Immunopathology and Dexamethasone Therapy in a New Model for Malaria-associated Acute Respiratory Distress Syndrome
American Journal of Respiratory and Critical Care Medicine Vol 181. pp. 957-968, (2010)


C57BL/6 マウスをPlasmodium berghei NK65で感染し、MA-ARDS発症を、体重、組織、BALで評価。肺組織のサイトカイン・ケモカイン発現をRT-PCRで解析、白血球サブクラスをフローサイトメトリー分析で評価

このモデルでは、サイトカインやケモカインの肺での発現は、Plasmodium chabaudi ASによる感染マウスより高値であった。

このモデルでは、いくつかのサイトカインやケモカインは、Plasmodium chabaudi ASによる感染マウス(MA-ARDS原因とならない)より高値増加
CD8+Tリンパ球 除去により、pathogenicを示す
dexamethasoneはMA-ARDSをブロックし、合併症発症後でさえ効果があり、肺の白血球集積減少し、単球/マクロファージ誘引性ケモカインの発現を減少させる

by internalmedicine | 2010-04-30 17:12 | 感染症  

COPD Helplessness Index (CHI):無力感は予後に影響を及ぼす

無力感を訴えるCOPD患者の予後は悪い・・・家族への病状説明で、個人的臨床経験として、そのことを説明してきた。

COPD無力感指数とでも訳すのだろうか?・・・・COPD Helplessness Index (CHI)


The COPD Helplessness Index: A New Tool to Measure Factors Affecting Patient Self-Management
Chest April 2010 137:823-830; doi:10.1378/chest.09-0764


新しいCOPD無力スコア:COPD Helplessness Index (CHI) を1202名の患者に施行

横断的調査で、同時性評価を他の確立した心理・社会的スコア、COPD重症度と評価

CHIとCOPD急性増悪頻度を、2.1年中央値フォローアップで検討
急性増悪定義は、COPD関連入院とED受診

CHIは内的一致性 (Cronbach α = 0.75)
要素解析はCHIが単一の構成概念であることを示した。

GHI無力スコアが大きいほど、COPD重症度(BODE指数)は増加 (r = 0.34; P < .001)

CHIスコアが高いほどgeneric (Short Form-12, Physical Component Summary Score) にも、呼吸特異的 QOL(Airways Questionnaire 20) にも増加、うつ症状、不安も増加(all P < .001)

社会人口動態的、喫煙状況補正後、無力感は前向きにCOPD急性増悪頻度と相関(ハザード比ratio = 1.31; P < .001)
BOD指数補正後、無力感は、BODE指数が中央値以下の場合、COPD急性増悪の予後因子として残存 (hazard ratio = 1.35; P = .01)、BODE指数高い場合は、消失 (ハザード比 = 0.93; P = .34)

by internalmedicine | 2010-04-30 16:35 | 呼吸器系  

日本は長生き国家といえない!

すでに、承知のことだが、あらためて、書かれると・・・なぜなのか、考えてしまう。

Worldwide mortality in men and women aged 15—59 years from 1970 to 2010: a systematic analysis

doi:10.1016/S0140-6736(10)60517-XCite or Link Using DOI
The Lancet, Early Online Publication, 30 April 2010



成人の死亡は全世界で重大な優先事項であり、成人死亡の原因は主にMillennium Development Goals 5 および 6の重要な要素である。しかし、成人死亡率には政治的関心、リソース、モニタリング努力に乏しい。15-59歳の男女の世界的死亡率を推定したもの

187カ国、1970-2010年3889名の成人死亡率のデータベースを収集
生命登録データ、人口動態、死亡調査データ

時代とともに死亡率はかなり変化
2010年、男女の死亡リスクが最も少ないのは、アイスランド と キプロス

アイスランドでは、男性 1000名あたり 45q15は 65(不確定期間 51-59)
キプロスでは, 女性f 45q15は 38 (36—41)

逆に死亡率が最も高いのは、男性ではSwaziland (45q15  765 [692—845] / 1000)
女性では Zambia (606 [518—708] / 1000)

1970年~2010年の間に、sub-Saharan Africa 成人死亡率はかなり増加、HIVエピデミックによるもので旧ソ連に関しても増加している。


他の地域の傾向も、南東部の大きな国アジア諸国の死オブ率減少が見られ、南アジアでは特に女性の死亡が減少している


日本は長生き国家といえない!_a0007242_15255197.gif


日本はゼロ歳平均余命=平均寿命ではトップだが、成人の平均余命ではそうとはいえない
特に、男性の成績の悪さが目立つ・・・すなわち、自殺が主な原因

性・年齢(5歳階級)別にみた死因順位 -平成15年-
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/tokusyu/suicide04/13.html




1970年に、最小死亡リスクの国はヨーロッパと地中海諸国全部である。2010年までに、韓国、日本、オーストラリアはこのリストに加わることとなる。韓国女性は日本女性より死亡リスクが少なく(注目されるのは、日本人男性はどの10年区画でもトップテンに入らず、1970年では16番目、2010年では12番目)
女性に関しても、北ヨーロッパはランキング低下し、南ヨーロッパ・地中海諸国は改善している。




経営者本人の個人保証を要求する制度、連帯保証人制度、根保証制度など・・・失敗を許さない社会体制が問題・・・これは、銀行など金融機関側だけを利する制度であり、そのために多くの人が亡くなっている

それと、うつに対する診療報酬体系が存在しない、NHKに言わせると、”開業医がうつを見逃しているのが自殺の原因”ということだが・・・、”薬物処方”のみに頼る精神医療制度そのものが問題であり、えらそうにNHKでしゃべっている精神科の先生方自身が・・・認知行動療法などまっとうな精神科診療をできるように、国に働きかけるべきである。一般開業医を批判する前に、自分たちの診療にも反省を・・・

by internalmedicine | 2010-04-30 15:18 | 医学  

ACCORD BP:高リスク糖尿病患者:<120 未満群と <140mm水銀柱で・・・差はない



高CVイベント・リスクにある2型糖尿病患者を収縮期血圧<120 mmHg or < 140 mmHg をめざし比較。

平均4.7年フォローアップにて、プライマリエンドポイントは2群間で差がなかった。

Effects of Intensive Blood-Pressure Control in Type 2 Diabetes Mellitus
The ACCORD Study Group
N Engl. J Med. Vol. 362:(17) 1575-1585 Apr. 29,2010
ACCORD BP:高リスク糖尿病患者:<120 未満群と <140mm水銀柱で・・・差はない_a0007242_1073519.jpg




JNC 7は収縮期血圧130/-以上で治療開始し、130 mm Hg未満に収縮期血圧をターゲットとするよう推奨
しかし、この推奨の根拠となるエビデンスは乏しい

ACCORD BPにより 120 mm Hg未満にしたときの影響を調査

by internalmedicine | 2010-04-30 10:01 | 動脈硬化/循環器  

糖尿病高CVDリスク患者に対するスタチンにフィブラートadd-on治療 効果認めず

心血管イベントの高リスク状態における2型糖尿病患者患者ではsimvastatin治療に、fenofibrate、プラセボを加えた比較では、平均4.7年フォローアップ時、プライマリアウトカムにおいて2群の差はなかった

Effects of Combination Lipid Therapy in Type 2 Diabetes Mellitus
The ACCORD Study Group
N Engl. J Med. Vol. 362:(17) 1563-1574 Apr. 29, 2010



もともと、途中中断となったトライアル・・・ACCORDトライアル AHA ステートメント  2008-02-22

by internalmedicine | 2010-04-30 09:11 | 動脈硬化/循環器