2010年 08月 07日 ( 3 )

 

禁煙指導の"Teachable Moment”:心筋梗塞

痛い目に遭わないと、本当のの意味がわからない・・・というのは、ヒト共通の特性なのではないか?

心筋梗塞体験が、禁煙をもたらすための”teachable moment”となりえる

Smoking Cessation Through a Novel Behavior Modification Technique
the American Journal of Cardiology Volume 106, Issue 1, Pages 44-46 (1 July 2010)

teachable moment
Definition:

moment of educational opportunity: a time at which a person, especially a child, is likely to be particularly disposed to learn something or particularly responsive to being taught or made aware of something
http://encarta.msn.com/dictionary_561539567/teachable_moment.html



ほんとの適切な”teachable moment"は喫煙開始前である子供の頃だとおもうのだが、痛い目に遭ってないからわからない・・・次善策としては、社会的・強制的に禁煙施策を行うこと・・・だが、たばこによりニコチン依存行動・思考や利益性が混在してスマートに社会は動かない。

by internalmedicine | 2010-08-07 09:18 | 喫煙禁煙  

ACR: グルココルチコイド治療におえkる骨粗鬆症予防・治療推奨アップデート

ACR報告:American College of Rheumatology 2010の誌上出版

American College of Rheumatology 2010 recommendations for the prevention and treatment of glucocorticoid-induced osteoporosis
Arthritis & Rheumatism Volume 9999 Issue 999A, Page NA Published Online: 26 Jul 2010


グルココルチコイド使用3ヶ月で骨密度急激に減少し、6ヶ月でその減少はピークと成る
継続歯用すれば、緩徐にはなるが、確実に低下が続く。

長期使用の多くの患者で骨粗鬆症予防治療を受けられていない

今回のアップデートで、性別、年齢、人種・民族、大腿頚部骨密度Tスコアにより3つのリスクカテゴリー(高、中等度、低リスク)をもうけた

グルココルチコイド投与量・治療期間で介入を考慮すべきであるとした

たとえば、50歳を超えた男性・閉経後女性、より高齢者では骨折リスクカテゴリー決定、ステップワイズマネージメントが考慮され、たとえば、5mg/d未満、1ヶ月未満でも高リスクならalendronate、risedronate、zoledronic acidが推奨される

若年者へのエビデンス不足。治療期間や投与量に依存した予防治療を推奨している。

by internalmedicine | 2010-08-07 09:03 | 運動系  

Vitamins to Prevent Stroke (VITATOPS):期待はずれのビタミンB心血管二次予防


Vitamins to Prevent Stroke (VITATOPS) :ビタミンB治療の心血管二次予防介入無効 2010-05-28


B vitamins in patients with recent transient ischaemic attack or stroke in the VITAmins TO Prevent Stroke (VITATOPS) trial: a randomised, double-blind, parallel, placebo-controlled trial
The Lancet Neurology, Early Online Publication, 4 August 2010


1998年11月19日から2008年12月31日まで8165名の患者をビタミンB投与 (n=4089) 、プラセボ (n=4075)割り付け

フォローアップ中央値3.4年(IQR 2.0-5.5年)

プライマリエンドポイント(卒中、心筋梗塞、心血管死の組み合わせ):ビタミンB割り付け群:616(15%)、プラセボ割り付け群 678(17%)
相対リスク減少[RR] 0.91, 95%CI 0.82 - 1.00 P=0.05
絶対的リスク減少 1.56%, 95% -0.01 - 3.16

重篤な予期せぬ副作用認めず、治療群間のコモンな副事象認めず

by internalmedicine | 2010-08-07 08:44 | 動脈硬化/循環器