2010年 08月 19日 ( 7 )

 

イヤホン使用による難聴増加?

この種の報道は、日本のマスコミは消極的・・・NHKだけが頼りだが・・・とても頼りない

Change in Prevalence of Hearing Loss in US Adolescents

Josef Shargorodsky, MD, MPH; Sharon G. Curhan, MD, ScM; Gary C. Curhan, MD, ScD; Roland Eavey, MD, SM

JAMA. 2010;304(7):772-778. doi:10.1001/jama.2010.1124



米国青少年の聴力低下が15%→19.5%とジャンプ的に増加

明らかではないが、イヤホンの可能性が・・・取りざたされている


Read more: http://www.time.com/time/health/article/0,8599,2011503,00.html?xid=rss-topstories#ixzz0x2MjKhBq

AP通信は「最近の携帯音楽プレーヤーは電池が長持ちし、ひと昔前の機器に比べ使用時間が二倍以上になっている」と警告する専門家の意見を紹介している。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2010081802000190.html?ref=rank

by internalmedicine | 2010-08-19 17:08 | 医学  

老人のアルブミン濃度と心不全

血中アルブミンは栄養指標であり、筋肉量とも関連する。心不全とアルブミンの関連が高齢者で明らかとなった。
骨格筋減少症(サルコペニア)との関連だろうか?
骨格筋減少は肥満有無に関わらず独立したインスリン抵抗性と関連する 2010-06-10

骨格筋から分泌されるmyokineにより、炎症やインスリン抵抗性を防止し、adipose tissueで産生されたadipokineのpro-inflammatory /metabolic effectと相対する作用をもち、sarcopenic obesity、骨格筋減少+肥満の人ではとくに代謝疾患・心血管疾患のリスクを増加させる


報告はこれ
 ↓
Serum albumin concentration and heart failure risk: The Health, Aging, and Body Composition Study
 Volume 160, Issue 2, Pages 279-285 (August 2010)


community-based Health ABC Study 73.6±9歳の心不全のない患者の9.4年フォローアップデータ

アルブミンは時間依存的予測因子であり、6年間その有意差を維持する (baseline hazard ratio [HR] per −1 g/L 1.14, 95% CI 1.06-1.22, P < .001; HR年減少率2.1%, 95% CI 0.8%-3.3%, P = .001)

心不全予測因子、炎症性マーカー、独立した冠動脈イベント補正にてこの相関は持続 (baseline HR per −1 g/L 1.13, 95% CI 1.05-1.22, P = .001; 年次HR減少率1.8%, 95% CI 0.5%-3.0%, P = .008) ¥
死亡率を補正共役リスク補正後 (baseline HR per −1 g/L 1.13, 95% CI 1.05-1.21, P = .001; annual rate of HR decline 1.9%, 95% CI 0.7%-3.1%, P = .002).


アルブミンとHFリスクの相関は男性で (HR per −1 g/L 1.13, 95% CI 1.05-1.23, P = .002) 、女性でも (HR per −1 g/L 1.12, 95% CI 1.04-1.22, P = .005)同様。白人・黒人でも同様 (HR per −1 g/L 1.13, 95% CI 1.04-1.22, P< .01 for both races) 。


血中アルブミンは骨格筋量と関連(American Journal of Clinical Nutrition, Vol 64, 552-55American Journal of Clinical Nutrition, Vol. 82, No. 3, 531-537, September 2005

加齢そのものより栄養摂取・蛋白摂取の問題(J. Nutr. 137:1734-1740, July 2007)という話もある。

糖尿病などでは、筋肉量減少、栄養不良などが見られる(American Journal of Clinical Nutrition, Vol. 72, No. 1, 89-95, July 2000

by internalmedicine | 2010-08-19 16:54 | 動脈硬化/循環器  

起立性血圧変動:起立性低血圧は心血管疾患リスク要素、 起立性高血圧はPAD・卒中で検討が必要

起立性高血圧:orthostatic hypertension (OHT)


いづれも起立3分の間だが、収縮血圧20以上の増加を、体位性高血圧(OHT)と定義し、起立性低血圧(OH)を収縮期血圧20以下もしくは拡張期血圧10以下を定義する


4711名の高血圧者、826名の正常血圧者(40-75歳)
Turner ST, Schwartz GL, Chapman AB, et al. Plasma renin activity predicts blood pressure responses to beta-blocker and thiazide diuretics as monotherapy and add-on for hypertension. Am J Hypertens 2010; DOI:10.1038/ajh.2010.98.


高血圧は、OHTリスクと相関

年齢、性、他の共役要素補正後
・OHはPAD、左室肥大、冠動脈疾患、卒中のリスクと相関
・OHTは、PAD、卒中で 相関


Associations between the quintiles of orthostatic systolic BP change (mm Hg) and peripheral artery disease (PAD) in untreated (J-curve relationship) and treated hypertensive patients. The odds ratios (95% confidence interval (CI)) for PAD


Associations between the quintiles of orthostatic systolic BP change (mm Hg) and left ventricular hypertrophy (LVH) in female (J-curve relationship) and in male hypertensive patients. The odds ratios (95% confidence interval (CI)) for LVH


起立性SBP変化5分位予測によるPAD補正ORによりJ減少相関が未治療高血圧患者で見られ、高血圧女性の左室肥大例でも見られる。


起立性低血圧はCVリスク
高血圧患者における臓器障害ありのOHTと卒中の相関の意義については前向き検討が必要

by internalmedicine | 2010-08-19 15:00 | 動脈硬化/循環器  

ランダム化トライアル:線維筋痛症に対する太極拳 有効

太極拳:Tai chi chuan

ゆっくりとしたリズムの運動ということが、良いのかもしれない

A Randomized Trial of Tai Chi for Fibromyalgia

Chenchen Wang, M.D., M.P.H., Christopher H. Schmid, Ph.D., Ramel Rones, B.S., Robert Kalish, M.D., Janeth Yinh, M.D., Don L. Goldenberg, M.D., Yoojin Lee, M.S. and Timothy McAlindon, M.D., M.P.H.

N Engl J Med 2010; 363:743-754August 19, 2010


単盲験ランダム化トライアル:
classic Yang-style tai chi vs ウェルネス教育・ストレッチングを含む対照
60分セッション週2回12週


アウトカムは、プライマリでは、0-100のFibromyalgia Impact Questionnaire (FIQ) スコア
セカンダリは、Medical Outcomes Study 36-Item Short-Form Health Survey (SF-36)の身体・心理要素

66例中33例ずつに割り付け

太極拳群は、 FIQ total score と quality of lifeの臨床的改善

太極拳群:平均ベースライン、12週後のFIQスコア 62.9±15.5、 35.1±18.8
対照群:平均ベースライン、12週後のFIQスコア 68.0±11 and 58.6±17.6(change from baseline in the tai chi group vs. change from baseline in the control group, −18.4 points; P<0.001)

SF-36身体スコア要素は、28.5±8.4 と37.0±10.5 versus 28.0±7.8 と 29.4±7.4 (between-group difference, 7.1 points; P=0.001)
メンタル要素は、42.6±12.2 と 50.3±10.2 for the tai chi group versus 37.8±10.5 と39.4±11.9(between-group difference, 6.1 points; P=0.03)

改善維持は24週後も持続 (between-group difference in the FIQ score, −18.3 points; P<0.001)
副事象イベント認めず


太極拳をこれから勉強しなくっちゃ


NYTimes:http://www.nytimes.com/2010/08/19/health/19taichi.html

by internalmedicine | 2010-08-19 12:16 | 運動系  

慢性B型肝炎エンテカビル治療の組織学的改善効果

噂には聞いてたが、 entecavir (Baraclude) で、大部分のB型肝炎症例で、肝硬変・線維化が一部でも戻る可能性が報告された。

これは台湾からの報告

Long-term entecavir therapy results in reversal of fibrosis/cirrhosis and continued histologic improvement in chronic hepatitis B patients
Hepatology 2010; DOI: 10.1002/hep.23785.

entecavirを約6年(3-7年)継続加療した57名で、組織学的改善が96%で、48週後の73%に比べて多くが改善
Ishak線維化スコアすくなくとも1ポイント改善は32%から88%
Knodell分類によるnecroinflammationでは75%で、ほとんどない状況に低下している。
ベースラインで線維化ある事例では、72%が線維化ほとんど無くなった。
57例中1名のみがHBV DNA消失・酵素正常化・necroinflammatory score改善にかかわらずIshak線維化スコア増加
ウィルス抑制:300 copy数/ml未満維持がすべての患者でなされたが、ALT正常化は86%

SVRから期待されるごとく、ウィルス学的リバウンドや抗ウィルス薬剤耐性発症のエビデンスは認められなかった。

55%で抗原消失、33%でseroconversionしたが、肝生検組織改善がみられず線維化の改善も見られない症例はHBV DNA抑制の方が免疫学的応答より関与しているとChangら研究者は述べている。

慢性肝炎長期治療の価値が明らかとあいなったと結んでいる。


あんまり政治的書き込みしないのだが・・・肝生検と書き込もうとしたら管政権となってしまった。

by internalmedicine | 2010-08-19 11:01 | 消化器  

平成21年度 未規制物質等の水道における存在実態調査委託報書

平成21年度 未規制物質等の水道における存在実態調査委託報書
http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/kenkou/suido/houkoku/suidou/dl/100818-2a.pdf


飲料水中のヒ素濃度と死亡率  2010-06-19

上記ごとく、水道水中のヒ素濃度は問題となっており、かつ、北海道・白川浄水場: ヒ素・ホウ素濃度記載あるのだが・・・

平成21年度 未規制物質等の水道における存在実態調査委託報書_a0007242_1024464.jpg


上記ごとく、ほとんど無視されている。

ただ、北海道では、この問題認識されており、対処されているようだ

http://waquac.net/faq02.html


なら問題なし? ・・・ いえいえ、国単位でとりくんでないという疑いが残る報告書であった。

by internalmedicine | 2010-08-19 10:24 | くそ役人  

肺非小細胞癌:早期緩和ケアはQOL、気分改善だけでなく、生存率を改善

早期緩和ケア導入にて、肺非小細胞癌において、有意に、QOL、情緒改善をもたらし、積極的ケアを行うことが少なく、生存率の改善をもたらした。


Early Palliative Care for Patients with Metastatic Non–Small-Cell Lung Cancer

Jennifer S. Temel, M.D., Joseph A. Greer, Ph.D., Alona Muzikansky, M.A., Emily R. Gallagher, R.N., Sonal Admane, M.B., B.S., M.P.H., Vicki A. Jackson, M.D., M.P.H., Constance M. Dahlin, A.P.N., Craig D. Blinderman, M.D., Juliet Jacobsen, M.D., William F. Pirl, M.D., M.P.H., J. Andrew Billings, M.D. and Thomas J. Lynch, M.D.

N Engl J Med 2010; 363:733-742August 19, 2010


プロトコール:http://www.nejm.org/doi/suppl/10.1056/NEJMoa1000678/suppl_file/nejmoa1000678_protocol.pdf

プライマリエンドポイント指標
Functional Assessment of Cancer Therapy–Lung (FACT-L) scale
Hospital Anxiety and Depression Scale


生存率:http://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMoa1000678
(直接図表リンク対策されたようだ・・・)

治療を全面的に否定するような解釈もされそうだが、ベースラインでもプラチナ製剤・EGFRチロシンキナーゼ阻害剤、放射線治療など治療背景に差はない。


十分読みこなすに値する論文と思われ、今後加筆予定


5.3.1. Palliative Care Intervention
Palliative care is comprehensive, coordinated interdisciplinary care for patients and families facing a potentially life-threatening illness.
The Palliative Care Services (PCS) at DF/PCC consists of specially trained teams of professionals that provide care and support in inpatient and outpatient settings.
The PCS is comprised of physicians, nurses, social workers, chaplains, bereavement specials, and volunteers.
While the specific assistance and support provided by the PCS depends on individual patient and family needs and preferences, it may include:
1. pain and symptom management,
2. psychosocial and spiritual support,
3. assistance with treatment choices,
4. help in planning for care in the community, and
5. bereavement support and referral.


5.3.1.1. Integrated Palliative Care Intervention
Patients in the integrated palliative care arm of the study will be required to meet with the PCT within three weeks of enrolling in the study.
An attending physician/nurse practitioner from the PCT will perform the initial assessment.
We have developed general guidelines to ensure a uniform and reproducible intervention between the participating hospitals and palliative care providers.
The clinicians will use the included guidelines – Palliative Care Intervention (Appendix A) as a tool to provide comprehensive symptom management and psychosocial, spiritual, and emotional support to patients and their families.
We will also require the palliative care to document how much of the visit was spent on each element of the intervention guideline.

by internalmedicine | 2010-08-19 09:11 | がん