2010年 08月 21日 ( 3 )

 

動物実験:RSウィルス気管支炎:ロイコトルエン経路の関与とモンテルカストの有用性の可能性

RSウィルス気管支炎乳児は、その後の喘息様症状発症と関連し、マウスの再感染モデルで、気道過敏性発症に対して促進的に働くことが示されている。ロイコトルエン経路の活性化がこれに関係していることが示唆された

RSウィルスの肺胞洗浄液における遊離誘導、モンテルカストがこれを抑え、RSウィルス誘発気道過敏性、気道炎症、INF-γ産生を、感染成人・新生児マウスで抑えた。

Montelukast during Primary Infection Prevents Airway Hyperresponsiveness and Inflammation after Reinfection with Respiratory Syncytial Virus
Am. J. Respir. Crit. Care Med. 2010; 182: 455-463.

乳幼児の喘息症状に関して当てはめられるのだろうか・・・

by internalmedicine | 2010-08-21 11:08 | 呼吸器系  

アスベスト単独では気道閉塞の原因となるかは疑問

Does Asbestos Exposure Cause Airway Obstruction, in the Absence of Confirmed Asbestosis?
American Journal of Respiratory and Critical Care Medicine Vol 182. pp. 526-530, (2010)



表題どおりだが、横断的研究であり、これがこの研究の限界の一つ

by internalmedicine | 2010-08-21 10:59 | 呼吸器系  

女性:カフェイン摂取と心房細動には関連が認められない・・・

カフェイン摂取は、少なくとも女性においては、心房細動発症と関連してませんよ・・・という前向き研究(Women's Health Study )評価
Am J Clin Nutr. 2010 Jun 23.
Caffeine consumption and incident atrial fibrillation in women.


カフェイン摂取量 22, 135, 285, 402, 656 mg/dでわけて、時間-種々共役要素を用いた2004年アップデートCox比例ハザードモデルにおいて、対する多変量補正ハザード比(95%CI): 1.0, 0.88 (0.72, 1.06), 0.78 (0.64, 0.95), 0.96 (0.79, 1.16), 0.89 (0.73, 1.09) (P for linear trend: 0.45)


解説記事(http://www.theheart.org/article/1111677.do)に、”一晩で8杯ものエスプレッソを飲んだ場合の次の日の影響はわからない。短期的影響ってのがあるから・・・”と助言が付記されている。

by internalmedicine | 2010-08-21 08:39 | 動脈硬化/循環器