2010年 08月 31日 ( 4 )

 

心不全運動療法:インターバルトレーニングが有望

ESCから・・・(http://www.theheart.org/article/1115307.do

Amundsenグループの、ランダム化 SMARTEX-HF studyの予備的検討の話

約200名の中等度持続トレーニングによる好気的インターバルトレーニング比較

インターバルトレーニングは、4回の4分間のトレッドミルによるインターバル・ウォーキング(ピーク心拍 90%から95%)、各3分間のピーク心拍50%から70%の"active pause"をもうけたウォーキング。ウォームアップとクールダウンを含め、総workout時間は38分。

対照は、47分の中等度持続トレーニングで、70-75%の持続的なウォーキング

予備研究として、インターバルレジメンを用いた患者では、中等度持続トレーニング群よりマージンの大きいピークVO2改善が見られた。インターバルトレーニング群は、左室リモデリングの改善、pro-B type natriuretic-peptide、左室駆出率の改善を示した。

in vitro細胞研究で、インターバルトレーニングにより、血管内皮細胞容積減少と関連する報告。単一筋細胞の機能測定にて筋肉収縮性の改善と酸素摂取の改善が見られた。

多くの人は、濃厚な強度の運動は非常にハードと考え、よりリアリスティックにすべきと考えるだろう、また、あまりハードなだと誰も行わないと・・・


by internalmedicine | 2010-08-31 16:40 | 動脈硬化/循環器  

多発性硬化症:新規病変増加:シーズン、気候、太陽の光に依存

多発硬化症の疾患活動性をfMRIの新規T2病変で判断し、3月から8月が、他の月の2-3倍の尤度で出現率が高い。そして、これは地域の気候的データにも影響され、特に太陽光にも左右される。

Seasonal prevalence of MS disease activity
D.S. Meier, K.E. Balashov, B. Healy, H.L. Weiner, and C.R.G. Guttmann
Neurology 2010 75: 799-806


尤度・出現率に加え、疾患強度は夏シーズンに増加。
高リスクシーズンは多発性硬化の発症の減少しているようにみえるが、約2ヶ月前生じている。


秋と夏の間に病変が多くなるだけでなく、温暖な気温と太陽照射が疾患活動性と関連しているとも考えられると著者ら。薬物の効果をMRI評価しているときに、発見したとのこと。
http://www.bbc.co.uk/news/health-11109966

by internalmedicine | 2010-08-31 15:12 | 中枢神経  

トライアスロン選手:持続耐久運動と抵抗運動の組み合わせで、心臓が対称的に大きくなる

なぜかradiologyらしい・・・http://radiology.rsna.org/ ・・・ 10月号らしいが、まだウェブでみられない。

トライアスロンの研究で、心臓により効果的に適応するトレーニングについての研究
ドイツの研究者 Michael M. Lell, M.D.( University of Erlangen-Nuremberg)

26名のプロの男性アスリート、平均年齢27.9歳、対してリクレーションとして週3時間を超えない運動のみの27名の対照(平均27.3歳)
トライアスロン選手はトップの国内・高裁的競技者で6年以上持続してトレーニングを受けている人たち


心臓MR画像にて、トライアスロン選手は左房、右室・左室が大きく、左室・右室はともに心臓の筋量・壁肥厚が大きい。
競技者による生理学的順応と、突然死の原因となる心筋症と区別されることが重要である。
心筋症においては4心房心室腔のサイズ、壁肥厚は非対称性で、心筋はポンプ機能が有効でない。
対して、アスリートのは左室・右室筋量、壁の厚さ、拡張、拡張機能ともバランスが保たれながらであり、トレーニングの特徴として反映される。
これらの順応は、enduranceとresistance componet両方を含む。動的、すなわち、耐久運動トレーニングは、ランニング、水泳を含む
ウェイトリフティングは静的、すなわち、抵抗運動である
サイクリングは、両運動形態を示す。
抵抗運動、耐久運動の一方の過剰なトレーニングは、一方だけの特異的な心臓適応を生じ、極端な耐用性運動は心臓突然死と関連するかも・・・と著者

対象群にくらべトライアスロン選手の安静時心拍は17程低く、心臓血流が多く、より、心機能を効率的にしているかがわかる。
より少ない力で、同様の負荷に耐えられることが判明した。


"Atrial and Ventricular Functional and Structural Adaptations of the Heart in Elite Triathletes Assessed with Cardiac MR Imaging." Collaborating with Dr. Lell were Michael Scharf, M.D., Matthias H. Brem, M.D., Matthias Wilhelm, M.D., U. Joseph Schoepf, M.D., and Michael Uder, M.D.



情報ソース:http://www.eurekalert.org/pub_releases/2010-08/rson-cra082410.php

スポーツマン心臓はすべて同じかと思っていた・・・

by internalmedicine | 2010-08-31 14:41 | 動脈硬化/循環器  

安定アテローム血栓症およびリスク状態:心血管イベント4年間リスク

安定したアテローム血栓症者、あるいはそのリスク状態にある患者の、真の心血管イベントリスクが求められる状況となっている。

アテローム血栓症患者は虚血性イベントのリスク情報要素であるが、アテローム血栓症の特異的所見に依存して、その程度に応じた虚血性イベントの将来リスクを示す。引き起こされる虚血性リスクの主要な決定要素に関して成果唸知識を深めることが極めて有用で、臨床・研究ともに重要。ということと、急性冠症候群、安定アテローム血栓症、糖尿病患者での新薬トライアルのいくつかで、以前考えられていたよりイベント率が低いことが示され、将来リスクがどの程度なのか・・・確認の必要性が出てきた。

Comparative Determinants of 4-Year Cardiovascular Event Rates in Stable Outpatients at Risk of or With Atherothrombosis

Deepak L. Bhatt, MD, MPH; Kim A. Eagle, MD; E. Magnus Ohman, MD; Alan T. Hirsch, MD; Shinya Goto, MD, PhD; Elizabeth M. Mahoney, ScD; Peter W. F. Wilson, MD; Mark J. Alberts, MD; Ralph D’Agostino, PhD; Chiau-Suong Liau, MD, PhD; Jean-Louis Mas, MD; Joachim Röther, MD; Sidney C. Smith Jr, MD; Geneviève Salette, PharmD, MSc; Charles F. Contant, PhD; Joseph M. Massaro, PhD; Ph. Gabriel Steg, MD; for the REACH Registry Investigators

JAMA. Published online August 30, 2010. doi:10.1001/jama.2010.1322


冠動脈疾患、脳血管疾患、末梢動脈疾患、アテローム血栓症多リスク要因を有する外来患者を global Reduction of Atherothrombosis for Continued Health (REACH) Registry に組み入れ、4年ほどフォローアップ

29ヶ国3647センターからの患者を2003-2004年組み込み、2008年までフォロー
2009年4月データベースを最終的にロック
主要アウトカム測定:心血管死亡、心筋梗塞、卒中

総数45227名のベースラインデータベースをこの4年の解析に含め

フォローアップ期間中、少なくとも1回のイベント経験者は5481名
2315名が心血管死、1228名が心筋梗塞、1898名が卒中、心筋梗塞・卒中同日40名

アテローム血栓症患者(n = 21 890)のうち、虚血性イベント既往患者では、もっとも虚血性イベント率高い(18.3%; 95% 信頼区間 [CI], 17.4%-19.1%)、
安定冠動脈、脳血管、末梢性動脈疾患患者 (n = 15 264) ではリスクは少ない (12.2%; 95% CI, 11.4%-12.9%)





確立したアテローム血栓症のないがリスク要素のある場合 (n = 8073) は、もっともリスクが少ない (9.1%; 95% CI, 8.3%-9.9%) (P < .001 for all comparisons)




加えて、多変量解析モデル化にて、糖尿病の存在 (hazard ratio [HR], 1.44; 95% CI, 1.36-1.53; P < .001)、前年の虚血性イベントr (HR, 1.71; 95% CI, 1.57-1.85; P < .001)、多血管疾患(HR, 1.99; 95% CI, 1.78-2.24; P < .001)はプライマリエンドポイントの有意な高リスクと関連する

by internalmedicine | 2010-08-31 09:06 | 動脈硬化/循環器