<   2005年 09月 ( 25 )   > この月の画像一覧

 

高用量ビタミンEはマウスの生存率を改善し、神経筋パフォーマンス改善::;ヒトと違う結果

ビタミンE使用は・・・心不全悪化、入院増加(http://intmed.exblog.jp/1753434)という人間とは異なる結果・・・


高用量ビタミンEは生存率を増加させ、脳機能を、“高い綱渡りでの神経筋パフォーマンス”とも有意に改善
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「綱渡り、T迷路」試験・・・2年
Press:http://www.the-aps.org/press/journal/05/16.htm
ビタミンE高用量にて如何に長く、“より良く”生きれるか?
多くの時間と多くの仕事がなされてきたが、2年間飼育、試験、研究がおこなわれ、スペイン Cadizの大学で、その努力に見合う利益がえられたと報告があった。

アルツハイマー病のヒトの実験と比べても生理的なビタミンEサプリメントを用いた。
・雄マウスは40%寿命中央値を増加させた (to 85 ± 4 weeks from 61 ± 4)
・最大寿命を17%増やした (to 136 weeks from 116 weeks)
・神経筋パフォーマンスの能力改善(high-wire tightrope)やcognitivie exploratory activity(T-maze)を改善;両試験の増加は9-24%(52週齢)、28-45%(78週齢)
・脳αトコフェロール濃度をビタミンE投与により2.5倍雄マウスで増加
・ビタミンEサプリメントはミトコンドリア機能低下の様々な測定項目を埋め合わせた:52週と78週で37%-66%

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
この結果は、加齢の“フリーラジカル理論”をサポートするものとしている。

実験マウスは、CD-1/UCadizで、60-70週の寿命中央値、最大寿命100-120週。
ビタミンEは28週齢で投与した。


特にこの研究者たちは、lipid protein oxidation productsのミトコンドリア・コンテンツ、フリーラジカル介入反応の誘導、酸化ダメージは、加齢マウスの脳や肝に蓄積し、その効果はビタミンEによって部分的に(そして意義あるほど)予防できる。脳ミトコンドリアの蛋白カルボニル含有物は、28週齢マウスを参考にすると、52/76週で33-69%増加し、この増加はビタミンEサプリメントにより76%と65%と著明に予防される。

ビタミンEサプリメントは、「加齢のミトコンドリアマーカー:mtNOS(95%減少)、Mn-SOD(60%減少)、NADH-cytochrome C reductaseとcytochrome oxidase activityを35%
減少させ、脳酵素の活動性減少を予防可能である」と述べている。

脳内・肝臓内ミトコンドリア内のmtNOSに結合した内膜とmatrix enzyme MnSODの活動性もまた年齢とともに減少し、以前の報告と一致し、ミトコンドリア酵素の不活化のrandomnessより特異的な概念内にあると思われる。

次のステップはミトコンドリアの機能障害の手がかり
興味ある関連:
1)酸化ダメージと(脳と肝臓の)酵素活動性の逆相関
:酸化・傷害された蛋白により、アッセイ上の高度希釈化された脂質酸化産物(ie., maloaldehyde)の直接の抑制的影響によるものではない。
2)electron transfer rateの減少と、呼吸・エネルギー供給の減少が、加齢におけるミトコンドリア機能障害の基本でありミトコンドリア機能障害は神経パフォーマンスの減少のペースメーカーである
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



アカゲザルの研究がWisconsin-Madisonで、より長期のカロリー減量と酸化ストレスの実験がなされいる。(Science. 2005 Jul 15;309(5733):481-4. http://www.ncbi.nlm.nih.gov/entrez/query.fcgi?cmd=Retrieve&db=pubmed&dopt=Abstract&list_uids=16020738&query_hl=2



結局、どう判断して良いのかわからない・・・のだが、特殊な条件下の動物実験の結果を人間に当てはめて良いかどうか?
人間の成績をしばらくは信じる方がよいと思われ・・


ビタミンEというのは、フリーラジカル連鎖反応を脂質ペルオキシラジカル捕捉により停止し、脂質ペルオキシラジカルがビタミンEのフェノール水素を引き抜く反応で、脂質ペルオキシラジカルに水素を供与し、安定化させ、自らがラジカルとなるが、それ自体は安定とのこと

良いことづくめのような気もするが、一方

さらに、こういうのも掲載されている
 
 ↓

BBCにてフリーラジカル老化との関連否定論
http://news.bbc.co.uk/2/hi/health/3485508.stm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
UCLチームは理論の根本におけるエビデンスを反証したと述べている。
Dr Tony Segalは、白血球細胞はoxygen free radicalを形成し、微生物の殺害に有益であるプロセスであると述べ、重篤な、慢性、しばしば致命的な感染症への防御機転となっている。このこと自体が、高度毒性があり、細菌や真菌と同様にタフな器官を殺すなら、ヒトにダメージを与えるものだろう。
しかし、かれらの研究では、oxygen radicalの毒性のベースとなっている基礎理論が不備だらけであると言う。
白血球細胞に破壊を与えるほどはないが、外的侵入者を処理するには有効な酵素であることを示した。細胞内のカリウムの流入により引き金となる酵素の産生を見出した。もしこの流れがストップすると、サソリ毒由来の化学物質を使って再現すると、細胞は外的侵入者を処理できない。かれらはそれで、フリーラジカルは毒性分子としての成分はないのではないかと考えている。
製薬会社が、高価な抗酸化薬を用いて、治療効果を見出そうとしている。oxygen free radicalの病的要因としての理論や抗酸化物質の治療的価値は再評価されるべき。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

7月に新聞紙上、“老化に活性酸素関与せず 日米チーム、従来の説否定”が掲載されたが、先の論文と全く逆で、フリーラジカル説を真っ向から否定している。

原本:
Science, Vol 309, Issue 5733, 481-484 , 15 July 2005

ほ乳類組織のミトコンドリアDNA(mtDNA)の遺伝子変異蓄積がみられ、それが老化と関連という仮説。proofreading-deficient version of the mitochondrial DNA polymerase g (POLG) の欠損マウスではmtDNA変異が蓄積し、加齢促進を示した。
mtDNA変異の蓄積は酸化ストレスのマーカー増加や細胞増殖欠如と関連せず。しかし、apoptotic marker特に急激な細胞のturnoverと関連。正常マウスの加齢の間は、apoptotic markerの値も増加する。このようにapoptosisを促進するmtDNA遺伝子変異の蓄積が、ほ乳類の加齢のcentral mechanismと考えられる。



※単に白血球のフリーラジカルが殺細胞・臓器作用がないというだけで言いすぎのような気もするが、最後の論文はやや納得・・・で、研究者たちの間ではまだフリーラジカル悪者説さえ仮説にすぎないというお話


みのもんたやあるあるでは、フリーラジカルと老化を既定の事実として話されてますがね

by internalmedicine | 2005-09-05 17:30 | 動脈硬化/循環器  

complex intervention(力量による差がでる介入)のシステムレビュー

手術、リハビリテーションなどの介入をして良いかどうかというのは、そのものの技量によるところが大きい場合、薬剤などの比較的力量の差と関係が少ない介入と違ってより、厳格にレビューすべきという話


ある手術の名手ブラックジャックと周術管理の優れたスタッフのいる施設での手術とほとんど経験のない手術手技をなれないスタッフとともにやる施設での成績を同一視はできませんものね


complex intervention、たとえば手術、理学療法などは実施に良悪がある様な手技。
介入の質のvariationがシステムレビューにおいてトライアル間の影響を与える場合、
その介入の質を評価すべきであり、評価を如何に作るかをということを議論。

http://bmj.bmjjournals.com/cgi/content/full/bmj;331/7515/507


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
complex interventionのシステムレビューは個々のトライアルの質を考慮すべき

質は、他の研究でいかに介入がおこなわれたかの明かな適応評価が判明したときに評価できる。

介入の質の影響の評価は介入効果の分析により構築できる。

レビュープロトコールに特異的に分析されるべきで、質と効果の相互関係に注目すべきである。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<具体例>
妊娠中の尿失禁に対する骨盤低筋力のトレーニングの効果
上段:満足できるデータのpooled estimation
下段:supervised exerciseなしのトライアル除外
 ↓
http://bmj.bmjjournals.com/content/vol331/issue7515/images/large/herr243790.f1.jpeg

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Improving the quality of reports of meta-analyses of randomised controlled trials: the QUOROM statement
http://www.thelancet.com/journals/lancet/article/PIIS0140673699041495/fulltext

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

complex interventionのレビュー者は、介入の質を特に評価すべきで、介入を記載するが、その質を記載しない場合、読者に介入の質の判断を放棄させていることとなる。

by internalmedicine | 2005-09-02 14:58 | 医療一般  

看護師主導のマネージメントプログラムはCOPDを改善しない

こんなのなんかは、絶対報道されないでしょうねぇ

COPDのマネージメントプログラムは、禁煙・ワクチン接種推奨からはじまりリハビリテーションプログラム・薬物療法、そして、呼吸管理である。独立した看護主導型プログラムの入り込む余地は少ないという現状の報告。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
看護師主導プログラムはCOPDを改善しない
Nurse led programmes don't improve COPD
http://bmj.bmjjournals.com/cgi/content/full/bmj;331/7515/485
COPDマネージメントへの看護師主導介入によっては、死亡率、ディスアビリティー、HRQL、心理が的満足度への検出できる効果はない。
Taylorらがそれをは票している。

9つのRCT、 いくつかの方法論的な不備が大部分にある。すべての介入にケースマネージメントモデルとしてバリエーションがあるようで、介入を短期(1ヶ月)と長期(約1年)、より供与区名介入にわけた。2つの研究だけが短期介入効果を検討し、どのbenefitの軽度。長期介入のメタアナリシスは、9-12ヶ月フォローアップで死亡率への直接の影響を見いだせない(Peto OR 0.85 95%CI 0.58-1.26)。長期介入が患者のHRQOL、心的なwellbeing、disability、肺機能を改善しないというエビデンスがある。
長期介入にて入院再入院が減らせるかもevidenceは曖昧で、唯一、長期酸素療法患者における再入院の一つの研究だけが例外であった。
エビデンスが少ないか、無いところでのいくつかのアウトカムを明確にした;このことによっって患者満足度、自己マネージメントスキル、治療推奨アドヘレンス、禁煙尤度、ケアをするへの介入の影響を含むものである。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


行政における訪問看護、介護保険導入後はさらに本格化し訪問看護事業が独立した形でおこなわれるようになった。脳卒中などにおいては一定の役割を果たしているのであろうか?統一した訪問看護プロトコールなど見聞きすることもないので、おそらくその事業所や看護師自身の力量にゆだねられているのではないのか?

 医療が必要な状況において医師との連絡が疎にしようという意図さえあるのではないかと思われる3ヶ月や6ヶ月の訪問看護指示書を要求されることもある。逆に、頻回に、入浴してよろしいでしょうか?足にむくみがあるのはどうしたらよいのでしょうか?今日は前回に比べ酸素飽和度が2%ほど下がってますがどうしましょうか?など、逐一報告してくる看護師もいる。

 今回の論文はCOPDの重症度は比較的広汎であり、在宅酸素が必要なほどの患者を対象にした研究はごく一部だったようである。エビデンスレベルが低いが再入院を減らす可能性は有るようである。極限られた一部の患者のみ、看護師リードのプログラムは有効ということらしい。

by internalmedicine | 2005-09-02 14:29 | 呼吸器系  

喘息治療:ICS+LABA、抗コリン剤、吸入フロセミド


中等量ICS+LABA vs 高用量ICS :有症状喘息
12の研究4576名メタアナリシス
喘息によるひきこもり回数や少なくとも中等・重度の悪化の回数は高用量ICS群で多かった(odds ratios 1.58, 95% CI 1.12 to 2.24 and 1.35, 95% CI 1.10 to 1.66).
二次アウトカム(FEV1、朝夕のPEF、昼間のβアゴニスト使用)は有意にsalmeterol群に軍配が上がった。
<Thorax 2005; 60: 730-734. doi:10.1136/thx.2004.039180 http://thorax.bmjjournals.com/cgi/content/abstract/60/9/730


※抗コリン剤(Acute asthma):systemic review
32のRCT(n=3611)からのデータで、吸入抗コリン剤治療にて、子供 (RR = 0.73; 95% CI 0.63 to 0.85, p = 0.0001) 、成人 (RR = 0.68; 95% CI 0.53 to 0.86, p = 0.002)にて入院回数減少
スパイロメトリーの指標の改善もみられた、小児・成人にてそれぞれ、SMD –0.54(95% CI –0.28 ~ –0.81, p = 0.0001)、–0.36 (95% CI –0.23 ~ –0.49, p = 0.00001)。
救急における中等症・重症の小児・青年・成人の標準治療として、吸入ipratropium broideの多回数投与は適応であると強く示唆される
Thorax 2005;60:740-746; doi:10.1136/thx.2005.040444 http://thorax.bmjjournals.com/cgi/content/abstract/60/9/740


※furosemide 吸入はまだエビデンスが少ない
Nebulised furosemide in acute adult asthma http://emj.bmjjournals.com/cgi/content/abstract/22/9/654-a
Emergency Medicine Journal 2005;22:654-655

by internalmedicine | 2005-09-01 11:55 | 呼吸器系  

"Primum non nocere"

く考えれば、ヒポクラテスの誓いってのは 時代遅れであり、閉鎖的であり、決してよいことを言っているとは思えないのだが、医学部の講義や偉い先生方の公演に便利なのか・・・よく用いられる。そのよく使われるワンフレーズさえ、当時の常識が歪曲され、恣意的に引用が繰り返され、変容した可能性がある。


ギリシャ時代の偉いおっさんの名前を持ちだすとなにかありがたがるのをねらってるのか、外国で、特にアメリカでやってることはすばらしいことだという勘違いがあるせいか、ヒポクラテスの誓いというのが医学部や医科大学の教育者がよく引用する言葉である。教育者はその発する言葉に責任を持たなければならない。その語源を正しく理解しておかなければならないはずである。

たとえば、最近、薬害の問題や、医療過誤で言及される言葉
Primum Non Nocere”

Above All, Do No Harm!

”まず、害を与えないこと”
これは時代を超越したフレーズであり、それゆえ、近年のヒューマニストたちにより、祭り上げられた言葉である。だが、ヒポクラテスの誓いのほかのフレーズに比べかけ離れ、あまりに現代的な感じがしないだろうか?私は正直以前から違和感を感じていた。


近年、この有名なフレーズの作者はヒポクラテスでも、弟子であるGalenでもないという報告がでている。
http://jcp.sagepub.com/cgi/content/abstract/45/4/371



後年に付け加えられ歪曲されたフレーズである

Do not harm"の真の意味は、害を与えないという消極的意味でなく、意図的な殺害を含めた意味であった。

ほかに、医学教育に関わるものなら、反対せざる得ない2つの誓約が現在も通用している。

1)自然治療主義者である医学分派にすぎない主義主張
2)安楽死拒絶


“use the knife, not even on sufferers from the stone”は過去の遺物であり、その後の消毒技術、麻酔、補液、ショックなどの科学的管理などの発達で、この言葉が誓詞のなかになぜ残存しているのか不明。しかもアメリカの多くの医科大学でこのフレーズは残存。


ひょっとして、‘“本音と建て前はちがう”という人生のアイロニーを医学生に教えているのか?(笑)

(引用:http://content.nejm.org/cgi/content/full/350/20/2026


もしヒポクラテスの誓いをするかと言われれば、絶対拒否したい


古代のお偉いさんが言ったと述べたら・・・思考が停止する。

blind obedience:“権威者の表明により思考ストップしてしまう”(http://intmed.exblog.jp/1565847)の典型例か

by internalmedicine | 2005-09-01 00:33 | 医療一般