<   2007年 01月 ( 58 )   > この月の画像一覧

 

自己免疫疾患はT細胞ネットワーク統制の乱れ:Foxp3とPtpn22


“Cracking open the black box of autoimmune disease”(Whitehead Institute for Biomedical Research 2007 News Story)
Nature, January 21, 2007が論文(“Foxp3 occupancy and regulation of key target genes during T-cell stimulation”)とのこと(本日の時点で掲載確認できず:http://www.nature.com/nature/index.html

免疫防御システムはしばしば軍隊のように表現され、T細胞たちは、最前線の兵士であり、侵略者から体を守る、防御ネットワークを構成する。このT細胞はregulatory T細胞と呼ばれる2番目のグループで命令を受けるのである。
regulatory T細胞は、生物学的な“fridendly fire”を予防し、T細胞が自分の体の組織を攻撃しないようにしているものである。
このregulatory T細胞が前線の兵士ををコントロールし損ねて自己免疫疾患を生じる

regulatory T細胞がFoxp3と呼ばれるmaster gene regulatorにより制御されているということを以前に報告されており、master gene regulatorが特異的に遺伝子に結合し、その活動性レベルを調整、細胞の振る舞いに影響を与えている。
実際、Foxp3が機能を停止しているとき、体はもう、機能するregulatory T細胞を作らないのである。前線のT細胞は多臓器を傷害し、I型糖尿病、Crohn病の症状を生じる。
しかし、現在まで、科学者はFox3の範囲下ではたらく実際の遺伝子についてほとんど治験がなかったのでFoxp3制御regulatory T細胞についての理解がまだ無かったのである。
Richard Young Whitehead lab.の研究者たちは、Harald von Boehmer of the Dana-Farber Cancer Instituteの免疫学者と共同で、DNA microarray技術を用いT細胞の完全genomeのスキャンをおこない、Foxp3による制御される遺伝子の部位特定を行った。
ほぼ30の遺伝子であり、直接Foxp3により制御され、一つはPtpn22とよばれ、特に親和性が高いものである。
Ptpnは1型糖尿病、リウマチ、ループス、Graves病と特に関係があり、この遺伝子はregulatory T細胞機能と関連を提示されていたものではなかった。





by internalmedicine | 2007-01-22 10:02 | 内科全般  

フジテレビ&日本テレワーク

ご存じ、納豆ダイエット・ねつ造データおよびねつ造コメント問題だが・・・

あるある大事典からの説明 http://www.ktv.co.jp/070120.html

・・・とのことで、その重大性がわかってるのか・・疑問をもってしまう。

ふつうの企業は不祥事があったときは、責任者が一列になり、カメラの放列と追求・批判の声を聞くのがふつうである。少なくともフジテレビはその追求側にあったわけだ。今度は追求される側である。ところが、関連会社の一部長であるアナウンサーにお詫びの現行原稿読み上げを行わせ、フジテレビとしてのお詫びが全くない。日本テレワーク社はフジテレビ関連会社である。あまりに不誠実ではないか。

「スタメン」開始前の午後9時から、関西テレビによるおわびが放送される。問題の放送から2週間も経過し、問題の報告は放送の前日。フジテレビ内からは「暗い気持ちだ」という声が聞かれた。
(日刊スポーツ

・・・他の会社を批判的できる資格がこの会社にはあるのだろうか?


番組ねつ造:納豆発注ストップ…業者悲鳴(毎日新聞 2007年1月22日 3時00分)とのことで、社会的にかなりの混乱を引き起こしている。

データねつ造による“詐欺的行為”(一部に噂されている事前の業者への情報提示など便宜供与などが証明され、さらに金銭の流れが解明されれば、法的な犯罪となる・・・のだが・・・)、行政処分だけでなく、なんらかの刑事処分及び民事上の損害賠償がなされるべき事態と思う。


不二家の不祥事をただし続けているマスコミだが、マスコミ自らが要求している以下の行動をとっていただきたい。


・フジテレビを含め、関西テレビ・日本テレワーク社のトップ謝罪と社員および社トップの厳正なる処分(テレワークはもともとフジテレビから分かれたものであり、関西テレビに罪をなすりつけるだけでは国民・視聴者は納得できないはず)

・真相解明委員会の設置(第三者の介入あるいは参加のあるもの)と、背後関係を含めた製作に係わる不正の徹底解明(金銭の流れ、業者との関連を含めて行う、広告放送の識別が適切に行われていたかどうか・・・)
  ref.)健康食品のテレビ放映はインサイダー取引の可能性を考慮すべきだ

・今後の具体的再発防止策・対応策




これくらいは当然だろう。
以前から信憑性について批判の多い疑似科学実験にもとづ放送を放置してきたものであり、放送法に抵触する可能性のある問題を年余にわたり放置・継続してきたわけであるから、経営トップの問題である。

More

by internalmedicine | 2007-01-22 07:10 | メディア問題  

Common Skin Conditions During Pregnancy


妊娠中の皮膚の状態は主に1)ホルモン関連、2)妊娠前からの状態、3)妊娠特異的変化に分けられる。

1) 妊娠線(striae gravidarum (stretch marks)); 色素沈着(hyperpigmentation (e.g., melasma)); 頭髪、爪、血管性変化

2)妊娠前からの皮膚の状態(e.g., アトピー性皮膚炎、疥癬、真菌感染、皮膚腫瘍)が妊娠中に性状の変化をきたしたもの

3) 妊娠特異的皮膚状態:(妊娠性)掻痒性丘疹(pruritic urticarial papules and plaques of pregnancy), 妊娠性痒疹(prurigo of pregnancy), 肝内胆汁うっ滞, 妊娠類天疱瘡(pemphigoid gestationis), 疱疹状膿痂疹(impetigo herpetiformis), そう痒性毛のう炎(pruritic folliculitis of pregnancy)
・・・とくに、妊娠性掻痒性丘疹はもっとも多い

多くの皮膚所見は出産後消失し治療が必要な状態が残るのは少ない。しかし、いくつかの状態(e.g., melasma, intrahepatic cholestasis of pregnancy, impetigo herpetiformis, pruritic folliculitis of pregnancy)は治療を要する。

分娩前サーベイランスが必要
: 妊娠中の肝内胆汁うっ滞、疱疹状膿痂疹、妊娠性類天疱瘡
(Am Fam Physician 2007;75:211-8. )

by internalmedicine | 2007-01-20 11:43 | その他  

ステロイド関節内注射:reciprocating procedure device (RPD)

A Randomized Controlled Trial of the Reciprocating Procedure Device for Intraarticular Injection of Corticosteroid
Rheumatol 2007;34:187–92

by internalmedicine | 2007-01-20 11:31 | メモ  

老人うつと潜在性甲状腺機能低下症

Subclinical hypothyroidism increases the risk for depression in the elderly
rchives of Gerontology and Geriatrics Volume 44, Issue 1 , January-February 2007, Pages 21-28
subclinical hypothyroidism(潜在性甲状腺機能低下症)が老人のうつのリスク要因になるかどうか、60歳超の323名の老人を調査(Structured Clinical Interview for Diagnosis and Statistical Manual of Mental Disorders, Fourth Edition (DSM-IV) for mood disturbances)

TSH高値:I群:252名(女性184名、男性68名、中央値67歳、60-89歳)
うつ:II群:71名(女性45名、男性26名、中央値67歳、60-92歳)

血中TSHやfT4をsensitive assayで測定。甲状腺抗体をIRMAにて測定。


うつは、1群24例(9.5%)にみられ、subclinical hypothyroidismが多い(14/24 58.3%)
一方、TSH高値はII群で22例(30.9%)


うつはsubclinical(74/149 49.7%)で、overt hypothyroidism(21/125 16.8%)より多く見られる(p<0.001)

実際、subclinical hypothyroidismは4倍のうつリスクを有する (OR = 4.886; 95% CI 2.768?8.627).

この結果によりsubclinical hypothyroidismはうつのリスク増加し、老人の甲状腺検診の重要性が示されたと結論




単純化された診断めやす
老人うつと潜在性甲状腺機能低下症_a0007242_1591164.jpg


単純に潜在性甲状腺機能低下症と診断する前に、同様の検査結果を示すNonthyroidal illnessや破壊性甲状腺炎からの回復期も考慮が必要だろう。経過によってT4にしろ、TSHにしろ変化するから、ワンポイントで判断する方が問題という話も
The Journal of Clinical Endocrinology & Metabolism Vol. 84, No. 1 151-164

さて、それで、その潜在性甲状腺機能低下症は治療すべきかどうか?
・野口病院:潜在性甲状腺機能低下の治療(Q&Aから)
AFP:Subclinical Hypothyroidism: Deciding When to Treat 

by internalmedicine | 2007-01-19 12:19 | その他  

中等学校で性教育しても堕胎は減らない?

性教育議論というのがあるのだろうが、いくら議論を机上で行っても、理想主義や理念に吹き飛ばされ、結局、玉虫色に終わったり、議論の一時の流れで決まってしまうリスクがある。実証主義的なデータがその根本に必要なのである。

BMJに興味ある報告があった。中等教育で性教育は無駄というのである。
さらなる低年齢での初等教育が必要なのか?あるいは性教育全般に意味がないのかはさらなるデータが必要であろう。



教育の世界というのも、医学の世界より官僚主義がはびこってるところで、科学的検討というのがほとんどなされてないところだなぁ・・・と、統計学的用語の全く入ってないアンケート調査で議論を進めている場面に医師会の世話役をしてたときに感じていた。まぁ、反論もなく、それで事が進むところにこの国の中央から末端まではびこった非科学性が根底にあるのだろう。

ゆとり教育(without cram(ming) or cram-free)からゼロトレランス(Wikipedia:Zero tolerance(school))へ教育方針が転換しそうだ(これって、zero toleranceとcrammingというのは違うベクトルを向いているので議論がかみ合わない元になるのでは・・・)。その方向性が正しいかどうかは一定のアウトカムを仮定して評価する基準を設けた方がよい。でなければ、結局後世に何も残さない施策になる可能性がある。十数年前、ゆとり教育の推進者の講演を聴かされたことがあるが、実に、表層的で、官僚的で、個人経験にしかもとづかない意見であったことを思い出した。

だいぶ、横道にそれたが・・・
Impact of a theoretically based sex education programme (SHARE) delivered by teachers on NHS registered conceptions and terminations: final results of cluster randomised trial
BMJ 2007;334:133 (20 January)
【デザイン】介入後4.5年のクラスターランダムトライアルのフォローアップ
【セッティング】東スコットランド25セカンダリ・スクール女性のNHS記録
【参加者】4196名女性
【介入】SHARE programme (intervention group) v existing sex education (control group).
【主アウトカム測定】NHSの妊娠・堕胎記録(20歳時までの)
【結果】
"intention to treat" analysisで、1000生徒とあたり(16-20歳時)
妊娠:300 v 274(対照); difference 26, 95% CI –33 to 86
堕胎:127 v 112(対照); difference 15, –13 to 42
【結論】この性教育プログラムでは20歳までの妊娠も堕胎も減少させないと言うことが判明した。
効果がないのはその話し方によるものではない。通常のprovisionよりさらに性教育を教師にし向けることはティーンエージャーの堕胎減少に役立たないのである。

by internalmedicine | 2007-01-19 09:42 | 医学  

高IQほどベジタリアンになる傾向


知性は老人を必ずしも幸福・不幸にしない”という報告が以前あったが、頭の良い人はきっと人生において幸福であろうという仮説からIQなるものが作られたという・・・で、その仮説に対して後年反証が出現してしまったというおもしろい報告。

そして、IQの高い人の選択が常に正しいとは限らない(一流大学出の官僚がろくなことしかしないということで実証済み!・・・と断定)ので、ベジタリアンが薦められるというわけでもないが・・・まぁ、そういうファッションに過敏という側面もあるのだろう。

IQ in childhood and vegetarianism in adulthood: 1970 British cohort study
BMJ, doi:10.1136/bmj.39030.675069.55 (published 15 December 2006)
RESEARCH
ベジタリアン366(4.5%)と答えたが、魚・鶏摂食は123(33.6%)
ベジタリアンは女性に多く、社会的階層が高い(子ども時代・現在ともに)。そして、学術、言語能力としても高い。しかし、社会経済的なアドバンテージは収入に反映しているわけではない。
10歳でのIQが高いほど30歳でのベジェタリアン比率は高い (odds ratio for one standard deviation increase in childhood IQ score 1.38, 95% confidence interval 1.24 to 1.53).
IQは社会階層(小児期、現在ともに)・学術・言語能力、性別補正後も成人でのベジェタリアンとなる統計的な予後推定因子である(1.20, 1.06 to 1.36).

ベジタリアンだが、魚・鶏を食べているという人を抽出した場合はこの相関小さくなた。
【結論】小児期高IQは成人の時にベジタリアンになる傾向が高い


ベジタリアンというのは、仏教徒の多い日本では、文化的にも受け入れやすいが、なぜか、あんまり私はベジタリアンですと、公言する人を見ない。なんでだろ?
対して、欧米では、ベジタリアンというと、おっ、なかなかのインテリですなぁ・・・となるのだろうか?

ベジタリアンと公言して・・・“欧米か?”と呼ばれるのも一興?

それにしても・・・自称IQの高い人が“解毒という欺瞞”にだまされるのかが私には理解できない

by internalmedicine | 2007-01-19 08:49 | 医学  

PTSDによる冠動脈疾患リスク(コホート研究)

こういった知見というのは、PTSD後の心疾患に関してPTSDがどの程度関係しているかが疫学的な比率が推定されると思う。JT訴訟のように司法が疫学そのものを否定している状態なのでどれほど影響が出てくるか分からないが・・・

Prospective Study of Posttraumatic Stress Disorder Symptoms and Coronary Heart Disease in the Normative Aging Study
Arch Gen Psychiatry. 2007;64:109-116
コホートにおけるPTSD症状は軽度~中等度
CHDを有する男性は除外

PTSDは Mississippi Scale for Combat-Related PTSDにて測定

症状レベルがSD上がる毎に
男性は年齢補正相対リスクが増加
・非致死的心筋梗塞・致命的冠動脈疾患:1.26(95%CI 1.05-1.51)
・すべての冠動脈心疾患アウトカム(非致死的心筋梗塞・致命的冠動脈疾患・狭心症): 1.21 (95% confidence interval, 1.05-1.41)



Post-traumatic stress disorder: medicine and politics

by internalmedicine | 2007-01-18 11:36 | 医療一般  

leptin-receptor gene異常に伴う先天的肥満

肥満を遺伝で研究するというのは、2つ分かれるようで、特殊な症例での比較的はっきりした遺伝子異常と、一般化した肥満になりやすい遺伝子研究があるようである。何れも肥満形成へのメカニズムに関して重要であろうが・・・前者はクリアカットだが一般臨床ではインパクトは今ひとつ、後者はなんか暗闇の中で手探りという感じ・・・と言ったら言い過ぎだろうか


先天的な肥満の中に、レプチン受容体遺伝子(leptin-receptor gene :LEPR)の遺伝子異常を含むものがいるという報告

Clinical and Molecular Genetic Spectrum of Congenital Deficiency of the Leptin Receptor
N Engl J Med. Volume 356:237-247 January 18, 2007 Number 3
300名の、過食、重症早期発症肥満、血族の90名probandを含む調査。
300名のうち、8(3%)がmissene LEPR mutationであり、7名がhomozygote、1名がcompound hterozygoteである。missense mutationはすべて受容体シグナルの障害にあり、臨床的特徴は過食、重度肥満、免疫異常、低ゴナドトロピン性性機能低下症による性腺発達異常である。血中レプチン値はすべての患者でfat massが増加している。先天的レプチン欠損よりも重症度が低いという特徴を有する。


重症の早期発症肥満の評価は通常神経・内分泌のスクリーニング、遺伝相談を含む遺伝情報などが含まれる。古典的には、遺伝的な肥満症候群はMRや発達異常などがある。視床下部のレプチン・melanocortinシグナル系の問題から生じている。しかし、いくつかの単一原因疾患が肥満が主な臨床所見である時に認められている。遺伝的にencodeされているleptinの機能喪失型のmutationによる、12名の先天的レプチン異常が同定された。先天的なleptin欠損12名が同定されている。

過食、肥満、hypogonadism、T細胞免疫異常を含むものである。組み替えヒトレプチンの治療によりすべての表現型がreverseする。レプチン受容体遺伝子(LEPR)の家系3名の重症肥満が報告されていた。この遺伝子異常はレプチン受容体transcriptのsplicing異常であり、膜透過・細胞内ドメインを欠如するレプチン受容体遺伝子mutantを作るものである。このmutant受容体は高濃度の血中濃度であり、レプチンと結びつき、結果レプチン濃度高値につながるのである。重症肥満の中のLEPRの病的mutationの出現が300名の重症、早期発症肥満に認められている。




遺伝的影響の証拠:家族集積性、双生児研究、家系研究
遺伝子研究:
・single gene disorder(chromosomal location:Loos, R. J. and C. Bouchard(2003). J Intern Med 254(5):401-25.)
・Major phneotypic features
leptin:Severe obesity normal birth weight hyperphagia, recessive
low leptin, hypogonadism, high TSH, high insulin
7q31.1

LEPR(leptin receptor):severe obesity, hyperphagia, recessive
high leptin, piruitary dysfunction, hypogonadotrophic hypogonadism, sympathetic dysfunction, high insulin
1p31

POMC(pro-opiomelanocortin):severe obesity, normal birth weight, hyperghagia, recessive
red hair pigmentation, ACTH deficiency hypocortisolism, low α-MSH
2p23.3

PC1(prohormone convertase1):severe obesity, recessive
hypogonadotrophic hypogonadism, hypocortisolism, high proinsulin, low insulin, postprandial hypoglycemia, high POMC
511.5-2.1

MC4-R(melanocortin-4 receptor):serever obesity, normal birth weight, hyperphagia, dominant
not observed endocrine abnormalities
18q22

NROB2:mild obesity, high birth weight, no hyperphagia, dominant
mild hyperinsulinemia
1p36.1

majority caseに対する遺伝的研究
genetic taste marker:PTC,PROPへの味覚反応性は遺伝的, supertaster

GENETICS OF OBESITY(Washington Univ. Center for Genomics and Public Health)

肥満に関しては国家的というか、世界的に特に関心が持たれているので、否応なく、この領域の情報を眼耳にする。興味ある人は、たとえば、Medical News TodayというところのObesity/Weight Loss/Fitness NewsなどをFeedsなどでチェックしておくと良いのだろう・・・ただ、単なるアンケート調査なども含まれ、結構いい加減な情報も多いようである。

by internalmedicine | 2007-01-18 08:50 | 動脈硬化/循環器  

赤潮と喘息

タラソテラピーとかあるが、どうもうさんくささを感じている。有害性がなければまぁいいのかなぁ・・と思っていたが、赤潮による喘息悪化の可能性もあるわけだ・・・そして、この麻痺性貝毒を有するKanrenia breviaは日本でも赤潮というか有害藻類ブルームを生じる可能性があるようだ。ほかにも台風後のビブリオなども有名で、日本は四方海に囲まれているわけで一度海からの有害性についても洗い直した方がよいのかもしれない。

Aerosolized Red-Tide Toxins (Brevetoxins) and Asthma
(Chest. 2007;131:187-194.)
http://www.chestjournal.org/cgi/content/abstract/131/1/187
喘息頻度増加、環境要因に対して関心が高まっている。海水中の、Kanrenia brevia、いわゆる赤潮の原因となるは麻痺性貝毒を産生する微細藻類で、メキシコ湾で毎年発生する。K brevisは高度の自然なpolyether toxinで、 brevetoxinと呼ばれるもので、sodium channel blockerでヒスタミン活性の可能性もある。実験動物ではこのbrevetoxinは有意な気管支れん縮をきたす。
ヒトでもフロリダの赤潮aerosol(娯楽や仕事上)暴露後喘息を有する人たちの中に事故報告の呼吸器症状増加が見られた。

海岸で1時間スゴさせた前後で、喘息の医師診断を受けた12歳97名でアンケートとスパイロメトリ施行

水や空気資料採取、環境モニタリング、個々のモニタリングを施行

K brevis赤潮の場合呼吸器症状が有意に増加。
喘息治療を受けている患者において特に、軽度だが有意差のあるFEV1減少、中間努力呼気量、PEFの減少が見られた。

フロリダの赤潮のないときには有意差がなかった。


More

by internalmedicine | 2007-01-17 14:29 | 呼吸器系