<   2008年 02月 ( 99 )   > この月の画像一覧

 

職業的腰痛予防に対する助言・設備・器具の良好な予防的エビデンスはない


改めて・・・厚生労働省って馬鹿の集まりと実感する
厚生労働省では, 「職場における腰痛予防対策指針」を策定し, 中でも健康管理については, 「重量物取扱い作業, 介護作業等腰部に著しい負担のかかる作業に常時従事する労働者に対し, 配置前およびその後6月以内ごとに定期に腰痛に関する健康診断を実施すること」としている.

エビデンスに基づく論文で, 「X線学的所見は将来の腰痛やそれによる障害発生をなんら予測できない」とされており, 将来の腰痛予測を目的とするのであれば, 健診における腰椎X線検査は不要と考える(日本腰痛学会雑誌 Vol. 12 (2006) , No. 1 pp.34-38


介入に関してその有効性が疑問視されるのに、わざわざ放射線被曝をさせてどうするつもりなのだろう・・・馬鹿役人

本邦では, 整形外科医と産業医の協力による, EBMに基づいた研究調査はほとんど施行されていない.



(minds)では、ジャーナルの一覧があるだけで、ガイドラインそのものが明示されていない。


今回取り上げる論文の序文をみると、
重いものを持ち上げることは腰背部痛に直結する(International Journal of Industrial Ergonomics Vol. 24(4):389-404 Aug. 1999)。業務最適化技術が、重荷を扱うときの背部・腰痛、損傷予防のため進められている(e.g. Work 2002;19:9-18.、Work 2002;20:83-96.)
そしていろんな設備・器具が出現している。
こういった、荷物持ちへの助言や器具などの介入に対して、もともと疑問を呈する報告があった(Occup Med 2004:54;345-52.,Ergonomics 2006;49:706-23. )。





Effect of training and lifting equipment for preventing back pain in lifting and handling: systematic review
BMJ 2008;336:429-431 (23 February)
【目的】heavy liftingを含む仕事の背部痛予防のための、ワーキングテクニックやリフティング設備の助言・トレーニング

【データ源】 Medline, Embase, CENTRAL, Cochrane Back Group’s specialised register, CINAHL, Nioshtic, CISdoc, Science Citation Index, and PsychLIT were searched up to September-November 2005.

【レビュー法】第一の研究はランダム対照化トライアルに焦点をあて、二次的調査としては同時対照群を有するコホートを対照とした。介入は、重い対象物や人のliftingやhandlingに関するテクニックを修正する方法を目的としたもので、背部痛測定、後続するdisability、病気休暇取得をメインアウトカムとしたもの

【結果】6つのランダム化トライアルと5つのコホートがクライテリアに合致
2つのランダム化トライアルとすべてのコホート研究は高品質表示
8つの研究で患者のliftingとmovingを観察、3つの研究は、荷運びと郵便配達者を対象。
対照群は非介入あるいはトレーニング、身体運動、back belt使用を控えたもの

ランダムトライアル比較では、有意な差がなかった(17720名)

二次解析では、コホートのどれも有意な差が無く、ランダムトライアルの結果を支持するものであった。
【結論】リフティング設備の有り無しにかかわらず、背部痛とそれに続くdisabilityを予防する、working techniqueの助言、トレーニングを支持するエビデンスは存在しない。
この所見は現行のlifting techniqueを修正する助言実践に対して異論を唱えるものとなった。



作業関連性腰痛への国際的取り組みと我が国の現状(日本腰痛会誌 12(1):29-33,2006 PDF

by internalmedicine | 2008-02-22 09:44 | 運動系  

血流感染マネージメント

Jane Mintonらは1400ベッドの病院でのいわゆる血流感染・ルート感染(bloodstream infection)の有効治療開始の遅れに関して報告 (doi: 10.1136/bmj.39454.634502.80).

Quality Improvement Report
Improving early management of bloodstream infection: a quality improvement project
BMJ 2008;336:440-443 (23 February), doi:10.1136/bmj.39454.634502.80

多くの医療エラー(治療の遅れと不適切な抗生剤投与という意味)が生じていた。
治療ガイドライン、教育プログラム、感染症チームの患者のルーチンレビューによりエラー率が30%→8%に減少した。


著者らはこの方法を急性期の病院に要求

4月のパリで行われる、International Forum for Quality and Safety in Health Care (http://internationalforum.bmj.com)で討議される予定とのこと



血流感染早期マネージメント改善策:Strategy for improving early management of bloodstream infections

・重症敗血症の認識、管理を教育セッションに導入し、信頼できるウェブサイトを利用

重症敗血症の認知ガイドライン:Guidelines for recognition of severe sepsis
・病歴・検査・基礎的検査に基づく認識ツール:A recognition tool based on history, examination, and basic laboratory tests


重症敗血症の管理ガイドライン:Guidelines for management of severe sepsis
・抗生剤経験的処方推奨:Recommendations on prescription of empirical antibiotics
・輸液蘇生アドバイス:Advice on fluid resuscitation
患者モニター上のアドバイス:Advice on monitoring patients
・経験的観点・専門的観点からの助言:Reminders to request senior or specialist review


菌血症サービス:Bacteraemia service
・抗生剤処方・投与のチェック提供:Provides checks on antibiotic prescribing and administration
・治療の検討・治療期間の推奨提供:Provides recommendations for further investigation and length of treatment
・初期治療のフィードバック体制:Provides feedback on initial management




医療にかかわるエラーというのは、避けて通れないもので、これをいかに縮小化するかが患者・家族側・医療側・社会にとって、共通の利益となる。
社会的に医療的訴追にひたすら求めることが、このエラーの表だった検討ができなくなることとなるとなる(医療過誤自己報告システムの前提条件:免責と報告方法という論文: 2008-01-15 15:49

じっさい、医学論文:急減 処分恐れ医師ら萎縮? なる新聞記事があったわけで・・・

日本は、現在、医療の暗黒時代・・・こういった血行感染対策は日本では表だって議論することすら難しくなったのである。

by internalmedicine | 2008-02-22 09:06 | 感染症  

山道がジグザグな理由

・・・といっても別に解決しているわけではなさそうだが、人間の身体的限界によりこの足跡形成ができたものではないかとして考察

In the race to the top, zigzagging is more efficient than a straight line
http://uwnews.org/article.asp?articleID=39870



二点を結ぶ直線が採痰コースであろうが、早くそして容易かというと・・・そうでもない


地形は水平でないとき特に顕著で、数学モデルで、急勾配のアップ・ダウンでジグザグコースがもっとも有効な方法であるということを示した。
University of Washingtonの景観考古学(landscape archaeologist)人類学準教授のMarcos Lloberaは、「ジグザグ、スウィッチバックは理解しているが、なぜなのかは理解できない」

過去の景観の動きを再構築することで、足跡でその起源を発見しようとするもの
まず平坦な地形で研究し、それが急勾配になると複雑になる。
一転、クリティカルなスロープがあり、数学的に直線的に行こうとするとあまりに代謝コストがかかるポイントであることが判明した。

本来向かう方向に逆戻りする方向へ行く必要があるときに、ジグザグが生じる
スロープが急なほど、直角に向かうこととなるのが重要という次第

人々の、身体上、biomechanics、スロープ昇降のエネルギーコストの違い故、足跡が発達する。

人々のアップダウンの異なるパターンとして、近道が発生する。
山を下るとき、ブレーキとして使用する以外のエネルギーが一般的に入らない。

昇降により異なる道ができることを期待するが、妥協点に到達し、明らかな近道は出現することがない。

足跡や道が作られ、発展するには他の多くの身体的要因があるだろう、新しいモデルは単純枯れたもので、出発点に過ぎないと述べている。
地形と関連し、その上の動きの異なるパターンを研究するシミュレーションエンジンを構築することを望まれる。
景観利用に興味を持ち、様々な社会・文化の蓄積によるものであると述べている。

by internalmedicine | 2008-02-21 16:36 | 環境問題  

無脂肪牛乳は血圧を下げる

公正競争規約(平成15年11月27日 公正取引委員会 pdf)
「低脂肪牛乳」とは、乳等省令第2条第9 項に規定する低脂肪牛乳であって、重量百分率で無脂乳固形分8.0%以上及び乳脂肪分0.5%以上1.5%以下の成分を含有するもの

「無脂肪牛乳」とは、乳等省令第2条第10 項に規定する無脂肪牛乳であって、重量百分率で無脂乳固形分8.0%以上及び乳脂肪分0.5%未満の成分を含有するものをいう。


AHAは低脂肪というより無脂肪を推奨しているようである
・Fat-free, zero-fat, no-fat or nonfat milk
・½–1% low-fat or light milk




Wang L, Manson JE, Buring JE, Lee IM, Sesso HD. Dietary intake of dairy products, calcium, and vitamin D and the risk of hypertension in middle-aged and older women.
Hypertension. 2008;51:1-7.

約3万人の中年以降の女性の食事を調査し、Harvardの研究者は、低脂肪ミルク・乳製品をとる女性はカルシウム・ビタミンDが多く、血圧予防効果があると報告した

ミルクに特異的な研究にて、2サービング以上のfat freeみるく飲用は、まったく牛乳を飲まない人に比べ、10%まで高血圧を下げる。
高脂肪ミルクや乳製品、カルシウム・ビタミンDサプリメントユーザーにはその効果はなかった。

NHL/BIによる食事推奨としては低脂肪乳製品、果物、野菜が血圧低下をもたらすことを推奨し、DASH dietが推奨されている。

以前の研究でもDASH dietとfat freeミルクの血圧への有効性が認められ、U.S. Dietary guidelineがなぜfat free milkを毎日飲むことを推奨しているかの根拠になるだろう。

by internalmedicine | 2008-02-21 15:45 | 動脈硬化/循環器  

超音波検査によるG spot発見

Ultrasound nails location of the elusive G spot
http://www.newscientist.com/channel/sex/love/mg19726444.100-ultrasound-nails-location-of-the-elusive-g-spot.html

生化学的所見での検討:Journal of Sexual Medicine, DOI: 10.1111/j.1743-6109.2007.00739.x

上記検討されたG spotのあるべき部分に感度高い場所を、自己刺激にて、エコー検査を繰り返し、物理的圧力で腫脹する場所を見いだした。この場所がG spotであるとした。


More

by internalmedicine | 2008-02-21 14:43 | 医学  

CABG時トラジロール使用による死亡率増加・腎機能低下

トラジロールについて”FDAが冠動脈バイパス術での使用に注意勧告、腎不全や心筋梗塞などのリスク増の可能性”があり、この種の抗プラスミン剤使用の安全性が危惧されている。

Aprotinin(Trasylol)は、CABG中の出血コントロールのため使われるが、入院死亡を増やすとのこと(NEJM Vol 358:771-783 Feb. 21, 2008
そして、単一施設研究にて、CABGのaprotinin使用は死亡率と腎機能低下をもたらす(NEJM 358:784-793 Feb. 21, 2008


抗プラスミン剤全般には安全性はどうなのだろう?

by internalmedicine | 2008-02-21 10:03 | 動脈硬化/循環器  

脊椎すべり症なしの脊椎管狭窄症の良好な手術成績

Spine Patient Outcomes Research Trial (SPORT)

spinal stenosis without spondylolisthesis(脊椎すべり症なしの脊椎管狭窄症)の手術(decompressive surgery:減圧手術)vs非手術比較トライアル


手術療法が勝った結果のようだ

(小さい!)

研究対象289名、別に365名を観察対照をもうけた
2年時点で、67%を手術、43%を非手術割り当て
Adherenceが悪いにかかわらず、IIT分析で、SF-36スケールにおいて手術群の優位性が認められた(7.8  95% 信頼区間, 1.5 ~ 14.1)。
しかし、Oswestry Disability Indexや身体機能においては有意な差異は認めない。
手術群で、as-treated analysis、コホートと共変数補正にて有意に全てのプライマリアウトカムの改善が見られた。この変化は2年は最低でも継続した。


解説としては、
脊柱管狭窄症は、軸性下肢痛、神経的な間欠性跛行が特徴で、65歳超の腰椎手術の最も多い原因である。手術適用にばらつきが見られる。狭窄のレントゲン上の証拠があっても無症状である。故に、症状と画像の臨床的相関が重大となる。2005年Cochraneレビューでは、手術有効性に関して結論づけるにはエビデンスに量的不足とその制限があった。


かくして・・・手術ガイドラインに影響を及ぼすであろう報告という話

by internalmedicine | 2008-02-21 09:29 | 運動系  

寒冷蕁麻疹のアイスキューブテスト

Cold-Induced Urticaria
寒冷蕁麻疹


アイスキューブテスト:5分氷片をおいて皮膚反応を見る


紅斑出現
皮膚を暖めると、典型的蕁麻疹出現
次第に寒冷領域より末梢に広がる



寒冷蕁麻疹はほとんどのケースで特発性だが、ときにクリオグロブリンが検知されることがあり、ウィルス感染があったことやリンパ増殖性疾患に併発することもある。
数年で自然回復することもある。


・Clinical Features and Anaphylaxis in Children With Cold Urticaria
PEDIATRICS Vol. 113 No. 4 April 2004, pp. e313-e317
寒冷蕁麻疹のなかにcryoglobulinemiaがあり、稀なる病型として遅発性寒冷蕁麻疹があり、9-12時間後蕁麻疹と血管浮腫を生じるものであり、これは常染色体優性遺伝。他に、家族性寒冷蕁麻疹として知られ、間欠性皮疹(非蕁麻疹)、熱、関節痛、結膜炎を生じるもので全身寒冷暴露後2.5時間後発症であるものもあり、これも常染色体優性遺伝で、染色体1q44.6の遺伝子変異として報告されている。


獲得性寒冷蕁麻疹;Acquired cold urticaria (ACU) という名称で検討されることが多くなっている(Clinical and Experimental Dermatology Volume 32 Issue 3 Page 241-245, May 2007 )。

寒冷刺激試験の信頼性はまだ確立されていないが、ある報告(Journal of Allergy and Clinical Immunology, Volume 114, Issue 5, Pages 1224-1225)によると、AUC症例中 25/30(83%)にて陽性とのことで、95%信頼区間 70-96.7%。

by internalmedicine | 2008-02-21 08:48 | 内科全般  

卒中患者で音楽リスニングは認知機能回復、気分障害予防に役立つ

”Reuter”などにも掲載されたみたいだから・・・日本の新聞記事になるかも・・・

Music listening enhances cognitive recovery and mood after middle cerebral artery stroke
Brain 2008 pdf

刺激を与え、環境を良くすることで卒中の回復が促進されるという動物研究が知られている。人の神経ダメージからの回復に関する回復室での豊富な音楽環境の有効性はあまり知られていない。
人において、音楽リスニングは、注意、semantic processing、記憶、運動機能、emotional processingに関する広範に広がる脳の両側ネットワークを活性化する。
健康な人や様々な臨床的患者群への情緒・認知機能も促進する。
音楽の神経リハビリテーションの潜在的役割はいまだシステミックに研究されていない。
単盲検、ランダム化、対照トライアルで、毎日音楽リスニングで、卒中後の認知機能や情緒改善するかどうかデザインされた研究である。
卒中急性回復期相で、左・右半球のMCA卒中60名をランダムにミュージック音楽リスニング群と言語リスニング群に分け、自己選択音楽とオーディオブックに分けて毎日聴いてもらう。
対照はいずれのリスニングも行わない。加えて、全員に標準治療・リハビリテーションは行われた。
広範な神経心理評価を全員に行い、広範な認知機能、気分状態、QOLアンケートを、卒中1週間め(基礎値)、3ヶ月後、6ヶ月後に行った。54名の患者が研究を完遂。

言語記憶属性での改善、焦点注意力(focused attention)の改善が音楽リスニング群で、言語リスニング、対照群にくらべ優れていた。
音楽群ではまた、うつが少なく、混乱した気分が対照群より少なかった。

これらの所見は、卒中発症初期の音楽聴取が認知機能回復に役立ち、気分障害予防に役立つことが示された初めての論文となる。

論文では、neuralmechanismsを考察している。



機能的評価
卒中患者で音楽リスニングは認知機能回復、気分障害予防に役立つ_a0007242_1653041.jpg



意外にオーディオブックの成績が悪いのが気になる


卒中患者で音楽リスニングは認知機能回復、気分障害予防に役立つ_a0007242_177572.jpg



気分・情緒面の改善を考えれば、やはり楽しむことが大事なようで、spatial-temporal ability、注意力、言語流暢性、創造性など健常者でもパフォーマンス改善するとのこと
脳のイメージ研究では、交響音楽リスニングが、注意力、ワーキングメモリー、意味論的・統語的プロセッシング、イメージなどから構成されるためより良好であろうと書かれている。



Review Articles
Music and the brain: disorders of musical listening
Brain 2006 129(10):2533-2553;

The power of music
Brain 2006 129(10):2528-253


iPod shuffleも5千円台になったことだし、随分コストパフォーマンスの良い方法かもしれない。

by internalmedicine | 2008-02-20 16:32 | 動脈硬化/循環器  

電解水の霧で、花粉を無害化?

三洋電機は、車のドリンクホルダーに収まるコンパクトな空気清浄器「エネループ エアフレッシャー」を21日に売り出す。充電式なのでオフィス、リビングなどに持ち運んでも使える。電解水の霧が噴き出して空気中のウイルスや花粉を無害化する「ウイルスウオッシャー機能」を備えており、受験生や花粉症に悩む人の強い味方になりそうだ。asahi.com 2008年02月18日18時46分



この記事・・・
"電解水”という概念
"アレルゲンの無害化”という概念

以上の2つに引っかかりを覚える

"電解水”

電解水とは、水道水や薄い食塩水などを弱い直流電圧で電解処理して得られる水溶液の総称である。使用目的に基づき、主に洗浄消毒などの衛生管理に使われる強電解水(強酸性電解水、微酸性電解水、電解次亜水)と飲用アルカリ性電解水(アルカリイオン水)とに大別される。
(pdf:http://www.okakogi.go.jp/Official/publishment/news/pdf/456/p05.pdf

殺菌基盤は電解によって生じる次亜塩素酸(有効塩素)であり、強電解水はpH や有効塩素濃度が異なる電解生成次亜塩素酸水ということができる。
アルカリイオン水は、アルカリイオン整水器(厚生省の認可名は医療用物質生成器)を用いて、乳酸カルシウムなどの食品添加物として認められているCa 剤を溶出補充した水道水を有隔膜電解槽で弱電解することによって陰極側に生成するpH が9 ~10の電解水である。



強い殺菌力が注目され、多分野で利用されている強電海水は、“殺菌基盤は電解によって生じる次亜塩素酸(有効塩素)であり、強電解水はpHや有効濃度のが異なる電解生成次亜塩素酸水ということとなる”

酸性電解水の殺菌基盤は次亜塩素酸(HCLO)である。塩素は水溶液中のpHに依存して形態を変化させ、酸性域では少量の塩素と多量の次亜塩素酸が共存する。従来、使用されていた次亜塩素酸ナトリウムはアルカリ域で次亜塩素酸イオン(CLO―)として存在する。次亜塩素酸(HCLO)は次亜塩素酸イオン(CLO―)に比べて反応速度も高く、優れた殺菌力を有している。
 酸性電解水は、従来の食品添加物次亜塩素酸ナトリウムと異なり、使用者が現場で製造でき、希釈の必要がなく、従来法に比べ処理時間が短くすみ、手あれを起こしにくく、付着した塩素臭が残りにくいなど作業環境が改善される。 (http://www16.atwiki.jp/hitkik/pages/17.html





関連学会は「日本機能水学会」(平成14年9 月設立)とのこと

機能水とは、
「人為的な処理によって再現性のある有用な機能を獲得した水溶液の中で、処理と機能に関して科学的根拠が明らかにされたもの、及び明らかにされようとしているもの」と定義(日本機能水学会)(http://www.fwf.or.jp/kinousui.html



電解水の英語訳は?
acidic denkaisui electrolyzed waterというのを見つけた




サンヨーの電解水の仕組みわからないので何とも言えないが、殺菌基盤が何なのか?ハロゲンとしての作用は否定できているのか、粘膜・気道損傷の観点から知りたいところである。理論通りであれば、まぁ神経質になることは無いとは思うが・・・

従前の強酸性水だと直接接触で以下の効果という宣伝文句である


で、今回の場合、SANYOのサイトをみると、ミストによるウィルス消毒作用は、“Gunma Prefectural Institute of Public Health and Environmental Sciences”、“Kitasato Institute Medical Center Hospital”で報告されているとのこと。

具体的には、

More than 99% of airborne viruses were removed after one passage through the disinfectant element. Test method: Air containing suspended viruses was passed through the Disinfectant Element containing electrolyzed water, after which the remaining airborne viruses were trapped and residual virus populations were evaluated in cell cultures by TCID50 assay. Testing organisation: Gunma Prefectural Institute of Public Health and Environmental Sciences.


Airborne Viruses 98% reduction. A Virus Washer with Disinfectant Element was operated in a 8-metre square laboratory, where virus was sprayed into the air for 30 minutes. Fifty minutes after the spraying was stopped, the viruses were collected and their infectious strength was measured with cultured cells. Testing organisation: The Kitasato Institute Medical Centre Hospital, Research Centre for Medical Environment.


Test method: Disinfectant Electrolytic Mist was released into a 1-cubic metre test chamber containing airborne viruses. The viruses were collected and their infectious strength was measured by TCID50 Assay. Testing organisation: The Kitasato Institute Medical Centre Hospital, Research Centre for Medical Environment.



故に、環境中からのインフルエンザ量減少効果は信用できそうである。


ただ、疑問なのは、ミスト程度の濃度でアレルゲン性を変えるほどの実力があるのだろうか?だとしたら、蛋白変成作用まであるとしたら逆に生体への影響が心配になる。
一応、念のため、Sanyoのサイトを調べると、
Disinfectant electrolytic mist was released into a 0.275-cubic metre test chamber containing pollen particles, and the reduction in the number of pollen particles was evaluated by the enzyme antibody method. Testing organisation: Osaka Medical College.
これが根拠となっているようであるが・・・花粉を無害化とはちょっと違う話のような気がする・・・これって朝日の誤報?、それとも別にソースがあるだろうか?

by internalmedicine | 2008-02-20 11:21 | Quack