<   2009年 02月 ( 86 )   > この月の画像一覧

 

社会階層を愚痴るより先にたばこを止めたまえ ・・・ というありがたいイギリスの研究結果

非喫煙者は、男女とも、喫煙者に比べ、全社会階層を通じて生存率が高い。
喫煙という行為自体が、健康に関する不平等に至らしめる、社会的地位より重大な要素である。
男性に比べた、女性の生存率アドバンテージさえ無意味たらしめる要素でもある。


社会的ポジションを愚痴るよりさきに禁煙をまず行え、という示唆的な結果であった。

Effect of tobacco smoking on survival of men and women by social position: a 28 year cohort study
BMJ 2009;338:b480 Published 17 February 2009, doi:10.1136/bmj.b480
コホート観察研究
1972-6年、女性8353名、男性7049名、45-64歳
24グループの分けた(性、喫煙状態:現行・既往・非喫煙、社会的クラスI+II、非マニュアルIII、マニュアルIII、IV+V)と居住地域隔離カテゴリー

相対死亡率(年齢・他リスク補正):Kaplan-Meier生存曲線、28年での生存率

完全データの中で、死亡 女性 4387/7988、男性 4891/6967で

社会階層I+II・非喫煙者(もっとも死亡率の少ないグループ)比較で
喫煙各群の相対リスクは1.7 (95% 信頼区間 1.3 - 2.3) ~ 4.2 (3.3 - 5.5)
喫煙既往での死亡率は非喫煙者に密に同等となる

社会階層、年齢補正・28年後の死亡率



女性非喫煙者:65%、 57%、 53%、56%
女性現行喫煙者:41%、 42%、 33%、35%

男性非喫煙者: 53%、 47%、 38%、 36%
男性現行喫煙者:24%、 24%、 19%、18%

カテゴリー除去後も同様の結果

by internalmedicine | 2009-02-21 09:57 | 環境問題  

前立腺癌死という意義づけだと高齢者PSA検診は不要

下記報告と同様・・・の話


前立腺がん:75歳 PSA<3では検診継続の必要なし?  2008年 05月 26日
PSA 3 ng/mLの75歳男性では、よりaggressive diseaseとなるリスクはすくないため、前立腺癌ルーチン献身は必要ないという、意見文(Carter HB, et al "Prostate specific antigen testing among the elderly: When to stop?" J Urol 2008; 179(suppl): 600. Abstract 1751.
AUA: PSA Testing Might Not Be Necessary for Older Men
Published: May 23, 200


Eurekalert(http://www.eurekalert.org/pub_releases/2009-02/ehs-wsp021709.php)から・・・

PSA値が3ng/mL未満では75-80歳で前立腺癌死はないと the Journal of Urologyで発表

このレポートは前述の報告そのもので、2008年、American Urological Association年次総会で発表されたものである。
PSA健診を75歳で中止する潜在性リスクを検討するため、849名の、Baltimore Longitudinal Study on Aging研究参加者で検討
フォローアップ中央値10年

Median follow-up was 10 years during which the men had a median of four PSA tests.

122名の前立腺癌男性と727名の前立腺癌無し男性を検討
後者は185名のフォローアップ中死亡を含み、剖検で24(3.3%)で前立腺癌あり
年齢rangeは40-92歳
最初のPSA中央値は0.76 ng/mLで、前立腺癌男性では1.25 ng/mLで、前立腺癌なし男性では0.7 ng/mL (P=0.001)で、それぞれ、最終的な中央値PSA値は1.5 ng/mL、5.1 ng/mL、1.23 ng/mL(p=0.001)。
前立腺癌診断での年齢中央値は72.7で、死亡年齢中央値は、全部で75.2、前立腺癌男性で83.1、前立腺癌なしで73.1歳 (P<0.001)

著者らは、高リスク前立腺癌進展可能性を計算、60-65歳でPSA <1 ng/mL 、 >3 ng/mLで層別化
高リスク前立腺癌をそれによる死に至らしめる前立腺癌と定義し、PSA値 >20 ng/mL、Gleasonスコア≧ 8に相当
122名の前立腺癌男性で、18名が前立腺癌死、17名が高リスク癌
35名のサブグループでは、全員が フォローアップ中、>3 ng/mLで、727名が前立腺癌無しあるいは87名の前立腺があり生存と比較可能であった。


著者らは、PSA 3.0 ng/mL以上では前立腺死亡リスクは全年齢層であるとのべ、PSAの凍結血清使用という制限や診断時の前立腺癌の病期やgrade評価がなされてないことなどの研究の限界を記載している。


あくまでも、後顧的研究のため、PSA値による行動変容は否定できない。ただ、検診という枠内では、高齢者PSA検診の妥当性は否定的と言わざる得ないと思う。

読売新聞がPSA検診の議論に熱心なようだが、リスク層別化を無視した、十把一絡げの意見が見られ、繊細さをいささか欠いた議論のように思うのは私だけか・・・例として国別比較というあまりに大胆比較を根拠とするのはいかがなものだろう・・・・( http://www.yomiuri.co.jp/iryou/medi/karadaessay/20060825ik09.htm

by internalmedicine | 2009-02-21 08:54 | がん  

起動確保

誤植・・・まぁ他人の事はいえないけど・・・


起動確保_a0007242_15442094.jpg



http://books.yahoo.co.jp/book_detail/AAX63706/


セブンアンドワイ
http://www.7andy.jp/books/detail/-/accd/R0393569



ほんとに“起動確保”の話だったりして・・・


yahoo Japan booksの立ち読みをしてたのだが・・・思わず・・・眼をうたがってしまった

by internalmedicine | 2009-02-20 15:53 | メディア問題  

糖尿病診断基準:糖化ヘモグロビン(EAG)導入の動き

全国ん十万人医師の敵、毎日新聞(・・・)の記事・・・ここの記者、書いていて、医学的基礎知識がなく、さっぱり意味わからないのだろう・・・それでも記事を仕立てる。

要するに、糖尿病診断について、糖化ヘモグロビンをEAGと言いかえた数値導入の動きのようだ。

<糖尿病>診断基準を見直しへ 2カ月平均の数値に

2月20日2時36分配信 毎日新聞

 糖尿病の診断で使われている血糖値は食事や運動の影響を受けやすく、検査前の一時的な節制や過食でも簡単に数値が変わる。このため、日本糖尿病学会(門脇孝理事長)は19日、長野県松本市で理事会を開き、診断基準を見直す検討委員会の設置を決めた。過去1~2カ月の平均的な血糖の状態を示す血液検査値「ヘモグロビンA1c(HbA1c)」の導入を検討する。

 現在の診断基準は、99年に策定された。空腹時血糖値が血液1デシリットルあたり126ミリグラム以上または食後血糖値(ブドウ糖負荷後2時間血糖値)が同200ミリグラム以上の場合、糖尿病と診断される。だが、血糖値は検査前数日の食事や運動の影響が強く表れるため、変動が大きい。

 HbA1cは、赤血球に含まれるヘモグロビンにブドウ糖が結びついたもので、赤血球の寿命が長いため、過去1~2カ月の血糖状態を把握できる。このため、世界保健機関(WHO)や米国糖尿病学会もHbA1cを診断基準に導入する検討を進めている。

 ただ、ヘモグロビンに異常があると正しい血糖状態が分からなかったり、検査費用が割高になるとの課題がある。門脇理事長は「血糖値とHbA1cは、長所短所がある。日本にあった新しい診断基準を検討したい」と話す。【永山悦子】



糖尿病:A1cアウト EAG イン? :平均血糖の方がわかりやすい! 2008年 08月 19日をベースにした、HbA1c標準化の流れと以下の2009年糖尿病診断基準を議論するADAやヨーロッパの学会との合同委員会をにらんだものだろう。
 ↓
It appears that the American Diabetes Association Expert Committee on the Diagnosis of Diabetes will officially recommend the use of HbA1c for diagnosis some time later this year. According to the ADA 2009 Clinical Practice Recommendations:
"This joint committee of ADA, the European Association for the Study of Diabetes, and the International Diabetes Federation will likely recommend that the A1C become the preferred diagnostic test for diabetes. Diagnostic cut-points are being discussed at the time of publication of this statement. Updated recommendations will be published in Diabetes Care and will be available at diabetes.org."
Diabetes Care, American Diabetes Association Clinical Practice Recommendations 32, Suppl 1, S13 2009 (ソース:http://www.ngsp.org/prog/index3.html

by internalmedicine | 2009-02-20 10:59 | 糖尿病・肥満  

中年の自発的脳活動が後年の記憶障害リスク低下をもたらす

2009年シアトルで開かれる米国神経学アカデミー年次総会で発表される研究が2月17日(現地)、発表されたとのこと。

Geda YE, et al "Cognitive activities are associated with decreased risk of mild cognitive impairment: The Mayo Clinic population-based study of aging" AAN 2009.
70-89歳のMCI、記憶障害と記憶障害のない対照にて、50-65歳時点にさかのぼって調査
結果、読書、ゲームあそび、コンピューターいじり、創作活動、刺繍などを行ってる人は、そうでない人にくらべ、30-50%記憶障害比率の低下がみられた

テレビ視聴7時間未満のひとは、7時間以上のひとに比べ、50%記憶障害比率少なかった。


”加齢という現象は、受け身的である必要はない。認知的訓練をおこう名だけで、記憶障害を予防できるのかもしれない。”という著者の教訓的なお言葉


テレビ視聴は一般的に思考活動が停止・低下させるという前提・・・確かに、次々と情報が脳にとびこみ、自分でじっくり考える時間というのは少ないようだ。メディアというのは自分たちの事業に都合の悪い情報は甘利報道したがらないようだ・・・そういう面でこういう情報は貴重だろう。

ただ気になるのは、1日7時間もテレビ見れば、身体運動も少ないだろうに・・・変補正されているのだろうか?・・・文献を見たいものだ。

私は、テレビ視聴は好きだが、NHKや民放の情報番組全般・・・視聴後満足する番組が少ない気がする。即座にネット検索して、テレビの情報が不十分だったり、偏りがあることが即座にわかるようになった現代。そして、出演する権威者のうさんくささが即座にわかることなどもテレビ離れを加速してるのだろう。

こういう現象は決して悪いことではないのだ・・・


それにしても、パソコンやネット関係に浪費することをとがめられている中年諸君には、言い訳の良い材料になる情報だろう

by internalmedicine | 2009-02-20 10:17 | メディア問題  

CRP / neopterin 比:細菌感染とウィルス感染鑑別

香港からの報告

neopterin、 C-reactive protein (CRP) 、 CRP to neopterin (C/N) 比の比較


Diagnostic utility of CRP to neopterin ratio in patients with acute respiratory tract infections
Journal of Infection Volume 58, Issue 2, February 2009, Pages 123-130

561名の患者で、C/N比はウィルスより細菌にて10倍値が高値、健康成人より42倍高値
AUC・ROCにて、0.840(0.783-0.898;P<0.05)
カットオフ値を>3とすると、細菌/ウィルスの診断・感度、特異度は79.5%、81.5%
感度分析にて、C/N比>3は ruling in/out、ベストケア・シナリオにて感度93.1%、特異度93.0%



Procalcitoninによる肺炎予後推定 2008年 06月 21日

以下の縛りのためと、当方の地域ではきわめてこの結果報告が遅いため現実的ではない・・・
ア プロカルシトニン(PCT)は、区分「D007」血液化学検査の「43」に準じて算定できる。
イ プロカルシトニン(PCT)は、敗血症(細菌性)を疑う患者を対象として測定した場合に算定できる。ただし、区分「D007」血液化学検査の「43」エンドトキシン定量検査を併せて実施した場合は、主たるもののみ算定する。(参考:)

by internalmedicine | 2009-02-19 15:38 | 感染症  

間質性肺疾患においても呼吸リハビリテーション有効

Pulmonary Rehabilitation =肺リハビリテーションなのだろうが・・・呼吸リハビリテーションと訳すことが多く、英語訳・日本語訳するとしっくりこない。

間質性肺疾患において、呼吸リハビリテーションが有効かどうか?

Pulmonary Rehabilitation in Interstitial Lung Disease
Benefits and Predictors of Response
CHEST February 2009 vol. 135 no. 2 442-447

呼吸リハビリテーションにて、Borgスコアと6MWT距離に統計学的に有意な差

以前の臨床的研究と一致した変化

ベースラインの6MWT距離は、6MWT変化のの有意な予測因子(p < 0.0001)であり、ベースラインの6MWT距離があるほど、PR後の改善が少ない事を意味する




American Thoracic Society Documents
American Thoracic Society/European Respiratory Society Statement on Pulmonary Rehabilitation Am J Respir Crit Care Med Vol 173. pp 1390–1413, 2006

Core Components of Cardiac Rehabilitation/Secondary Prevention Programs: 2007 Update: A Scientific Statement from the American Heart Association and AACVPR
Balady G et al. Journal of Cardiopulmonary Rehabilitation and Prevention 2007;27:121-129

by internalmedicine | 2009-02-19 14:47 | 呼吸器系  

SYNTAX研究: CABGは未だ三枝・LMT病変では標準治療

PCIとCABGの相対的なメリットは未だに解決されていない(ESC 2008 pdf)

今回、NEJMから分析発表

PCI vs CABGの推移を前書きから抜粋
冠動脈バイパス手術:Coronary-artery bypass grafting (CABG) は、有症状冠動脈疾患患者の標準治療として1968年開始され、その後、off-pump CABG、切開創最小化、心筋保護技術、動脈経路(内胸動脈のこと?)、術後ケアの改善とともに、合併症、死亡率、グラフト狭窄が改善した。
PCIは1977年開始され、技術の進歩とともに、よりcoplex lesionやより重篤な心疾患、リスク要因、合併症存在や解剖学的リスク要因に対しても対象となってきている。
多枝病変に対する、bare-metal stentのPCIとCABG比較である、ARTS I(Arterial Revascularization Therapies Study Part I )、MASS II(Medicine, Angioplasty, or Surgery Study for Multivessel Coronary Artery Disease)、治験番号:ISRCTN66068876 [controlled-trials.com]、ERACI-II( Argentine Randomized Study of Coronary Angioplasty with Stenting versus Coronary Bypass Surgery in Patients with Multiple Vessel Disease)、AWESOME(Angina with Extremely Serious Operative Mortality Evaluation )で、5年次、死亡率が少ないが、再血管形成率が高いことが示された。

SOS(Stent or Surgery)研究では、drug-eluting stentによるPCIとCABG比較がなされてたが、少数対象で、ランダム化されてない。


drug-eluting stentとbare metalのランダム化・対象治験は、有意に再再建率低下し、複雑な解剖的特性をもつ患者のPCIへその使用が広がった。
CABGはそのて適用として、重症CADが残っているが、PCIの適切なパワー化ランダム研究が不足していた。


Synergy between PCI with Taxus and Cardiac Surgery (SYNTAX)トライアルが、三枝・LMT病変への適切な治療戦略としての評価としてなされた。

Percutaneous Coronary Intervention versus Coronary-Artery Bypass Grafting for Severe Coronary Artery Disease
SYNTAX Investigators
N Engl J Med. www.nejm.org February 18, 2009 (10.1056/NEJMoa0804626)


1800名の、三枝病変もしくは左主冠動脈(LMT)病変をもつ患者
CABGとPCI 1:1でランダム割り付け
非劣性比較、プライマリ・エンドポイントは、重大な心臓・心血管イベント(すなわち、全原因し、卒中、心筋梗塞、再血管再建)をランダム化後12ヶ月で比較

主要副事象心臓・心血管イベント:PCI 17.8% vs CABG 12.4% ( P=0.002)

主に、再血管再建の増加(13.5% vs 5.9%; P<0.001)



非劣性に合致せず

12ヶ月時点での、心筋梗塞・死亡率は2群同等
卒中は、有意にCABGが多い(2.2%, vs. 0.6% with PCI; P=0.003)




Perspective Roundtable
http://www.nejm.org/perspective-roundtable/syntax-cabg-vs-stenting-trial/
 ↑
transcript有り、英語の聞き取りの練習がてら・・・聞いてみることとしよう

by internalmedicine | 2009-02-19 08:38 | 動脈硬化/循環器  

ワーファリン投与推定式

抗凝固治療域に到達するためのワーファリン投与量予測式

Estimation of the Warfarin Dose with Clinical and Pharmacogenetic Data
The International Warfarin Pharmacogenetics Consortium
N Engl J Med. Vol. 360:(8) 753-764 Feb.y 19, 2009


ワーファリン投与量の数学的モデルで、臨床的・遺伝的要因を加味したもの

"CYP2C9 (Enter *1/*1; *1/*2; *1/*3; *2/*2; *2/*3; *3/*3; Unknown) "がわからない限り利用できない・・・のだが・・・


ワーファリン投与推定式_a0007242_930423.jpg


=INT((5.6044-0.2614*INT(A2/10)+0.0087*B2+0.0128*C2-IF(D2="A/A",1.6974,IF(D2="A/G",0.8677,IF(D2="U",0.4854,IF(D2="G/G",0))))-IF(E2="*1/*2",0.5211,IF(E2="*1/*3",0.9357,IF(E2="*2/*2",1.0616,IF(E2="*2/*3",1.9206,IF(E2="*3/*3",2.3312,IF(E2="U",0.2188,IF(E2="*1/*1",0)))))))-IF(F2="A",0.1092,IF(F2="B",0.276,IF(F2="C",0,IF(F2="U",0.1032))))+IF(G2="Y",1.1816,IF(G2="N",0))-IF(H2="Y",0.5503,IF(H2="N",0)))^2)

=ROUND((5.6044-0.2614*INT(A3/10)+0.0087*B3+0.0128*C3-IF(D3="A/A",1.6974,IF(D3="A/G",0.8677,IF(D3="U",0.4854,IF(D3="G/G",0))))-IF(E3="*1/*2",0.5211,IF(E3="*1/*3",0.9357,IF(E3="*2/*2",1.0616,IF(E3="*2/*3",1.9206,IF(E3="*3/*3",2.3312,IF(E3="U",0.2188,IF(E3="*1/*1",0)))))))-IF(F3="A",0.1092,IF(F3="B",0.276,IF(F3="C",0,IF(F3="U",0.1032))))+IF(G3="Y",1.1816,IF(G3="N",0))-IF(H3="Y",0.5503,IF(H3="N",0)))^2,0)

by internalmedicine | 2009-02-19 08:11 | 動脈硬化/循環器  

緊急診療要請に遭遇した場合の意識調査

厚生労働省医政局指導課長より、本会(日医)宛に協力依頼”らしいから、結果悪用の上、マスコミのありがたい解説付きで、医者批判に利用されそう・・・緊急診療要請に遭遇した場合の意識調査

http://doctorcall.info/


私は、こういう類の厚労省からの押しつけ付きアンケート、例の外来管理加算問題以降、協力しないと決めてるのだが・・・

日医も、へいこらと、厚労省のいうことを聞いてるから・・・馬鹿にされる

by internalmedicine | 2009-02-18 16:47 | くそ役人