<   2010年 08月 ( 95 )   > この月の画像一覧

 

青年期・成人百日咳の診断所見

百日咳の3つの特徴的症状: paroxysmal cough(発作性の5~10回以上途切れなく続く連続的な咳込み), posttussive emesis(咳嗽後嘔吐), inspiratory whoop(吸気性笛声)

この3つの症状によるだけでは診断は、難しい

Does This Coughing Adolescent or Adult Patient Have Pertussis?

Paul B. Cornia, MD; Adam L. Hersh, MD; Benjamin A. Lipsky, MD; Thomas B. Newman, MD, MPH; Ralph Gonzales, MD, MSPH

JAMA. 2010;304(8):890-896. doi:10.1001/jama.2010.1181


5つの前向き研究で研究対象クライテリア合致すると判断し、3つを解析に用いた。

以下の存在による要約尤度比[LR]
咳嗽後嘔吐:1.8; 95%信頼区間[CI], 1.4-2.2
吸気性笛声: 1.9; 95% CI, 1.4-2.6


奇異性咳嗽がないこと:0.52; 95% CI, 0.27-1.0
咳嗽後嘔吐がないこと:0.58; 95% CI, 0.44-0.77

吸気性笛声のないことは、上記より役立たず:, 0.78; 95% CI, 0.66-0.93

所見組み合わせは評価されてない。




症状診断が難しいからといって、国際的に見てこっ恥ずかしい血清診断根拠の日本の百日咳診断の現状・・・

成人・百日咳は、遷延化咳嗽の原因としてクローズアップされているが、特異的治療が発症後1週間程度の時期に限られるので、その原因精査の勝ちは論理的に考えればかなり低いはず・・・にもかかわらず、臨床経過の長い”百日咳”を血清検査だけをたよりに診断し、”症状の出現後1週間以上経過したあとに抗菌薬は疑問”(N Engl J Med 2005; 352:1215-1222)とされるのに、抗生剤治療を行っている少々おつむのおかしい医者 や それを信じ込む患者さんたちがいて・・・呼吸器専門医を混乱に陥れている。・・・というか、呼吸器専門医の中にも・・・





百日咳成人流行って・・・ほんとだったの? 2008-08-19

百日咳:学童感染の証拠 2006-07-21

by internalmedicine | 2010-08-25 09:08 | 呼吸器系  

妊娠初期のアシクロビル、バラシクロビル投与、先天奇形増加認めず

妊娠初期のアシクロビル、バラシクロビル投与、先天奇形増加認めず

Use of Acyclovir, Valacyclovir, and Famciclovir in the First Trimester of Pregnancy and the Risk of Birth Defects
Björn Pasternak, MD, PhD; Anders Hviid, MSc, DrMedSci
JAMA. 2010;304(8):859-866. doi:10.1001/jama.2010.1206

by internalmedicine | 2010-08-25 08:33 | 環境問題  

ホモアルギニン:冠動脈リスク・死亡リスク予測要素

LUdwigshafen RIsk and Cardiovascular Health (LURIC) 研究からの冠動脈造影を行った3305名のコホートデータ

一つの考えだが、ホモアルギニンは、L-homoarginineNO産生器質としての働きで、血管内皮機能と関連するのだろう。

Homoarginine, Cardiovascular Risk, and Mortality
Published Online on August 23, 2010
Circulation.2010; 0: CIRCULATIONAHA.109.908988

腎機能・血管内皮機能のマーカーとして

by internalmedicine | 2010-08-25 08:26 | 動脈硬化/循環器  

普通の水を食前に飲むダイエット方法で、体重減少確認

2010 National Meeting of the American Chemical Society でのBrenda Davyの発表

普通の水を食前に飲むダイエット方法で、体重減少確認

EMBARGOED FOR RELEASE  August 23, 2010
Clinical trial confirms effectiveness of simple appetite control method
Media Contact
http://portal.acs.org/portal/acs/corg/content?_nfpb=true&_pageLabel=PP_ARTICLEMAIN&node_id=222&content_id=CNBP_025391&use_sec=true&sec_url_var=region1&__uuid=e787fe9c-c613-4cbd-b203-e19e3abfa8f4

食事前に、8オンス(226.8g)のグラス2杯の水を飲むことで、減量可能という報告


ランダム化、対照化臨床トライアルで、48名の55-75歳の成人で2群分け
1群は食事前に2杯水をのみ一方は飲まない
全員低カロリー食
12週の経過で、飲水群は、15.5ポンド(7kg)体重減少、非飲水群は11ポンド(5kg)体重減少



ただ、水飲みすぎると、稀ながら、重篤な水中毒となる可能性があることは付記されている。



ゼロカロリーの物質で胃を満たすという単純な手段で有効・・・と、著者ら。
満腹感を感じ、カロリーを含む食事を減らすことができるという単純なもの
甘味カロリー含有飲水の代わりに水を飲む量を増やすこともその効果の要因

日本人・日本の習慣に当てはまるかどうかは・・・?
お茶で良さそうな気もするのだが・・・


付記(H22.8.25)・・・BBCでも取り上げたようで・・・日本のマスコミも・・・報道しはじめるかもしれない。

by internalmedicine | 2010-08-24 09:29 | 糖尿病・肥満  

概日リズム疾患への薬物治療への道:casein kinase 1阻害

University of Manchesterなどの研究

Meng et al. 2010, "Entrainment of disrupted circadian behavior through inhibition of casein kinase 1 (CK1) enzymes", PNAS 107(34) p15240



Circadian pacemaking は、秩序よくclock proteinの翻訳後修飾、分解が行われる必要がある。
ほ乳類では、 casein kinase 1 (CK1) ε や δ のへ変異がcircadian periodを変化させる。しかし、ペースメーカー内のWT isoformの特異的機能は不明であった。

pharmacological inhibitors (PF-4800567 and PF-670462, respectively) を用いた WT CK1ε and CK1δ選択的ターゲット化処理にて、遺伝子的ノックアウトとともに、CK1活性が分子的ペースメーキングに重要であることを示した。

さらに、 CK1δが、clock periodの中心的なregulatorであり、CK1δの薬物学的阻害は、CK1εにはないが、in vivoで有意なcircadian rhythmの延長、in vitroの視交叉核(SCN)・末梢組織切片のmolecular oscillationをもたらすことが認められた。
CK1δ 阻害による期間延長は、in vitro、in vivoでのPER2蛋白の核retentionに伴うものである。
さらに、molecular clockworkのphase mappingはin vitroでは、PF-670462処理によりphase-specific式に相延長につながり、特異的に、PER2を介する翻訳フィードバック期間延長をもたらす。

この所見により、CK1δ 阻害は、circadian oscillatorの破綻において、振幅を増加させ、同期化させるのに有効ということがわかる。

Vipr2−/− マウスからのarrhythmic SCNスライスを用いて、PF-670462 処理にて一過性にPER2::Luc bioluminescenceのcircadian rhythmを十分に回復させる

さらに、constant lightにより、 Vipr2−/− mutationマウスの行動的arrhythmic状態を、PF-670462 日中投与で、24時間activity cycleに処理中持続回復させる。

内因性circadian regulator CK1δの薬物学的ターゲッティング選択により、circadian behaviorの治療的modulationという道が開けた。

by internalmedicine | 2010-08-24 09:03 | 精神・認知  

アルツハイマー病:マウスモデル GM-CSFの有効性

GM-CSFが、アルツハイマー・マウスにおいて、50%もβアミロイドを減少させ、20日で認知機能を完全に回復させたという・・・知見が、the Journal of Alzheimer's Disease. で発表とのこと

Rheumatoid arthritis signaling protein reverses Alzheimer's disease in mouse model
New study shows GM-CSF reduces AD pathology and eliminates memory loss
http://www.eurekalert.org/pub_releases/2010-08/uosf-ras081910.php

リウマチ性関節炎中に遊離されるsignaling proteinは、劇的に、アルツハイマー病の病理を減少させ神経変性疾患症状を有する、記憶障害を回復する
natural scavengerを刺激し、脳内のアルツハイマーアミロイド沈着が除去された。
NSAIDsによるアルツハイマー病予防トライアルは予防効果は不成功
関節リウマチ患者はアルツハイマー病のnegative risk factorという事実もある

GM-CSF (Leukine®)をFDA承認を得て、治験とのこと

by internalmedicine | 2010-08-23 15:20 | 精神・認知  

小児科医に必要な労働基準法の知識



小児科医に必要な労働基準法の知識
小児科医のQOL を改善するプロジェクトチーム
青谷裕文ら
日本小児科学会雑誌114巻6 号1016~1022(2010年)

http://www.jpeds.or.jp/saisin/saisin_100703.pdf


(例)
宅直オンコール―手待時間(労働時間)と解釈されうる―
仮眠時間―判例では労働時間として認められている―
管理監督者(監督若しくは管理の地位にある者)と管理職とは同一ではない(第41 条2 号)
救急病院の当直は宿日直業務ではなく通常勤務である(第41 条3 号)

by internalmedicine | 2010-08-23 09:25 | くそ役人  

乳幼児虐待に対する全身MRI:幹骨端病変・肋骨病変に対して低感度

乳幼児・小児虐待疑いに対して、全身MRIが有益か?

Perez-Rossello J, et al "Whole-body MRI in suspected infant abuse"
Am J Roentgenol 2010; 195: 744-750.


21名の乳幼児(0-12ヶ月)を全身MRI
1.5Tで、coronal、sagittal STR sequenceを、初期骨格病変検査とともに行う。
フォローアップ骨格病変検査を16例で行い、"truth"を、初期・フォローアップ骨格病変検査を行い、まとめをする。

骨格病変要約や全身MRIにて骨格シグナル異常167骨折病変・領域を検出
両方とも所見検出 46(27.5%)、要約化骨格病変検査 68(40.7%)、全身MRI53(31.7%)

全身MRIは、要約骨格病変調査と比較して、特異性が高い(95%)だが、低感度(40%)

37の古典的幹骨端病変・幹骨端シグナル異常を同定
両検査:11(29.7%)、要約骨格病変調査 24(64.8%)、全身MRIのみ 2(5.4%)


全身MRIは、骨格調査による古典的幹骨端病変に比較して、シグナル異常同定感度極めて低く31%

全身MRIは、骨格調査における肋骨検査より、感度低く、57%

全身MRIは軟部組織障害、骨格筋浮腫、関節液など特定の場合、付加的骨折を同定するきっかけとなる例がある。



MRI・CTだと見逃しがあるはずがない、他の検査より優れている・・・と、全般的に思い込みがある
放射線被ばくもないし、MRIの方が良さそうだが

体動のため、乳児にMRIをとることは、施行者・非施行側にとってもかなりの負担になる
肝腎の検査感度が低いことから、利用は限定的となるだろう。

by internalmedicine | 2010-08-23 09:08 | 集中・救急医療  

動物実験:RSウィルス気管支炎:ロイコトルエン経路の関与とモンテルカストの有用性の可能性

RSウィルス気管支炎乳児は、その後の喘息様症状発症と関連し、マウスの再感染モデルで、気道過敏性発症に対して促進的に働くことが示されている。ロイコトルエン経路の活性化がこれに関係していることが示唆された

RSウィルスの肺胞洗浄液における遊離誘導、モンテルカストがこれを抑え、RSウィルス誘発気道過敏性、気道炎症、INF-γ産生を、感染成人・新生児マウスで抑えた。

Montelukast during Primary Infection Prevents Airway Hyperresponsiveness and Inflammation after Reinfection with Respiratory Syncytial Virus
Am. J. Respir. Crit. Care Med. 2010; 182: 455-463.

乳幼児の喘息症状に関して当てはめられるのだろうか・・・

by internalmedicine | 2010-08-21 11:08 | 呼吸器系  

アスベスト単独では気道閉塞の原因となるかは疑問

Does Asbestos Exposure Cause Airway Obstruction, in the Absence of Confirmed Asbestosis?
American Journal of Respiratory and Critical Care Medicine Vol 182. pp. 526-530, (2010)



表題どおりだが、横断的研究であり、これがこの研究の限界の一つ

by internalmedicine | 2010-08-21 10:59 | 呼吸器系